大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
東放学園映画専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

音楽を奏でるように、映画をつくってみたかった

  • 行定 勲さん
  • 映画監督/セカンドサイト所属/おもな作品は『劇場』 『窮鼠はチーズの夢を見る』など

Q.2020年にリモート制作で手がけたショートムービーへの思いは?

コロナ禍によって映画館が封鎖されるという事態を目の当たりにして、今やれることは何かと考えたとき、僕が感じたのは“音楽を奏でるように映画をつくりたい”ということ。震災時に立ち上がったミュージシャンたちがそうだったように、僕ら映画人も、リモート収録やライブ配信という手段を使えば、リアルタイムに人々の心に寄り添う作品を届けることができると考えました。そうして生まれたのが、『きょうのできごと a day in the home』など一連のショートムービーです。感染防止で近づくことが許されない男女の姿など、ラブストーリーの肝になる“距離”という設定をコロナが与えてくれたから、題材としても非常に面白いものになりましたね。

Q.少年時代に映画『影武者』(黒澤明監督)の撮影現場を見たことが原点だとか?

騒然とした現場の空気にすごい熱量を感じたし、忘れ難い経験でしたね。完成した映画を観てみると、それは自分の想像をはるかに超えたものでした。子ども時代に想像を超えたものを見るという経験は貴重ですよね。そして、あのとき現場で甲冑に泥を塗っていたおじさんたちの一つひとつの作業が、この映画のリアリティ、迫力を生んだと子どもなりに理解したわけです。映画の細部をつくっている黒澤組の“スタッフ”にあこがれて、「あのひとりになら自分もなれるんじゃないか?」と思ったのが僕の原点。今思えば映画監督ではなく、そこをめざしたことが僕にとってよかったのかもしれません。

Q.映画を志す人へメッセージを!

表面的なうまさよりも、なぜその表現にたどり着いたのかというプロセスが大事。海外の映画祭を見ていても、先進国でない国の映画人たちがつくった無骨な作品の方が、よほど新しくて衝撃的だったりする。全然ヘタくそでいいんです。自分が求めているものは何か?という純度を大切にして、映像制作にのぞんでほしいですね。

(掲載年度:2022年度)

繊細に、ダイナミックに、CGに動きの表現を与える仕事

  • 丸山かおりさん
  • (有)オレンジ/CGアニメーター/『ゴジラ S.P〈 シンギュラポイント〉』『蒼穹のファフナー THE BEYOND』

Q.アニメ制作にはさまざまな役割がありますが、そのなかでもCGを選んだ理由は?

学生時代は、作画と撮影(動画や背景などの素材をひとつにまとめる作業)のどちらに進もうかと、ギリギリまで迷ったのですが、CGなら絵も動かせるし、カメラワークを担う撮影の作業にも関わることができます。アニメ制作のデジタル化が進むなかで、将来性も考えてCGを選択しました。

Q.具体的にはどんな作業を?

アニメのCGには大きく分けてCGの原型をつくる“モデリング”とそれを動かす“CGアニメーター”の役割があり、私が担当しているのは後者。主要キャラクターからロボット、怪獣、乗り物まで、動かせるものは何でも動かします。

Q.仕事で大切にしていることは?

動きばかりに目がいきがちですが、構図やキャラ同士の距離感、ポージングなども、絵作りに大きな影響を与えます。指先の形ひとつでも、印象が変わるので奥が深いですね。演出意図から外れない範囲で、自分のアイデアを提案していくことを常に心がけています。将来的には、CGディレクターができるくらいまで成長できたらいいなと思っています。

Q.学生時代に努力していたことは?

映像編集加工ソフトのショートカットをとにかくたくさん覚えていました。おかげで入社当初から「作業が早い」と評価されましたし、より多くのカットに関わることができました。新人時代は自分がどれだけがんばれるかが大事。才能とかは考えずに“できるようになる”ことだけを考えて、努力を続けてみてください!

(掲載年度:2022年度)

地道な努力秀才タイプにはチャンスは広がっています!

  • 棚架ユウさん
  • 小説家/おもな作品は『転生したら剣でした』『出遅れテイマーのその日暮らし』 『デッキひとつで異世界探訪』

Q.小説『転生したら剣でした』は、Web小説投稿サイトから火がついた作品ですね。

執筆にあたっては、まず小説投稿サイト『小説家になろう』のヒット作の傾向や未開拓のテーマなどをすごく研究しました。そのうえで今までになかった“剣への転生”を描きつつ、ライトノベルの王道を守った作品にしようと思ったんです。

Q.書籍とネット小説に違いはありますか?

ネット版は一話ごとに小さな“ 読者を惹きつける要素”がないとすぐに飽きられてしまうのに対し、書籍版はむしろ一冊の起承転結のうねりで読ませることが大切。『転生したら剣でした』の書籍化では、大幅に加筆・修正を行い、イベントの順序を入れ替えたりしています。

Q.小説家になって一番うれしかったことは?

感慨深かったのはドラマCD化。自分の作品に声優さんが関わっていただけるなんて思いもよらないし、オタクとしてはもう最高です(笑)。締め切りに追われてめっちゃ大変なときもあるけど、5年前は「ああ、もう締め切りに間に合わないっ!」って叫んでる自分の姿が夢だったので、文句はいえません(笑)。

Q.小説家のタマゴたちへのアドバイスは?

“つまらなくても、書くのが修行”という気持ちで続けてほしいです。昔はごくわずかな天才たちが出版社に拾い上げられ、ほかの人たちは脱落していたけど、今はWeb小説という場があります。地道な努力秀才タイプにも、チャンスは広がっていますからね。

(掲載年度:2021年度)

スマートフォン版はこちら