大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

岐阜県 私立短期大学
平成医療短期大学

school

先生・先輩

先輩の声

チューター制度により、担当の先生方が熱心に指導してくれます

現在の医療現場ではチーム医療が推進されており、多職種との意見を交換し、よりよい医療を提供することが求められます。そのためには基本的かつ専門的な知識や技術を身に付けることが必要です。日々の勉強は専門分野ばかりで難しいことも多く、心が折れそうになりますが、当校の特色でもある「チューター制度」により、わからないことを無くそうと先生方が熱心に指導してくれます。その指導に基づき毎日コツコツと勉学に励むことが、自分自身の糧となり、結果、良い医療人に成長できることにつながります。また、自習室が新設されるなど施設についても充実しており、自分のペースで勉強に取り組むことができています。

(掲載年度:2021年度)

体だけでなく心理面からもサポートできる作業療法士になりたい

私は、作業療法士の体だけでなく心理面からもサポートできるところに魅力を感じて、この学校に入学しました。入学当初は、高校までとは全く違う学習内容や知識量に戸惑い、ついていけるか心配でした。しかし、クラスメイトと助け合ったり、いつでも親身に相談にのってくださる先生方や先輩方に支えられて、大変ではありますが楽しく学ぶことができています。また、実習地では卒業生が働かれており、安心して実習を経験することができました。そして、私もあんな作業療法士になりたい!という気持ちが強くなりました。入学して2年経ちましたが、この学校を選んで本当に良かったと感じています。私たちと一緒に作業療法士を目指しませんか。

(掲載年度:2021年度)

視能訓練士は他の医療職と異なったメリットを感じました

私は他専攻を目当てに当校のオープンキャンパスに参加した際に、視能訓練士という職業を知りました。視能訓練士という職業を調べていくうちに、働き方ややりがいの面などで他の医療職とは異なるメリットがあることや、当専攻のオープンキャンパスでの学生と教員の雰囲気の良さに魅力を感じ、入学を決めました。授業は難しい内容が多いですが、その分「わかった」ときの充実感は大きいです。これから、検査や訓練の理論や技術を習得する演習の授業が始まります。先輩方を見ていると大変そうですが、ここでしっかり学び、研鑚を積んで優秀な視能訓練士になりたいと思います。

(掲載年度:2021年度)