大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立大学
東京薬科大学

school

先生・先輩

先輩の声

新たな分野にチャレンジできる、刺激的な仕事をしています。

  • 梶山 亜沙美さん
  • 花王株式会社 勤務

現在、ビューティーケア商品の開発に関わる研究に従事しています。今の仕事は、弊社のSOFINA iP というブランドから発売している美容飲料の開発です。弊社が扱っている「ヘルスケア商品」と「ビューティー商品」の境界領域を対象にしており、常に新たなものにチャレンジしていく必要があります。悩むことも多いですが、その分チャンスも多く、刺激的で勉強になる仕事です。また一つの商品に込められた「こだわり」や「思い」の大きさに日々驚かされています。薬学部に進学したのは多くの人々の健康を守ったり、向上させる仕事に就きたいと考えたからです。そして大学での研究活動を通じてものを生み出す面白さを知り研究開発という仕事を志望するようになりました。製薬ではなくヘルスケア商品を扱う会社を選んだのは、日々の暮らしの中にこそ「健康」や「豊かさ」の根っこがあると考えたから。大学で取り組んでいた有機合成とは直接関係のない業務で切り替えが大変ですが、基礎はもちろん薬理、動態などの専門知識、衛生や法律が絡む薬事法まで幅広く学べる東京薬科大学で身に付けたことを武器に、世界中の人々の生活を豊かで健康にできるような商品を数多く開発したいと思っています。

(掲載年度:2018年度)

大学で身に付けた知識、技術で人の役に立つものを作りたい。

  • 本間 悠さん
  • 北里第一三共ワクチン株式会社 勤務

現在の仕事はインフルエンザワクチンの製造。受精卵にワクチン株を接種して増殖させ、有効成分を分離、精製して作られるワクチンの「精製」工程を担当しています。学部を卒業後、大学院で基礎研究に取り組んでいましたが、それまでに身に付けた知識や技術を活かした「ものづくり」への興味が膨らみ、現在の仕事に就きました。研究室ではできない大規模な精製作業に面白さを感じると同時に、自分の仕事が多くの人の役に立っている点に大きなやりがいを感じています。医薬品は病気などで健康を損なった方に使われるものですが、ワクチンはインフルエンザに罹患するのを防ぐために健康な人に使用されます。将来このような「予防医学」の重要性はますます高まるでしょう。その点でも意義のある仕事だと思っています。大学、大学院で学んだことと仕事内容は直接関係していませんが、研究室で培った問題に対するアプローチやプロセスの構築の仕方は、仕事上でとても役立っています。将来の夢はワクチンの製造工程をより良いものに進化させていくこと。進化する技術を取り入れて、10年先、50年先にも安定した品質で有効なワクチンが作れる製造方法を確立していきたいと考えています。

(掲載年度:2018年度)