大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立大学
名古屋文理大学

school

食品メーカーコース、食品流通コース、フードサービスコース

将来を見据えた実践的カリキュラムが「食」のプロフェッショナルを育成します。

学部・学科・コース情報

「食品メーカーコース」
食生活の多様化に対応するため、複雑化し拡大する加工食品分野について、食品製造の歴史や各業界の特徴、製造に関する専門知識を学びます。

代表的な授業
「食品官能評価」
人間の味覚を含めた五感を使って、食品のおいしさや特徴を判定していきます。
実際に食品を試食して、おいしさや特徴など評価しながら手法と手順について学んでいきます。また実際に官能評価を企画運営し、パネリスト(評価者)と両方を体験することで理解を深めることができます。
「商品開発関連」 
現場と同じ工程で、商品開発に関する基礎知識を習得しますより深めることができます。
食の商品開発の流れや必要な知識・スキルの基礎を学ぶ授業です。企画から市場調査、プレゼンテーションまでの一連の作業をチームで行い、食品関連企業で必要となる総合的な力を養います。

「食品流通コース」
「食品卸売業界」や消費者に直結する「商品小売業界」それらを取り巻く関連業界分野について産業構造の変遷や特徴、各業界の構造や特徴、課題について学びます。

代表的な授業
「フードコーディネート論 」
フードコーディネーターとしての役割を理解し、基本的な知識を身に付けます。
フードコーディネーターという職業の大要と各分野での仕事の役割を理解し、栄養摂取としての「食」とともに文化としての「食」、フードサービスとしての「食」のあり方を理解することを目的とします。

「フードサービスコース」
レストラン、カフェ、ケータリングや配食サービスなどのフードサービス分野について、業界の歴史から経営実務まで、理論から具体的な実務に即したものまで多面的に学びます。

代表的な授業
「チェーンストアシステム研究」 
実際の企業をケーススタディとして、チェーンストアシステムの社会的意義と知識を習得。
この授業では、チェーンストアシステムの理解を通じて、大多数の国民の日常生活に本当の"豊かさ"を実現することの意義を確認します。さらにチェーンストアを指向している実際の企業をケーススタディとして取り上げ研究し、このシステムを支える幅広い分業形態と標準化を推進するための原則や具体的な手法を学んでいきます。チェーンストアシステムの社会的意義を正しく理解するとともに、このシステムを担うスペシャリストとして必要な知識の修得をめざします。
 

スマートフォン版はこちら