相談内容|ファッションアドバイザーとショップ店員と販売士とはどう違うのですか?

みんなの進路相談

相談内容
ファッションアドバイザーとショップ店員と販売士とはどう違うのですか?

ファッションアドバイザーとショップ店員と販売士とはどう違うのですか?

回答

 ファッションアドバイザーは、服飾用雑貨の販売を主にする職業となります。

 商品を売る仕事という意味ではショップ店員と変わりませんが、単に商品を売るだけでなく、お客さまの好みに合わせた品物選びやトータルファッションの提案などを行うところがショップ店員とは異なります。

 販売士とは、日本商工会議所が認定する検定資格のことです。

 流通業界で唯一の公的資格で、販売士検定試験の合格者には「販売士」という称号が付与されます。レベルは1級から3級までとなり、3級では接客マナーや販売技術などのショップ店員としての接客の基礎知識が、2級では部下の管理育成技術や仕入れ、在庫管理などの中間管理職としての知識が、1級ではマーケティング政策の立案や店舗運営に関する知識など店長や経営者としての知識が問われることになります。

2008年07月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら