平成医療短期大学の先輩・先生方の声

先輩・先生の声

キミへの

先輩からのメッセージ

  • 知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力も必要とされる職業です。
    • 3年生
    • 山上 海音さん
    • 3年生
    • 山上 海音さん

    学部・学科・コース看護学科の詳細はコチラ

    看護師の仕事は療養上の世話や、診療の補助を行うことです。さらに、そのほかにも医師と患者、患者とその家族の「架け橋の役割」もあり、知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力も必要とされる職業です。
    看護学科では、90分間の中で重要な疾患や看護だけでなく、先生の体験談を聞いたり、国家試験問題を解いてみたりなど、どの教科も内容が濃く、充実した授業を受けることができます。また、授業の中でのグループワークや演習で自分が調べたことについての発表や意見交換、時には医師や歯科衛生士など他職種の学生と意見交換を行う多職種連携教育でコミュニケーション能力を身につけることができます。課題や実習など毎日コツコツ勉強することは大変ですが、同じ夢をもった仲間と支え合って頑張っていきたいです。

    掲載年度:2022年

  • 作業療法士の作業とは「人と社会を繋ぐ」接点です。
    • 3年生
    • 丸山 葵さん
    • 3年生
    • 丸山 葵さん

    学部・学科・コース作業療法専攻の詳細はコチラ

    私が平成医療短期大学を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加した時に先輩・先生を含めた専攻の雰囲気がとても良いと感じたことと、熱心な国家試験対策のうえでの合格率の高さです。私はこのような環境で人の役に立つことのできる作業療法士を目指してみたいと思い、この学校を選びました。勉強は専門的かつ覚えることも多くとても難しいのですが、周りのみんなと共に意見を出し合いながら学ぶことで、確実に自分自身の成長につながると思います。不安な気持ちなど多くあると思いますが、あなたもこの学校で作業療法士を目指してみませんか。

    掲載年度:2022年

  • 学生の主体性を大切にする自由な気風と礼儀礼節などの社会人に必要な基礎力が身につくことが魅力
    • 2年生
    • 本川 あいさん
    • 2年生
    • 本川 あいさん

    学部・学科・コース視機能療法専攻の詳細はコチラ

    平成医療の視機能療法専攻は日本で唯一、視能訓練士国家試験受験資格を短期大学で取得できるコースです。3年制でありながら大学の先生からのしっかりとした専門教育が受けられることや、そうした教育を受けるために全国から集まるモチベーションの高い学生の中で切磋琢磨できる環境が大きな魅力です。
    また、学生の主体性を大切にする自由な気風や礼儀礼節マナーについての徹底した指導、プレゼンテーション・議論の機会などを通じて社会人としての基礎力が着実に身についていくのも魅力です。将来は自分らしく活躍することで地域医療に貢献するかっこいい視能訓練士になりたいです。

    掲載年度:2022年

先生からのメッセージ

  • 東海地区屈指の伝統校であり、卒業生や臨床現場とのつながりが強み
    • 学科長・専攻長・教授
    • 長谷部 武久先生
    • 学科長・専攻長・教授
    • 長谷部 武久さん

    学部・学科・コースリハビリテーション学科 学科長・専攻長・教授

    理学療法専攻は、前身である岐阜リハビリテーション専門学院の時代から理学療法士養成が行われ、平成21年に3年課程の私立短期大学として開学しました。設立35周年を迎え、東海地区でも屈指の歴史と伝統のある学校です。多くの理学療法士を養成し、1,700名以上の卒業生が全国で活躍しています。歴史と伝統がありますので、臨床実習や教育活動、就職など色々な場面で恵まれています。
    当専攻の魅力は、教育・研究・臨床において高い実績を持ったスペシャリストの教員が揃っていること、そして教員と学生の距離が近いことです。兄弟や姉妹での入学者が多いのは、その証拠のひとつだと思います。また、多くの学生が卒業後も本学を訪ねてくれます。
    是非、オープンキャンパスなどで当専攻をご訪問ください。一緒にお話しすることで、皆様のキャリア形成のヒントが得られると思います。教員・在校生ともども、お待ちしております。

    掲載年度:2022年

  • 作業療法士は「その人らしく、安心して生活することが出来るよう」支援を行う仕事
    • 専攻長・教授
    • 加藤 清人先生
    • 専攻長・教授
    • 加藤 清人さん

    学部・学科・コース作業療法専攻 の詳細はコチラ

    作業療法士は、「心身の正常な構造と機能を理解した上で、対象とする人々の作業遂行の課題を捉え、年代にかかわらず、その人らしく、安心して生活することが出来るように心身機能の回復、日常生活活動・社会参加活動の改善を支援できる」仕事です。ぜひ、このパンフレットに掲載されている作業療法専攻における教育である「作業療法の魅力」を感じてください。作業療法専攻の学生には、作業療法に関する充実した教育に加え、地域生活を営まれている方々との活動を通して病院や施設で必要となる実践力を身に付けられるよう多くの体験をしてもらいます。
    特徴として、初年次からアクティブ・ラーニングによる教育や臨床指導者を交えた学内演習、地域生活者との交流にも取り組んでいます。
    我々は、こうした教育活動を通して、科学的思考力を身に付け、円滑な人間関係を築けるよう全力でサポートしながら若い仲間を育てます。
    わたしたちと共に地域で貢献できる作業療法の世界を創りましょう。

    掲載年度:2022年

  • 人が得る情報の80%は眼から、その眼科検査のスペシャリストを育てます
    • 専攻長・教授
    • 松井 康樹先生
    • 専攻長・教授
    • 松井 康樹さん

    学部・学科・コース視機能療法専攻 の詳細はコチラ

    視能訓練士は眼科医療従事者として、視力検査をはじめとする多種多様な眼科検査や乳幼児の視機能を育てるための検査及び訓練・治療に携わります。検査や訓練を早く正確に行うためには、目の病気や眼科検査の知識や技術が必要となります。また、眼だけでなく脳や前身の知識も必要となります。さらに検査の対象となる患者さんや医師とのコミュニケーション能力も必要となります。
    当専攻は1988年に開校した長い歴史があり、現在は日本で唯一の短期大学として、眼科医療従事者として求められる視能訓練士の育成を目標としています。そのために眼科医療に関する知識や技術を修得するための講義と演習を配置しています。また眼科診療を学ぶために、1年次には隣接する平野総合病院での見学実習を、2年次と3年次には大学病院などで実習をする臨地実習を配置しています。
    このように眼科医療従事者にもとめられる高度な技術を幅広く修得するだけでなく、眼科以外のさまざまな領域でも活躍できる思考力と探求心を兼ね備えた人材の育成を目指しています。

    掲載年度:2022年

平成医療短期大学の関連コンテンツ

関連キーワードを選択して学校をさがす

学校の種類

エリア・都道府県

学びたい分野

おまかせ資料請求で
無料プレゼント

おまかせ資料 無料プレゼント おまかせ資料 無料プレゼント

「どの学校を選べばいいかわからない…」「行きたい学校が決まらない…」そんな学校選びに迷っている高校生へ
「興味のある分野」「通学希望エリア」をえらぶだけで、進路アドバイザーがおすすめする学校の資料をお届けします(無料)!

「かんたん3STEP」で完結!

  1. 学校の種類と気になる分野・系統を選択
  2. 通学希望エリアを選択
  3. 送付先を入力

学生さんを応援し隊!

今なら人気のガイドブックを
無料プレゼント中!

資料請求する