大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

埼玉県 私立大学
埼玉工業大学

school

先生・先輩

先輩の声

生産性向上に貢献できる設計者になりたい

  • 大熊一輝さん
  • 機械工学科
  • 京セラ株式会社・2018年度卒業

 京セラ社内の生産設備を製造している精機事業部では主に社内工場から受託した設備を一貫生産し、工場の生産性向上に貢献。私は、生産設備の組み立て、出荷、立ち上げの業務を担当しています。大学で身につけたCADや製図の知識やスキルが活かされていると感じるのは設備を組み立てたり、部品を加工するために工作機械を使用したりするとき、ゆくゆくは会社の生産向上に貢献できる設計者になるべく、今後も積極的に学ぶ姿勢を持ち続けていきます。

(掲載年度:2021年度)

技能と知識の両論が育むお客さまからの信頼と安心

 現在は、お客様に安心・安全にガスをお使いいただけるよう、ガス設備の点検を行っています。ガスの知識を得るうえでとても役立っているのが、大学時代に修得した専門知識。また、就職活動や研修などの経験から得た学びも、社会人として重要なことばかり。専門知識以外のものを含めたすべてが現在の仕事につながっています。今後も技能と知識の蓄積に励み、お客さまからの信頼と安心を獲得し続けます。将来的には所属する点検班の中で、臨機応変に現場を指揮できる責任者になりたいです。

(掲載年度:2021年度)

見えないところで暮らしを支える、なくてはならないものを生み出す

 家電や通信機器、自動車などに搭載されるチップ部品の開発に携わっています。機器の内部に搭載されているため、めったに目に触れることがないチップ部品には最先端の技術が詰め込まれており、多くの電気製品を動作させるにはなくてはならない存在です。大学で修得した電気・電子の基礎知識だけでなく、研究室で学んだ「研究の進め方」が仕事を進めるうえで大いに役立っています。自ら先頭に立って、製品の開発を進められる技術者になることが将来の目標です。

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

日本が誇る技術力を発展させるために

  • 安藤大樹先生

 ロボットや自動車に代表される制御機械システムは、機械や装置の構造設計とそれを動かす制御システム設計を別々に行う二段階設計という手法でつくられています。この研究室では、それぞれをトータルで考える統合化設計を主なテーマにしています。ハード面とソフト面を一つのシステムとして捉えると、様々なメリットが考えられます。例えば「こんな機能を持たせたい」と考えたとき。制御のみで解決するのではなく、機械や装置の素材や形状を併せて設計すれば効率は上がりますし、より良いものができます。現代社会において、ものづくり技術に対する期待や要求はますます高まっています。社会にはどのような課題があり、技術でいかに解決していくかを考えながら、研究に取り組んでもらいたいと考えています。

(掲載年度:2021年度)

味覚を軸にして生体の謎に迫る

  • 熊澤 隆先生

 甘味、酸味、塩味、苦味、うま味。味は5つに大別されます。私たちはこれらをどのような仕組みで感じているのでしょうか。これがこの研究室のメインテーマです。口内には味蕾と呼ばれる小さな器官があります。味蕾にある味覚受容体に味物質が結合することで、味神経を通じて脳に情報が伝えられています。少し前までは、口内にしか味覚受容体がないと考えられていましたが、脳や胃、肝臓など、ほかの臓器にもあることが明らかになりました。しかし、それらの味覚受容体がどのような役割を果たしているのか解明されていません。味覚を探っていくことは、生体全体を理解することにもつながるのです。五感の中で、ノーベル賞を獲得できていないのは味覚分野のみ。それだけに研究しがいのある分野だと感じています。

(掲載年度:2021年度)

落ち込んだ気持ちを立て直す方法は?

  • 友田貴子先生

 主な研究テーマは「抑うつ気分からの回復について」。誰もが落ち込んだ経験があると思いますが、こうした気分は、放っておくとうつ病などの精神疾患を引き起こす場合もあります。カウンセリングや医療機関の受診が必要になる前に自分で気持ちを整えて病気を防ぐことを目指し、日常生活の中でできる気分の回復を促す対処方法について、アンケートや実験といった手法を用いて研究しています。研究活動のほか、本学付属の臨床心理センターで乳幼児期の子どもとその保護者を対象とした子育て支援幼児グループの運営にも携わっており、グループには多くの学生が参加しています。乳幼児期は人間形成の原点。この時期の子どもと深く関わることで、人間の本質をつかむことができますし、将来心理臨床の現場で働くときにおおいに役に立つと思います。

(掲載年度:2021年度)