相談内容|AO入試は推薦入学の「自己推薦」とどこがちがうのですか。

みんなの進路相談

相談内容
AO入試は推薦入学の「自己推薦」とどこがちがうのですか。

AO入試は推薦入学の「自己推薦」とどこがちがうのですか。

回答

 学校によって求める要素は異なりますが、自己推薦入試では一般に受験生の個性(一芸)が重視されます。対してAO入試では学校(学部・学科)が求める学生像との適合性や将来への意欲などが評価されます。

 一見、似ているように見える二つの入試方式ですが、実際には評価される点がまったく異なることが分かるでしょう。



 この試験の性格の違いもあり、自己推薦入試では1回程度しか行われない面接が、AO入試では複数回行われることになります。

 AO入試では、予備面談やグループディスカッションなどを通して受験生の人間性を確認し、求める学生像に近い人材であるのかどうかが確かめられていくことになります。裏を返せば、複数回の面談を通して、受験生も志望校のことを正しく評価できるわけです。

 これらのプロセスを通して、受験生と学校側の両方がお互いのことを理解し合えるため、入学後の「ミスマッチ」を減らせるのがAO入試の利点と言えます。

2015年07月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら