研修医 まどか  さん |語る!仕事人スペシャルインタビュー

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

語る!仕事人 スペシャルインタビュー

研修医

まどか  
まどか 

「あの先生に任せたんだから、きっと平気だよね」って安心感を与えられる医師になりたい

幼いころ「お医者さんってかっこいいな。大きくなったらお医者さんになりたいな」って思っていて、そのまま現在に至ってます。

研修医 まどか  さん

千葉県出身。大学の医学部に進学、卒業後初期研修医期間を経て、現在は後期研修医として某病院の泌尿器外科で活躍中。

勤務先
某病院 
年齢
20代後半
勤務時間
1日約13時間
週末は3時間程度
賃金
秘密

仕事内容

外科医なので、メインの仕事は病棟管理と週2〜3回の手術や検査になります。恵まれた環境で、小規模の手術は片っ端から執刀させてもらっています(勿論上級医の指導の下ですが)。大体8時頃に出勤して、手術日は22時頃まで、手術のない日は20時頃までの勤務が基本となります。その他には当直をしたり、学会発表をしたり。科によって違いますが、基本的に週末は数時間勤務ですので、プライベートの時間は確保されています。

仕事に就いたきっかけ

元来スーパー運動音痴なこともあって、骨折やら靭帯損傷やらで整形外科によくお世話になることが多かったのですが、その時担当してくれていた先生がいつも笑顔で優しくて、名前も憶えてくれてて(カルテ見て診察してるから当たり前っちゃあ当たり前ですが(苦笑))学校の話とかも色々聞いてくれたんです。
幼いなりに「お医者さんってかっこいいな。大きくなったらお医者さんになりたいな」って思っていて、そのまま現在に至ってます。

良いところ、大変なところ

良いところは患者さんに感謝してもらえるところです。日本人って思ったことをそのまま言葉に出さない人が多いですが、患者さんは割と感情そのままに表現する人が多くて、「ありがとう」って言ってもらえると素直に嬉しいです。大変なのは手術ですね。前日睡眠不足だったりすると長時間の手術はかなり体力的に厳しいものがあります。予期せず長時間になることもあって、その時は精神力と集中力をフラットに保つのが大変です。

印象に残っている出来事

初めて執刀した手術は印象に残ってます。当日はガチガチで先輩たちに何度も手順を確認して手術室に入り込んだのを覚えてます。頭では分かっているつもりだけど、目の前に立ってる先生に色々と質問されると段々訳が分からなくなってきて、「すみません」を連呼してました。最終的に「お前は何に謝ってんだよ、そこは謝るところじゃないだろ」って突っ込まれるほどに(苦笑)

仕事でのこぼれ話

手術中ってドラマとかだと厳粛で荘厳なイメージで描かれてることが多いですが、割と和やかな雰囲気で行われていることも多いです。予定通りに(もしくは予定よりも順調に)進んでる時は看護師さんも交えて、恋愛や食事、ダイエットの話をしたりすることもあります(勿論集中しなきゃいけないところは静かになりますが)。そこで「●●先生が看護師の○○さんと付き合ってる」なんて情報を耳にすることもあります(笑)

今後の夢・目標

もっと色んな手技を身につけて、早く後ろ盾なしで一人で手術や検査をできるようになるのが当面の目標です。あとは海外の学会発表で必要になる英語力を身につけなければと思っています(思っているんですが、現在はまだ何もしておらず・・・)。将来的には、漠然とした表現になりますが、「あの先生に任せたんだから、きっと平気だよね」って安心感を与えられる医師になりたいです。

仕事人から読者へ

きっとどの職業に就くとしても内容や方法は違えど勉強は大切だと思います。医師も御多分に漏れず日々の勉強が必要になります。勉強嫌いって人も多いでしょうが(私もその一人で、試験という言葉見るだけで蕁麻疹出そうになります(苦笑))、どんどん進化する医療に乗り遅れぬようにしなければなりません。あとは、精神力。頭より心の強さを身につける方が大事かなって思うことも多いです。

お仕事 ワンポイント!

仕事で接する人

医師、看護師、患者さん、製薬会社の社員さん など 

必需品

物ならボールペン、スマホ。物以外ならへこたれない精神力

役に立つ資格
  • 医師免許:役立つというか必須ですが
大事にしているものは

フラットな状態で働けるように、ストレスはためこまず、趣味でしっかり発散する。

趣味

野球観戦、ウォーキング、おいしいものをひたすら食べる

INFORMATION

『まどか26歳、研修医やってます! 』
 水谷緑著
株式会社KADOKAWAより発売中

「手術ってなんかかっこいい! 」その一念で医師を志した若月まどか。
しかし現場はそんなに甘くなかった!
逆境にもへこたれず男だらけの激務な職場で、生命と真剣に向き合い一人前の医師を目指してグングン成長していく女の子のお仕事コミックエッセイ!


Amazon書籍紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4040677676

(掲載日:2015-10-13)

医療関係の仕事について調べてみよう

医療関係のほかの仕事人を見る

医師 /三田勝さん
医師 三田勝さん
まずは相手の立場にたって物事を考える
研修医 /まどか さん
研修医 まどか さん
「あの先生に任せたんだから、きっと平気だよね」って安心感を与えられる医師になりたい
薬剤師 /長山りえこさん
薬剤師 長山りえこさん
一生使える資格を取得したいと思って
薬剤師 /T.Kさん
薬剤師 T.Kさん
患者様の命に関わる、責任ある仕事です
薬剤師 /天野徹さん
薬剤師 天野徹さん
健康・薬に興味があったことがきっかけです
看護師 /竹田優子さん
看護師 竹田優子さん
「人が好き」これが大事
看護師 /大塚望未さん
看護師 大塚望未さん
自分の進路を決めるにはたくさん悩んで相談して、実際に経験してみることが大事!
訪問看護師 /柴田三奈子さん
訪問看護師 柴田三奈子さん
病気を看るだけではなく 「生活」を支えるのが役割です
看護師 /鬼頭佳代さん
看護師 鬼頭佳代さん
目の当たりにした現実に一つひとつ向き合っていきたい
保健師 /H.Cさん
保健師 H.Cさん
病気の予防の重要さを感じて・・・
言語聴覚士 /T.Mさん
言語聴覚士 T.Mさん
1歩1歩良い関係を築いていく、地道な仕事
理学療法士 /S.Aさん
理学療法士 S.Aさん
高校時代、陸上競技でのケガがきっかけです
理学療法士 /内苑大樹さん
理学療法士 内苑大樹さん
リハビリのスペシャリスト!
理学療法士 /長岡洋平さん
理学療法士 長岡洋平さん
いろいろな角度から「みる」ことで 症状の原因を探ることが大事
救急医 /松本尚さん
救急医 松本尚さん
スピードは当然必要、 加えて冷静さも必要な仕事です
救急医(フライトドクター) /八木貴典さん
救急医(フライトドクター) 八木貴典さん
瞬間の判断力とチームを引っぱる力が救急医には必要不可欠な能力です

目指す職業が決まったら学校をさがそう!

医師を目指せる大学・短大(短期大学)をさがす

医師を目指せる専門学校をさがす

医師を目指せる専門教育機関をさがす

進路新聞バックナンバー 私の進路ストーリー 仕事につながる資格を調べよう