進路ナビ公式facebook

大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
東京服飾専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

自分に必要なことを教えてくれる現場研修

衣装を通して、アーティストや他のスタッフが考える素晴らしいエンターテイメントに携われていることが今の仕事の魅力ですね。みんなで同じ方向を目指せるよう、何度もディスカッションしたり
、常にリスペクトの気持ちを大事にしています。tfac研修制度は、
プロの現場で「何をしたらいいか」「今の自分に必要なこと」を知れる貴重な機会。
僕自身も参加したことで、目標や夢を叶えるための次のステップに進みやすくなりました。
スタイリストをはじめ、ファッションの世界には色んな仕事があります。
まずは、やりたいことにどんどん挑戦して欲しいですね。

(掲載年度:2022年度)

いつでも相談にのってくれる先生がいます

パンフレットから伝わるアットホームな雰囲気や、学生たちの楽しそうな写真を見て入学を決めましたが、まさにその通りでした。tfacには、色んな企業で働いていた先生方がいらっしゃるので、
業界や就職について、知りたいことをすぐに聞ける環境がありがたかったですね
。卒業後も、仕事について親身に相談にのってもらっています。
ファッションビジネスには、様々な職種が関わっていますが、
私が担当するプレスのお仕事で重要なのは、ブランドの知名度を上げること。
自分で企画したコンテンツや、プロモーションが話題になると嬉しいですよ。

(掲載年度:2022年度)

tfacは個性を伸ばせる学校

tfacには、自分が求めていたカリキュラムとピッタリはまった感じがありました。
月ごとに色んなイベントがあったのも魅力でしたね。この学校で、
個性を伸ばせたら良いなと思いました。授業では、製作を通して服作りの
基本から完成までの工程を学ぶことができますよ。僕は今、企画部に所属し、
洋服の設計図のようなものを描いていますが、“あの商品良かった”と
声をかけて頂いた時の達成感が何よりのやりがいです。
洋服は生きていくうえで必要不可欠なもの。
ファッションに携われることの楽しさ、好きという気持ちを忘れずに
いてもらえたら嬉しいですね。

(掲載年度:2022年度)

先生からのメッセージ

“やってみたい”!という気持ちを大切にしてください!

  • ジョノー・エロイーズ先生

デザイナーとは、世の中の動向や流行に興味を持ち、リサーチすることが大切です。
そのうえで、ぜひ“やってみたい”!という気持ちを大切にしてください!
授業では、私はのファッションに対する情熱やさまざまな海外ブランドで培ってきたノウハウを
学生のみなさんと共有したいと思っています。
頭に浮かんだアイディアや世界観が、1枚の洋服を通して表現できるようになる
喜びを是非体験してください。

(掲載年度:2022年度)

多彩な学びの機会が魅力です

  • 鷺典子先生

授業を通じて培った技術を、衣装制作などの製作現場に参加する研修で試すことができる環境が特徴です。学生時代から身に付けた技術を、実践することができるというのは貴重な機会ですね。
印象的なのは全校一丸となって作り上げる卒業制作ショー。全力を尽くす姿は勇気と感動をもらえますね。

(掲載年度:2022年度)

自分のリアルな経験を伝えていきます

毎週の授業では、コーディネートの組み方や小物の使い方などのスキルを教えています。私もtfacの卒業生なのですが、自分が在学していた頃と変わらず、先生と学生の距離が近くてアットホームな雰囲気がいっぱいの学校です。先輩として学生に一番近い存在でありつつ、先生として自分のリアルな経験を伝えていくように心がけています。

(掲載年度:2022年度)