相談内容|栄養学にも詳しい調理師になりたいと考えています。 栄養士の資格を取ってからでも

みんなの進路相談

相談内容
栄養学にも詳しい調理師になりたいと考えています。 栄養士の資格を取ってからでも

栄養学にも詳しい調理師になりたいと考えています。 栄養士の資格を取ってからでも調理師になれますか?

回答

 栄養士になるためには、厚生労働大臣が指定した栄養士養成施設を卒業し、栄養士の免許をもらう必要があります。

 一方、調理師の場合は、養成施設に通う他、2年間の調理関係の実務経験があれば受験できる、調理師免許試験に合格することでもなることができます。

 ですので、栄養士と調理師の資格を両方取得したいのであれば、まず栄養士の資格を取り(最低2年)、給食施設などの飲食関連の企業に就職して2年間の実務経験を積んでから、調理師免許試験を受験し、これに合格するという進路が最も経済的になると思われます。

 もし、経済的に余裕があり、できるだけ早く両方の資格を取りたいということであれば、栄養士の資格を取得した後に、調理系の専門学校(1年制)に進学して調理師の資格を取るという進路もあります。こちらの場合は、2年+1年の最低3年間で両方の資格を取得できることになります。ただし、専門学校の分、余分に学費がかかることとなります。

 どちらの進路を選ぶのかは、実家の経済状態などにもよると思いますので、親御さんともよく相談をするようにして、進路を決めていくことをおすすめします。

2012年05月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら