職業から進路や進学先を考えよう!!はこちら

語る!仕事人 スペシャルインタビュー 語る!仕事人 スペシャルインタビュー ビオトープ管理士

美しい自然を造る生態系のスペシャリスト

「ビオトープ」は、“地域の多様な野生動植物が生息・生育する空間”を意味する。ビオトープ管理者は、自然生態系の成り立ちを理解した上で、地域の自然生態系を取り戻し、今後の環境づくりを計画・管理する専門家。ビオトープ管理士には「ビオトープ計画管理士」という都市計画や農村計画のプランナーとしての役割と、「ビオトープ施工管理士」という、設計・施工に当たる事業現場担当の技術者としての2種類の役割がある。

進学先ビオトープ管理士になるための進学先

進学先(例)
土木、造園、農業、生態系
大学
社会環境学科、福祉工学科 など
短期大学
生物生産技術学科、緑地環境学科 など
専門学校
環境建築工学科、ビオトープ科 など
卒業後の主な進路
環境ボランティア、行政、各種機関・団体のコンサルタント など

資格ビオトープ管理士の関連資格

  • ビオトープ計画管理士〈1級・2級〉、ビオトープ施工管理士〈1級・2級〉

ビオトープ管理士を目指せる学校を検索してみよう!

その他の業種をさがしてみる

職業マップ

仕事につながる資格を調べよう