大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

gomen

進路ナビはメンテナンス作業のため、下記の期間サービスを休止します。
【休止期間】7月30日(金)23:00~7月31日(土)05:00(予定)
※メンテナンス時間は延長される可能性があります。
ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

神奈川県 私立専門学校
横浜リハビリテーション専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

先生方のことはセラピストの先輩として尊敬しています

現役セラピストの先生方は、授業内で臨床現場でのエピソードを話してくださるので、理学療法士という仕事をより具体的にイメージできるようになりました。介助する際の立ち位置や患者様によっての対応の変え方など、卒業後にすぐ活用できそうな知識も身につけられていると実感しています。一緒に学ぶ同級生と高めあいながら、全員で国試合格を目指して学び続けたいです。

(掲載年度:2021年度)

教科書に載っていない情報が聞けて心強い!

横リハの魅力は、専任教員全員が今も患者様のリハビリを担当する現役のセラピストだということです。
授業の中では、「実際にはこんな感じで・・・」と教科書にプラスの情報を話してくださります。今の臨床現場で求められる実践的な技術や知識を教えてもらうことができ、在学中から明確な目標を持って勉強に取り組むことができています。

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

即戦力になれる「学びの環境」を用意しています

  • 中村 啓文先生

理学療法士の主な仕事は、患者様の状態を的確に評価し、身体機能を回復させるリハビリを行うことです。人間の身体についての医学的な基礎知識や、動作分析を行うための物理学の知識をしっかりと身につけることはもちろん、客観的な視点に基づいた思考力を習得するための「グループワーク」や「アクティブラーニング」を取り入れた授業も用意しています。現役セラピストでもある教員の指導のもと、将来を明確にしながら学んでいきましょう!

(掲載年度:2021年度)

「豊かな発想力」を備えた作業療法士をめざしましょう

  • 水島 眞由美先生

作業療法士は小さなお子様からお年寄りまでさまざまな患者様と向き合い、一人ひとりの性格やクセ、生活環境などを考慮しながら、具体的に生活を支援するリハビリを行うことが求められます。
横リハの作業療法学科では「豊かな発想力」を身につけるため多様な考え方を受け入れ、科学的でしなやかな発想力を育む授業を行っています。アットホームな雰囲気の横リハで、患者様に「出逢えてよかった」と感謝されるセラピストを目指してみませんか。

(掲載年度:2021年度)

作業療法士の仕事とは、心が動く瞬間を探し、その背中をそっと押すこと。

  • 机 里恵先生

黙っている患者様だからといって、ずっと黙っているわけじゃありません。大事なのは患者様が充実した毎日を送れること。そこに辿りつくためにマニュアルはないし、「こうあるべき」という理屈も必要ありません。たくさんの作業療法があっていいし、色んな作業療法士がいても良い。横リハ作業療法学科は、なりたい自分を目指すあなたを応援しています。一緒に考え、患者様の可能性を広げる力を身につけましょう。

(掲載年度:2021年度)