相談内容|高校中退。22歳。こんな私でも大学を目指せますか?

みんなの進路相談

相談内容
高校中退。22歳。こんな私でも大学を目指せますか?

今年22歳になる店頭販売員です。 高校中退後、アルバイトからの正社員登用で現在の仕事に就きました。 これまでは仕事に対して特に不満もなく、むしろ他人よりも早く社会に出られた優越感を感じていたのですが、中学時代の友人達が大学を卒業する時期となり、大学生活や就職活動の話を聞いているうちに、だんだんと不安になってきました。 「現在の職場で40~50歳まで働けるのか」「もし失業したら中卒では再就職先がないのでは」などといった不安を感じ始めたのです。 中学時代の部活動の顧問の先生に相談したところ、「まだ間に合う」と言われ、もう一度、高校からやり直したいと強く強く思っています。 そこで質問なのですが、高校偏差値で50前後の工業高校に通っていた私でも、24歳までに、通信制高校を卒業して、大学に入学できるでしょうか。できればMARCHか東京理科大学に入りたいと考えています。 可能性が0でないようなら、退職も借金(奨学金など)も辞さないつもりです。厳しい意見でも構いませんので、アドバイスをお願いします。

回答

 大学に進学したいとのことですが、それは何か具体的な目的があってのことでしょうか。

 税理士や公認会計士の資格を取るために商学部に進む、理学療法士などの医療系(コ・メディカル)の資格を取るために医療系学部に進む、教員免許を取得して教師を目指すために教員養成系学部に進むなどのように、卒業後の就職=人生設計に直接繋がるような進学であればよいのですが、ただ、学歴を得るためだけに進学するというのであれば、それは避けた方がよいでしょう。

 現在は、学歴だけで就職できる時代ではありません。MARCHのような有名大学であってもそれは同じです。

 卒業時の年齢からして、就職先の幅がかなり狭まることが予想されますので、新卒採用市場の状況を事前によく調べて、多少年齢が高くても不利にならない分野(例:国家資格が前提となる医療系や福祉系)を選ぶなどして進学していく必要があるでしょう。

 支払う学費に見合う分だけの成果が期待できないのであれば、現在の仕事をなげうってまで進学する価値はないと考え、しっかりと進路を検討していくべきです。

 奨学金や教育ローンを利用して費用を工面するつもり、とのことですが、奨学金等は低金利とはいえ、借金であることに間違いはありません。後々、返還することを考えるならば、利用は慎重にしていかなければなりません。

 可能ならば、働きながら通える夜間部や通信制学部の利用も検討してみるとよいでしょう。

 入試については、学力的に一般入試での進学は難しいと思われますが、社会人経験を活かして、社会人入試やAO入試などで進学できる可能性はあると思います。ネットなどで情報収集をすれば、社会人入試で進学した人の話なども見つかると思いますので、参考にしてみてください。

 何はともあれ、まずはライフプランをしっかりと立ててみることです。

 目指す職業をはっきりと決め、その仕事に就くために必要となる学歴や資格を確認し、それに合わせて進学先などを決めていきましょう。

 目指す分野によっては、大学にこだわらず、専門学校も候補に入れていくとよいでしょう。

 大学と比べて修業年限が短いことが多い分、同じ資格を取るならば、費用面で専門学校の方が有利になる場合もありますので、よく調べてみてください。

 いろいろと大変なことも多いかと思いますが、「千里の道も一歩」からの心構えで、一歩一歩着実に進むようにしてみてください。応援しています。

2015年04月更新

答えは見つかった?
なら次のステップにGO!

資料請求するとプレゼント🎁と交換できるポイントがもらえます✨

スマートフォン版はこちら