大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

京都府 私立大学
京都美術工芸大学

TEL
0120-33-3372(進学サポート室)
E-mail
nyugaku@kyobi.ac.jp
URL
https://www.kyobi.ac.jp
school

先生・先輩

先輩の声

「緑」という自分の名前を大切に、エコな発想を建築に生かしていきたい。

私の目標は、「エコ」な建築を追究していくこと。大量の廃 棄物が出る建設業界も「もったいない精神」で取り組めば、 もっと省資源で環境に優しくなれるはずです。二級建築士 の資格取得もKYOBIの大きなメリットですが、私の場合、 友だちと自作の「暗記カード」を用いて問題を出し合い、 ゲーム感覚で学科の暗記を乗り切ることができました。こう したKYOBIでの学び、取得した資格を生かして、環境や健 康を重視した「エコな建築」が当たり前になる世界をつくっ ていきたいです。

(掲載年度:2020年度)

さまざまなコンペに参加して、自分の可能性を発見し広げていきたい。

高校でデザインを学んでいたこともあり、京都でさまざまな領域 のデザインをより専門的に学ぶために入学しました。印象に残っ ている授業は、3年次前期の立体造形です。単に作品を制作す るのではなく、90年代以降のアーティストの生い立ちや発想を 追体験し、自分なりに理解した造形に挑むという課題でした。 作風をまねて、表現をなぞるのではなく、その生き方にも迫らな ければならず苦戦した思いがあります。そんな経験を重ねながら、 また先生の勧めもあり、いま各種コンペに積極的に参加しています。 各種ポスターコンテストで入選でき、二本松学院30周年の記念 ロゴにも採用されました。入学を志す皆さんも、ぜひコンペに積 極的にチャレンジしてほしいと思います。

(掲載年度:2020年度)

学んできた技術をさらに高め、人のためになる「ものづくり」をめざします。

高校では、日本画、陶芸、木工などさまざまな工芸を学びまし た。大学では本格的な家具作りに取り組みたいと思い、指物 や拭き漆などの多様な技法が学べるKYOBIへ入学。いま取 り組んでいる卒業制作は、「収納を楽しむ飾り棚」です。ただ 収納するだけでなく、収納物の魅力を何倍も引き立てる工夫 を随所に取り入れました。KYOBIは専門分野だけでなく、美 術工芸全体について深く学べる大学です。「美学」「工芸概論」 の授業などで得た深い知識をもとに、使う人に喜んでもらえ る木工製品づくりにずっと携わっていきたいと考えています。

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

ごあいさつ

京都美術工芸大学(KYOBI)は、2012年に学校法人二本松学院の主要校として、新しい文化の創造を担 うクリエイターを育成することを目的に、日本文化の中心である京都に開学しました。本学は、全国で唯一 の工芸学部をもつ大学として、その教育理念は建築と美術工芸の融合であり、「バウハウス」の考え方に 共通するものがあります。既設のグループ校である京都建築大学校(KASD)および京都伝統工芸大学校 (TASK)は、それぞれ建築分野と伝統工芸分野の人材育成に豊富な実績を有しており、これらの学校とと もに京都府や京都市からの支援を受け、京都の文化や芸術をさらに発展させられる、創造的な芸術や技術 の担い手を送り出すことを自らの使命としています。2020年には大学院を開設し、さらに専門的な研究と 一級建築士の最短合格をめざすなど、高度な専門職業人の育成に取り組んでいます。また、本学は実践と 理論の両面に軸足を置くユニークな大学として、国内外からも注目を集めています。フランスなど海外の学 校とも提携し、クリエイティブな交換留学も実施しています。あなたもこのような環境で学び、自分の可能 性を最大限に発揮していきませんか。世の中を変えていく高い志をもったクリエイターを待っています。

(掲載年度:2020年度)