大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

千葉県 私立専門学校
千葉医療秘書専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

この学校で自分を高める喜びと、医療の仕事のやりがいを学びました

  • 奥寺 音夢さん
  • 順天堂大学医学部附属浦安病院 勤務

●本校に入学したきっかけ
資格を沢山取れるところ、カリキュラムが整っているところに惹かれて入学しました。

●仕事内容
病院で、入院計算やレセプト業務を担当しています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
私は、母に憧れ看護師になりたいと思っていました。高校生の時に医療事務の基礎検定を取得したことがきっかけで、医療事務の仕事に興味をもち、医療に携わる仕事をしようと思いました。そして今では自分の第1志望だった病院に就職でき、毎日後悔のない充実した社会人としての生活を送ることができています。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
就活活動の際の服装、挨拶などの礼儀、メモの取り方などを細かく指導していただけて本当に良かったと思っています。実際に仕事に就いてみると、学校で学んだ知識だけでは対応できないこともあるため、普段から学ぶ姿勢を持ち続けることを心がけています。

●仕事でやりがいを感じる時
先輩に仕事ができるようになったと褒められた時や、今まで勉強してきたことを現場で活かし、それが結果となった時にはやりがいを感じます。

●専門学校時代に印象に残っている先生、お世話になった先生
1年時に担任だった杏奈先生は、とても生徒思いで、いつでも気合と愛情をくれる素敵な先生でした。他にも、検定、就活、面接指導などでお世話になったり、落ち込んでいる時に励ましの言葉をくれたり、一緒に勉強に付き合ってくれたりと、感謝しきれない先生方が沢山います。

●今後の夢や挑戦したいこと
先輩たちのように仕事もでき、マナーもしっかり身につけていて、後輩から憧れられるような女性社会人として頑張っていきたいです。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
実習や、就活、検定の取得など本当に大変だなと思うこともあるけれど、自分が決めた病院に就職できた時の嬉しさは、今までの辛さなど全て吹っ飛んでいくくらい嬉しいものです。1日を大切にして、先生に沢山頼って、自分と戦っていくときっと良いことが待ってると思います!

(掲載年度:2020年度)

医療事務の仕事を通して、やりがいや人とのつながりを実感。

  • 高橋 瑠名さん
  • 株式会社HuCAM 慶應義塾大学病院 勤務

●本校に入学したきっかけ
友達に誘われて参加した本校のオープンキャンパスで、迎えてくれた先輩たちがキビキビと自主的に動いている姿に憧れました。先生方も親身に相談に乗ってくれたので、この先生の元で学びたいと思い入学を決めました。1年間という短い期間の中で、就活、行事、勉強、委員会活動、そしてアルバイトととにかく忙しかったのですが、とても充実した1年間でした。

●仕事内容
検査室の受付を担当していて、本人確認、案内・誘導、検査技師との連絡、電話対応などを主に行っています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
高校生の時に、母が勤めている老人ホームでアルバイトをしました。その時に人のために働ける仕事がしたい、医療に関わる仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。はじめは看護師を目指していましたが、常に死と隣り合わせの現場であることを実感し諦めてしまいました。そんな時、医療事務という仕事があることを知り、目指そうと思いました。

●仕事でやりがいを感じる時
検査室を訪れた患者様が、無事に検査を終えられた姿を見るとホッとします。また、検査室の数が限られているので、患者様が検査室に入る時間が遅れると、そのあとの患者様の予定がずれてしまいます。そうならないためにも、患者様が検査室に入る時間を前もってチェックし、検査がスケジュール通りスムーズに進んだ時は安心するし、検査技師のサポートができたと実感できやりがいを感じます。

●今後の夢や挑戦したいこと
自分が今いる場所でもっともっと仕事のスキルを磨いて行くのが目標です。そして、外国人の患者様も多くいらっしゃるので、質問に正確にお答えできるよう英会話の勉強もしたいと思っています。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
医療事務は大変なこともたくさんありますが、働き方によって人とのつながりを感じられたり、たくさんのやりがいを感じられる職業です。決して一人ではできない仕事なので、協調性も必要です。専門学校は、最後の学生生活を送る場所であり、社会人になってからでは挑戦できなことができる場所。勉強や行事、就活など、目の前のことで一杯一杯になってしまうかもしれないけど、頑張ったことは必ず仕事で活かせます。だから、どんどん挑戦して一歩前に踏み出してみてください。

(掲載年度:2018年度)