大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

埼玉県 私立大学
埼玉工業大学

school

先生・先輩

先輩の声

身近なものに化学の力を生かす私にぴったりの仕事です

 リンテック株式会社は、スマートフォンに使用される部材や、商品の表示ラベルなどの各種粘着素材を製造・販売している会社。私は新製品やリニューアル製品を量産する前に試作し、問題がないかを確かめる仕事をしています。リンテックを志望したきっかけは、3年次に参加した企業研究セミナーでした。採用担当者の方から話を聞き、化学の力を身近なものに生かしたいと思っていた私にぴったりだと感じたんです。キャリア支援センターはもちろん、研究室の先生にも相談しながら就職活動を進め、無事に内定をいただくことができました。目指していた世界に飛び込み、毎日勉強を重ねています。大学時代に修得した専門知識や測定機器の操作スキルなどを大いに活用しながら、積極的に業務に取り組んでいます。

(掲載年度:2020年度)

モチベーションになっているのは有名ブランドを背負う責任感

 即席麺部門の包装課に在籍し、麺をカップに詰めるといった機械作業のオペレーターがメインの仕事です。大学のゼミでプログラミングや電気について学んだおかげで、機械トラブルが起こったときにも図面を見るだけで原因が予想できます。今、主に扱っているのは、「赤いきつね」や「昔ながらのソース焼きそば」など、誰もが知っている商品ばかり。これまでに積み重ねられてきた歴史とブランドイメージを守り、未来につないでいくために、ミスは決して許されません。プレッシャーを感じることもありますが、携わった商品がスーパーやコンビニに並んでいるのを見ると大きなやりがいを感じます。まずは日常業務のスキルを磨き、将来は海外での工場立ち上げにも携わることが目標です。

(掲載年度:2020年度)

ずっとあこがれ続けたIT業界 将来は海外の拠点で働きたい

 大手銀行のインターネットバンキングのシステム開発をしています。高校生のときから、将来はIT業界に進みたいと考えていました。大学進学の際には、情報系だけでなく経営や経済なども学べる点に惹かれて埼工大の情報社会学科を選びました。大学で得た幅広い知識のおかげで、今、社会情勢や経済の傾向を理解したうえで仕事を進められています。目標にし続けてきた仕事に就いて約1年。いつか海外の拠点で勤務することを夢見ながら、日々の仕事を頑張っています。悩んだときや嬉しいことがあったときに連絡しているのは、大学時代のゼミの先生です。学生と先生の距離が近いことは、埼工大の魅力ではないでしょうか。親身になって相談に乗ってくれることが、今も大きな励みになっています。

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

日本が誇る技術力を発展させるために

 ロボットや自動車に代表される制御機械システムは、機械や装置の構造設計とそれを動かす制御システム設計を別々に行う二段階設計という手法でつくられています。この研究室では、それぞれをトータルで考える統合化設計を主なテーマにしています。ハード面とソフト面を一つのシステムとして捉えると、様々なメリットが考えられます。例えば「こんな機能を持たせたい」と考えたとき。制御のみで解決するのではなく、機械や装置の素材や形状を併せて設計すれば効率は上がりますし、より良いものができます。現代社会において、ものづくり技術に対する期待や要求はますます高まっています。社会にはどのような課題があり、技術でいかに解決していくかを考えながら、研究に取り組んでもらいたいと考えています。

(掲載年度:2020年度)

味覚を軸にして生体の謎に迫る

 甘味、酸味、塩味、苦味、うま味。味は5つに大別されます。私たちはこれらをどのような仕組みで感じているのでしょうか。これがこの研究室のメインテーマです。口内には味蕾と呼ばれる小さな器官があります。味蕾にある味覚受容体に味物質が結合することで、味神経を通じて脳に情報が伝えられています。少し前までは、口内にしか味覚受容体がないと考えられていましたが、脳や胃、肝臓など、ほかの臓器にもあることが明らかになりました。しかし、それらの味覚受容体がどのような役割を果たしているのか解明されていません。味覚を探っていくことは、生体全体を理解することにもつながるのです。五感の中で、ノーベル賞を獲得できていないのは味覚分野のみ。それだけに研究しがいのある分野だと感じています。

(掲載年度:2020年度)

落ち込んだ気持ちを立て直す方法は?

 主な研究テーマは「抑うつ気分からの回復について」。誰もが落ち込んだ経験があると思いますが、こうした気分は、放っておくとうつ病などの精神疾患を引き起こす場合もあります。カウンセリングや医療機関の受診が必要になる前に自分で気持ちを整えて病気を防ぐことを目指し、日常生活の中でできる気分の回復を促す対処方法について、アンケートや実験といった手法を用いて研究しています。研究活動のほか、本学付属の臨床心理センターで乳幼児期の子どもとその保護者を対象とした子育て支援幼児グループの運営にも携わっており、グループには多くの学生が参加しています。乳幼児期は人間形成の原点。この時期の子どもと深く関わることで、人間の本質をつかむことができますし、将来心理臨床の現場で働くときにおおいに役に立つと思います。

(掲載年度:2020年度)