大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

北海道 私立大学
札幌大学

TEL
0120-15-3201(札幌大学 入学センター)
E-mail
nyushi@ofc.sapporo-u.ac.jp
URL
http://www.sapporo-u.ac.jp
school

先生・先輩

先輩の声

挑戦できる環境はそろっている。それをどう生かすかは自分次第。

  • 函館市職員(消防吏員) 合格 古川 悠介さん
  • 地域共創学群 スポーツ文化専攻 / 2019年度卒業 / 北海道七飯高等学校出身

高校の陸上部の顧問に憧れ、教員免許を取ろうとスポーツ文化専攻に入りました。高校時代は八種競技で全道4位だったので、大学での目標は十種競技での全国大会。その目標を達成するため、自分でトレーニングも考え3年で念願の全日本インカレに出場しました。その大会で神奈川県に滞在していたときに発生したのが北海道胆振東部地震です。僕はテレビで様子を見ることしかできなくて、災害時に現場で人を助ける仕事に就きたいと強く思い、消防士になるための公務員試験の勉強を独学で始めました。

4年でも教育実習や公務員試験の対策をしながら競技を続け、全道2連覇を果たせました。函館市の消防にも合格でき、うれしかったです。大学では自分で考えて決めたことを実践しなければなりません。札大にはトレーニングルームや図書館など必要な施設はあるし、アドバイスしてくれる先生や監督やコーチもいる。挑戦できる環境はそろっているのだから、それをどう生かすかは自分次第だと思います。

(掲載年度:2020年度)

大学は主体性を養うところ。自分に必要なものを、自分の意志で学んでいけます。

  • 大丸株式会社 内定 大澤 瑠乃さん
  • 地域共創学群 経営学専攻 / 2019年度卒業 / 北海道北見北斗高等学校出身

私は大学祭実行委員会に所属し、情報宣伝局の局長を2年務めました。ポスターをつくって貼るだけかなと思っていたら、印刷会社との交渉や宣伝の依頼など仕事がたくさん。一人で抱え込んでパンクしてしまったので、2年目はプロジェクトを動かすことを意識してリーダー役を果たすことができました。大学外では同世代の仲間と劇団をつくり、演劇活動をしています。私が脚本と演出を担当した作品は札幌で開催された演劇祭で評価していただけました。大学の勉強とは無関係のようですが、授業で学んだマーケティングを集客の参考にしたり、演劇による観光振興を卒業研究のテーマにしたり、お互いに生かせる部分があり、主体的に学ぶことができました。

卒業後は文具や紙製品の卸商社に就職します。失敗もするかもしれませんが、周囲の力も借りながら成長していきたい。仕事に慣れたら演劇もしたいし、旅もしてみたい。一つ目標をクリアしたら次の目標へと、楽しみながら進んでいきたいと思います。

(掲載年度:2020年度)

諦めそうになると必ず 先生たちが励ましてくれました。

  • 北海道教員採用試験 特別支援学校中学部(保健体育) 合格 星川 紅葉さん
  • 地域共創学群 スポーツ文化専攻 / 2019年度卒業 / 北海道札幌東商業高等学校出身

入学時の目標は、保健体育の教員免許を取ることと、小学1年から続けてきたバスケットボールも手を抜かず、勉強と両立させることでした。2年に全道優勝してインカレ出場、3年には北海道選抜として国体に出場できましたが、4年になると教育実習などで部活に出られず、プレーヤーを辞めるべきか悩みました。なんとか続けられたのは「どちらも頑張ればこそ、生徒に伝えられるものもある」と先生が声を掛けてくれたからです。先生たちには採用試験対策や面接練習で本当にお世話になりました。合格発表を見たときは、信じられない気持ちでいっぱいでした。常に「自信を持ちなさい」と励ましてくださった先生たちに感謝しています。

(掲載年度:2020年度)