大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
日本菓子専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

餡にもさまざまなつくり方があると教わり 自分でも比較実験して刺激になりました

  • 藤井 敬太さん
  • 製菓技術学科
  • 和菓子科 岡山県立笠岡商業高等学校 出身

実家は和菓子屋で洋菓子もあり、日菓専はどちらも学べて一石二鳥 でした。同級生には負けられないと研鑽できる場所です。先生方は 熱心に寄り添ってくださるので叱られたこともあります。外部講師の 先生は現場知識や経験が豊富。餡を練る際のヘラの入れ方が普段 の実習と違っていたので、自分でも同時に両方の製法でつくって比較 し、味との関係を学びました。和菓子は全く同じものを二度とつくれ ません。計量は正確でもすべて手でつくるので、その日の加減や仕 込み具合で変わる、感覚部分が大きいのが面白いです。

(掲載年度:2021年度)

「ジャパンケーキショー」の見学で 身近な先生の活躍が 励みになりました

韓国の同僚に「お菓子を学ぶなら日本!」と教わり 来日しました。日本語は独学ですが、卒業生が作った製菓の「専門用語集」をいただき、本当に役立っています。この学校の先生方は熱量が高くて勉強 熱心。ジャパンケーキショーの見学では、親しい先 生が素晴らしい作品を出品されていて驚きますし、 励みになります。製菓理論も計画的に学べて、製 菓衛生師の資格を1年で取得できます。今はフラン ス語を身に着けたくてクラスメイトと勉強しています。 働く予定の洋菓子店は、たくさんのリキュールを使う独自性の高いケーキが特徴。私も将来、韓国の 素材を生かして独自のお菓子をつくりたいです。

(掲載年度:2021年度)

「売るための製品」を作る経験で 作業の細やかさもワンランクアップしました!

中学生の頃から「どうやってパンをつくるのか」「なぜ膨らむのだろう」と 思っていました。今でも「なぜ」を大事に、疑問はすぐに質問していますが、 先生方はユーモラスで素敵です。今日は他科学生に配るチョコブレッドと シュトーレンを作りました。「売れるレベルの製品」は、大量につくりながら 形も大きさも揃うよう気を遣います。将来は長くパンに携わりたいので、ホ テルのベーカリーが続けやすいと思い希望しました。先生がこまめに情報 をくださり無事に第一志望に就職決定。ある外部講師の先生が、和洋の 素材を組み合わせたりと実験的で、そのような柔軟な発想で新製品を生 み出したいです

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

製菓、製パン専門学校における、本校の立場、教育とは。

  • 三浦 秀一先生

 日本菓子専門学校は、日本では唯一、菓子業界が設立した学校です。本校に入学した学生の皆さんは、将来、洋菓子、和菓子、パンの世界での「夢」を実現のために、楽しみながら勉強、努力しています。そして、この学生の皆さんの若い情熱に責任を持って、真面目に真正面から応える学校です。
 そのため、教職員全員が、学生の皆さんに「本校への入学を選択して間違いがなかった、良かった」と卒業後に言ってもらえるように、また業界からも「日本菓子専門学校の学生の皆さんは素晴らしい」と言ってもらえる学校にするための努力を求められる学校だと思っております。このような環境で、切磋琢磨することで、着実に力を身につけることができるのです。
 専門学校における教育は、義務教育ではありません。本校職員と学生の皆さんの信頼関係が、より大切な教育のための要素となります。
 このコロナ禍の中においても、2020年度の学生授業出席率が約98%と高く、これは職員の熱意と学生の皆さんが真面目に取り組む校風が表す数字だといえるでしょう。また、卒業後の就職希望者の就職率が毎年ほぼ100%という結果も本校の誇りを表す数字ともなっております。
 この入学案内をご覧になる皆さんの「夢」を実現するために、オープンキャンパスへのご参加はもちろん、日常授業の学生たちを是非ご自分の目で確認して夢への第一歩を踏み出してください。

(掲載年度:2021年度)