専門学校 麻生リハビリテーション大学校の先輩・先生の声

school

福岡県 私立専門学校

専門学校 麻生リハビリテーション大学校

パンフレットをもらう

専門学校 麻生リハビリテーション大学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
092-436-6606  
E-mail
infoarc@asojuku.ac.jp  
URL
http://www.asojuku.ac.jp/arc/  

先輩の声

グループ学習でより楽しく興味を持って学べます

K さん

先輩

理学療法士になるための勉強はもちろん、患者様に関わる上でのコミュニケーションも学んでいます。グループ学習では、自分の意見を一つは持っておくよう意識しています。意見を交換したときに新しい発見があり、より興味を持って授業に取り組めています。また、実践的な授業も多く、理解が深まります。

(掲載年度:2017年度)

患者様を支援するため1日1日を大切にしていきたい

E さん

先輩

限られた勉強時間の中で、休みの日や空いた時間を利用して授業の復習をし、勉強と仕事を両立しています。授業では患者様役とセラピスト役に分かれての演習も行われ、本番さながらの緊張感を持って取り組めています。また、フィードバックしてもらうことで、成長を実感することができます。

(掲載年度:2017年度)

患者様が安心してリハビリできる言語聴覚士を目指したい

H さん

先輩

コミュニケーションなど基礎部分だけでなく、脳の構造や言語について専門的なことを学んでいます。知識を持つことで患者様に信頼していただき、接遇面や意識も、患者様の立場になって親身に考え、安心感を持ってもらえる言語聴覚士になりたいと考えています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 専門学校 麻生リハビリテーション大学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

患者様に寄り添い、共に最良の人生を歩むことのできるセラピストを目指して

原嶋 先生 / 校長代行

先生

麻生リハビリテーション大学校では国家試験の合格はもちろんのこと、患者様一人ひとりの生活をより良くし、最良の人生を歩んでいただくことができるための技術と人間力を備えたセラピストの育成を教育目行としています。医療の最前線で活躍するプロのセラピストである教員が、皆さんの成長のために常に新しく実践的な教育を提供します。
また、多くの本校卒業生たちが医療現場にて必要不可欠、さらに今後も大きな役割が期待されるリハビリテーションを担う現役のプロとして、先輩であり、実習指導者でもある立場で、様々な医療機関・施設において学生たちをバックアップしています。
「人の役に立ちたい、支えたい。」
そのような皆さんの願いをかなえるため知識・技術、そしてあたたかく広い心を持って患者様と一緒にその人生を考えることができるセラピストを目指し、私たちと一緒に頑張ってまいりましょう。

(掲載年度:2018年度)

▲ 専門学校 麻生リハビリテーション大学校の先輩・先生情報トップへ

専門学校 麻生リハビリテーション大学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
専門学校 麻生リハビリテーション大学校のパンフをもらう