大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

熊本県 私立大学
東海大学 熊本キャンパス

school

文系・理系の枠を越え、九州の未来と豊かな人の暮らしに貢献。

本学は、全国に5キャンパス7つの校舎を設置しています。
多様な学問領域の中から、各自の専門分野を深めるとともに、他分野を学ぶことができます。主専攻に追加して違う専門分野を学ぶことができる「副専攻」を実施しています。選んだコースの科目から一定の単位を修得すれば、副専攻として認定され、成績証明書にも記載されます。所属学科の専門に加えて、他分野を学ぶことは、就職活動でも有利に働き、実社会でもおおいに役立ちます。
また、「キャンパス間留学」という制度を設けており、在籍する地区以外のキャンパス及び研究施設に一定期間留学することができます。留学先で修得した単位は認定され、実験や実習の費用を除き、新たに負担する学費はなく、最大28万円の奨学金が給付されるとともに、アパートや下宿の紹介も行っています。
そして、本学の熊本校舎のある九州・熊本市は、城下町としての伝統と⽂化、「⽔の街」といわれる豊かな⾃然環境、そして、最先端の都市機能が調和しています。地⽅中核都市ならではの恵まれた⽣活環境にあり、利便性も⼤きな魅⼒です。コンパクトながら充実の教育・研究施設を揃えた⾼機能キャンパスでの学びが待っています。

school_main_pic

学校の特長

  • 最寄駅より徒歩5分内
  • インターンシップ
  • 卒業後も就職支援継続
  • 海外研修・留学制度あり
  • アルバイト紹介制度
  • 学費延納制度
  • 独自給付・免除奨学金制度あり
  • 独自貸与奨学金
  • 他学科編入可
  • 他学部聴講可
  • 少人数クラス
  • クラス担任制
  • セメスター制
  • ネット出願可
  • 受験費用サポート制度あり
  • 学外入試あり
  • 都会にある
  • 自然が豊か
  • デジタルパンフレットあり
  • 学園祭に有名人・タレントが来る

施設・設備のポイント

阿蘇くまもと空港の隣に農学部の新校舎開設(2023年4月開設予定)

施設・設備のポイント 写真1

阿蘇くまもと臨空校舎は、「教育・研究ゾーン」として教育・研究棟、実習棟、管理棟を配置し、防疫体制を敷いた多⽬的の畜舎なども配置します。学⽣の教育・研究活動や実習活動に使⽤することはもとより、地域社会との連携、国際学会やシンポジウムの招致など、幅広い教育展開を可能とする施設として整備を⾏っていきます。また、教育・研究エリアと実習エリアを⼀体型にした⽴地環境により、学⽣は植物・動物の管理について毎⽇実習することが可能となり、⾼い実践的能⼒の修得を⽬指します。

お問い合わせ・アクセス

東海大学 熊本キャンパス

Address
〒862-8652
熊本県熊本市東区渡鹿9-1-1 マップ表示
TEL
096-386-2608 (熊本キャンパス(入試広報担当))
Access
〇電車:「熊本」駅からJR豊肥本線で5つ目(熊本駅より約13分)の「東海学園前」駅下車、駅正面
〇バス:(熊本桜町バスターミナル発)九州産交バス F1-1番またはF1-2番/「東海学園前」下車 徒歩1分
〇車:九州自動車道「熊本IC」で下り、東バイパスを約5キロほど南下して北バイパス方面へ右折、さらに1つ目の信号を左折後約2キロ直進、左側。約15分
〇飛行機:熊本空港から市内向けリムジンバスで「味噌天神」下車。5分ほど東へ「新水前寺」駅からJR豊肥本線で2つ目の「東海学園前」駅下車、駅正面。または、熊本空港からタクシーで約30分
スマートフォン版はこちら