名古屋芸術大学のエンタメ業界スタッフ系特集

school

愛知県 私立大学
名古屋芸術大学

TEL
0568-24-0318(広報部(直通))  
E-mail
ml-nua@nua.ac.jp  
URL
https://www.nua.ac.jp/  

学校の特長

  • 提携賃貸住居あり
  • 車通学OK
  • 海外に姉妹提携校あり
  • バリアフリー対応
  • インターンシップ
  • 卒業後も就職支援継続
  • 海外研修・留学制度あり
  • アルバイト紹介制度
  • 学費延納制度
  • 部活動奨励金
  • 独自給付・免除奨学金制度あり
  • 独自貸与奨学金
  • 新設学部・学科
  • 企業提携あり
  • 他学科編入可
  • 他学部聴講可
  • 他校単位互換可
  • 少人数クラス
  • クラス担任制
  • セメスター制
  • 学外単独説明会
  • ネット出願可
  • 受験費用サポート制度あり
  • 資格取得者優遇入試あり
  • 学外入試あり
  • 都会にある
  • 自然が豊か
  • 周辺飲食店充実
  • デジタルパンフレットあり
  • HP進学相談
  • 学園祭に有名人・タレントが来る
  • 映画・ドラマのロケ地になった

名古屋芸術大学の紹介

学校イメージ

舞台芸術を創るためには、実は舞台上の出演者だけでなく、さまざまな専門的な仕事が必要です。たとえば、舞台上の大道具や小道具を創る舞台美術家、光で舞台を演出する舞台照明家、音の演出や音響空間の設計を担う舞台音響家、そして舞台芸術全般をゼロから企画制作していく舞台プロデューサーやディレクターなど、多くの専門家たちの力が集結してはじめて舞台は幕を開けることができます。
舞台芸術領域では3コースを展開しています。
「舞台美術コース」は、舞台美術デザインから⼤道具、⼩道具の製作、劇場での作業全般まで、舞台美術に関するスキルと実践⼒を⾝に付けます。「演出空間コース」は、舞台⾳響、舞台照明などのテクニックや感性、スキルを磨きます。「舞台プロデュースコース」は、企画制作、経営、広報マーケティングなど、時代が求める舞台を企画・提案できる能⼒を養います。
豊富な現場経験を持つ教員陣による丁寧な指導で、舞台芸術に関する専門的なスキルと総合的な知識を身につけたプロフェッショナルを養成します。

1年次 舞台芸術全般の基礎を身につける「舞台・ファンデーション」

舞台芸術領域では、1年次に舞台芸術全般の基礎を養い、舞台芸術についての視野を広げるための領域共通カリキュラム「舞台・ファンデーション」を導入しています。このファンデーション(基礎教育)を通して、舞台芸術全般について幅広く学ぶとともに、「舞台美術」「演出空間」「舞台プロデュース」それぞれの基礎知識を身につけます。早い段階で舞台芸術に関するあらゆる分野に一通り触れられる仕組みにより、演出や音響、照明などについて基礎的なスキルと総合的な知識を養い、将来の選択肢の可能性を広げます。
2年次以降は、自分の興味や関心、適性に応じて3コースの中から選択し、将来の進路を見据えながら自身の専門性を深めていきます。

舞台芸術で必要な学びを通して、実社会で活躍できる能力・スキルを体得

舞台は人生や社会をより豊かにするためのものであり、人や地域コミュニティに直結した芸術活動です。舞台芸術の醍醐味は、演者やスタッフはもちろん、観客も含め様々な人々がともに一つの空間を創り上げていくことにあります。人の気持ちを考えて動ける人こそが素晴らしい舞台をつくることができるのであり、舞台芸術を通して他者・地域・社会とつながるためには、専門的な知識や技術だけでなく、それ以上にコミュニケーション能力、人に対する想像力を養うことが重要になります。
舞台芸術領域で培うのは、自分自身の役割とともに、他のメンバーの考えや意志を理解し、舞台を見る人の気持ちや感情をデザインする力。その力は、舞台芸術に限らず、実社会で幅広く活躍するために必要となる能力・スキルです。4年間を通じた舞台創作の実践的な学びによって、社会で「生きる力」を培い、誰かの人生をより豊かにする能力、そして自分自身の未来をより明るくする姿勢を身につけます。

第一線で活躍するプロフェッショナルによる「生きた学び」

舞台芸術領域では、舞台芸術全般の基礎をはじめ、「舞台美術」「演出空間」「舞台プロデュース」それぞれを理論と実践の両面から総合的に学びます。各授業の担当教員は、国内外の舞台芸術の第一線で幅広く活躍する現役の舞台美術家や舞台演出家、舞台監督、劇場運営者たち。舞台芸術に関する最新の動向や先進的な取り組みを取り入れた「生きた学び」を行います。
さらに、プロの演出家との共同制作や、実際の舞台芸術の現場でのインターンシップの機会なども設けられています。特に「プロジェクトワーク」では、企画制作からスタートし、学外の劇場で実施する大掛かりな卒業制作公演までを学生自ら創り上げます。卒業後、舞台芸術の多様な職業に携わり、各分野のプロフェッショナルとして活躍するための実践的な学びが数多く展開されます。

▲名古屋芸術大学の進学情報トップへ

卒業生の実績

裏方であっても「私が主役なんだ!」と志の高い方にぜひ舞台芸術領域で学んでほしい。

舞台は人前に出る演者だけでつくられるものではありません。

プロモーション活動や現場の制作、音響や照明などの演出など、様々なスタッフにより、大勢の人々の感動は生み出されます。そのため、「舞台や劇が好き」といった興味は大切ですが、人と協調して何かをつくり上げることが好きな方、裏方であっても「私が主役なんだ!」と志の高い方にこそ、舞台芸術領域で学んでほしいと思います。

高校時代に演劇等の経験がなくても、音楽・スポーツイベントでの演出や空間に興味を持ち、スタッフとして好きなアーティストや選手を支えていきたいと思う方も歓迎します。

就職実績

※2021年4月新設のため、就職実績はまだありません。

プロフェッショナルに直接教わり、現場を体験する貴重な機会により、卒業後に実社会で学びを応用することや、舞台芸術を通した社会貢献をすることができます。

▲名古屋芸術大学の進学情報トップへ

名古屋芸術大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋芸術大学のパンフをもらう

最近見た学校

スマートフォン版はこちら