大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

北海道 私立大学
札幌大学

school

先生・先輩

先輩の声

部活動でも就職活動でも心がけたのは、楽なほうに逃げないこと。

  • ホクレン農業協同組合連合会 内定 白石 一喜さん
  • 英語専攻 2018年度卒業 北海道大谷室蘭高等学校出身

就職活動は早めにスタートしました。
履歴書の書き方などを学内のセミナーで勉強し、インターンシップにも積極的に参加。次第に「食品に関わる分野」「北海道のために働ける仕事」という自分の中の二つの柱が見えてきて、最終的にホクレンから内定をいただいたときはうれしかったですね。

大学では準硬式野球部に所属していました。
就活が本格化する時期はちょうど部活も忙しくて、スケジュール管理が大変でした。部活では、部費の管理やバスの手配などをする「主務」を任されていたのですが、主務の業務もミスをすることなく勝ち進み全国大会へ出場できたことは誇りです。

札大のいいところは、スポーツと学問の両立を応援してくれること。
どちらも手を抜かず最後までやり通したいという人に向いていると思います。
僕が常に心掛けていたのは「逃げないこと」。
つい楽なほうに気持ちが向いてしまうこともあると思いますが、部活も就活も目標を高く掲げて努力すべきだと思っています。

(掲載年度:2019年度)

ボランティアやインターンシップが 自分を変えるきっかけに。

  • 山藤三陽印刷株式会社 内定 三池 杏佳さん
  • 地域創生専攻 2018年度卒業 札幌静修高等学校出身

地域創生専攻では、商店街の人たちと地域の活性化について話し合ったり、モエレ沼芸術花火などイベントの運営ボランティアをしたり、在学中から地域とつながるさまざまな経験ができました。
また、田学連携プロジェクトに参加して新得町に滞在し、インターンシップや観光企画のお手伝いをさせてもらったことも忘れがたい体験になりました。
地域のために働きたいという思いが次第に強くなり、地域情報を積極的に発信している印刷会社に入社を決めました。

私は高校までは内気なタイプだったのですが、インターンシップやイベントに参加するうちに積極性が身に付き、自ら進んで動けるようになったような気がします。就職してもポジティブな姿勢で、営業の仕事を頑張りたいです。

(掲載年度:2019年度)

教職センターのサポートで、 商業科の教員になる夢がかないました。

  • 北海道教員採用試験 高等学校 (商業科)合格 小笠原 健さん
  • 経営学専攻 2018年度卒業 北海道北見商業高等学校出身

教員採用試験の合格発表は部屋で一人で見ました。
自分の番号を見つけたときは「よっしゃー」と大声で叫んでしまうくらいうれしかった。

商業科の教員になることは、入学時からの夢でした。
教員を目指して、児童会館でアルバイトをしたり、特別支援学校でボランティアをしたり、多くの子どもに接して努力してきたつもりですが、なぜ先生になりたいのかと問われると、うまく答えられず、自分が情けないと思うこともありました。
そんなときに自信をつけてくれたのは教職センターの先生方です。
模擬授業の助言、面接の練習など、丁寧に指導してくれました。おかげで春からは教員になれます。
失敗もするでしょうが、全力で生徒たちにぶつかろうと思っています。

(掲載年度:2019年度)