大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

福岡県 私立専門学校
福岡医療専門学校

TEL
0120-04-2910(入試専用ダイヤル)
E-mail
shomu@jusei.ac.jp
URL
http://www.jusei.ac.jp
school

先生・先輩

先輩の声

目標持って行動することが大切

  • 丹下 亜友美さん
  • 理学療法科
  • 佐田整形外科病院勤務(平成30年度卒)

足の不自由な親友がリハビリに通う姿を見て理学療法士を目指し、また福岡医療ではスポーツトレーナーの資格も取れるので、スポーツに関わりたいという将来の希望も叶うと考えました。スポーツ疾患の方を担当したり、高校生の部活に帯同してテーピングを巻くなど、自身の可能性を広げることができ、この仕事を選んで良かったと実感しています。患者様が元気になり、笑顔が増えていく姿を見ることで、更に頑張ろうと思えます。肩関節疾患治療が技術的に苦手ですが、克服するだけでなくそのプロフェッショナルになりたい。また部活やチームのトレーナー、高齢者を対象とした運動指導など、病院外での活動が行えるセラピストになる夢に向かって精進しています。学生時代は、勉強はもちろんさまざまな経験を積むことで視野を広げてください。

(掲載年度:2020年度)

柔道整復師+JATI-ATI 2つの資格を活用 さらに治療の幅を広げるため鍼灸も

  • 青柳 達也さん
  • 柔道整復科
  • 百武整形外科・スポーツクリニック勤務(平成29年度卒)

現在、健康の増進・維持を中心としたトレーニング指導をしています。年齢層も幅広く、一人ひとりに合った指導をするのは難しく大変ですが、「ありがとう」と言われたときにとてもやりがいを感じます。柔道整復師とJATI-ATIの両方の資格を取得したことで、医療知識とトレーニング理論を合わせ持った指導もでき、充実した毎日を送っています。さらに治療の幅を広げるために、鍼灸科へ進学して再び勉強する毎日です。

(掲載年度:2020年度)

美容鍼で綺麗に 技術や知識を身につけ 夢に向かって努力の日々

  • 松尾 晴菜さん
  • 鍼灸科
  • 2年(福岡講倫館高校出身)

美容鍼の存在に関心がわき、資格を取得して沢山の人を綺麗にしたいと思い入学しました。美容に関する授業も充実しており、色々学ぶことが楽しいです。同じ目標を持った仲間と刺激しあいながら、夢に向かって努力を重ねている日々です。自分のやりたいことに全力で取り組みましょう。

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

親が子に残せる唯一の財産は教育である

  • 藤瀬 武先生

 かつて、中国、四国および九州地方には、柔道整復師養成施設がありませんでした。したがって、この地域で柔道整復師を志す人々は、遠方まで行かなければ、専門の教育を受けられず、国家試験の受験資格を取得することは困難なことでした。そこで、この課題解消のため、柔道整復師養成施設の開設を目指しました。
 そして、平成11年4月、西日本で最初の柔道整復師養成施設としての指定を厚生大臣から受け、福岡県知事からも私立専修学校としての設置許可を得て、本校の前身である「福岡柔道整復専門学校」が誕生いたしました。
 翌年の平成12年4月に鍼灸科、平成19年4月には理学療法科を開設。平成22年4月に校名を「福岡医療専門学校」と変更しました。さらに、平成23年4月、現代社会での要望の高い診療放射線技師ならびに看護師を養成するための学科を設置いたしました。
 このような経緯ならびに実績により、平成26年3月には、文部科学大臣から柔道整復科・鍼灸科・理学療法科が、平成27年2月に診療放射線科・看護科が職業実践専門課程の認定を受けることができました。
 これからも、「親が子に残せる唯一の財産は教育である」ことを教育理念とし、学生一人ひとりをわが子とし、貴重な財産を後世に残すため精進いたします。

(掲載年度:2020年度)

システマティックな講義体系により 自己学習を支援します

  • 長門 俊一先生

本校では、基礎医学の理解を重視しています。特に人体の構造・機能を学ぶ「解剖学」「生理学」では、その前段階として「生物学」修得のための学習を指導します。また、国家試験の出題範囲に限らず、細胞や人体の発生についても学習します。このことは応用力や臨床実践力の高い優れた医療従事者になるためには不可欠であり、さらには卒業後の自己学習の基になると考えています。国家試験合格は最低限度の目標であり、目指しているのはその先にある高い技術力と知識を持った医療従事者の養成です。皆さんにはそういった高い志を持って勉強に励んでいただきたいと思っています。

(掲載年度:2020年度)