大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立専門学校
名古屋リゾート&スポーツ専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

経験もないサッカーのトレーナー。だけど「自分を変えるならこれしかない」と思った。

  • 吉田 茉央さん
  • 亀田総合病院 スポーツ医学科・オルカ鴨川FC 勤務

●本校に入学したきっかけ
高校時代にラグビー部のマネージャーを経験し、誰かを支える仕事にやりがいを感じました。選手ではないですがチームの一員として勝つ嬉しさ、負ける悔しさ、どんな時もチームと共に歩んでいたので、裏方として選手を支えることが好きになり、将来もスポーツ現場に関わる仕事に就きたいと思ったことがきっかけです。

●仕事内容
午前中は、亀田総合病院のスポーツ医学科にてアシスタントとしてドクターの外来の補助をしています。午後は、なでしこリーグ2部のチームでトレーナーとして活動しています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
就職活動中に現場活動先のトレーナーの先生から声をかけていただきました。経験もないサッカー、なでしこリーグ2部のトップチーム。その時の現場活動は男子ラグビーばかりで他のスポーツの現場は観戦で見かける程度でしたが、なぜかその時は「自分を変えるならこれしかない」とピンときたので、見学に行かせていただき、そして地元から遠い地域で心身ともに強くなるにはここしかないと改めて思ったので、このチームに来ることを決断しました。

●仕事でやりがいを感じる時
怪我をした選手が復帰して試合に出た時、試合でチームが勝った時はすごく嬉しいですし、こんな気持ちになるトレーナーの方は数多くいらっしゃると思います。私の中では、アプローチをかけて試合で結果を出せた時には「この選手にはあのやり方で良かったんだ」と自信を持てたり、アプローチをかけてみたけれどコンディションがあまり良くならなかったら、選手と一対一で話して次のアプローチを一緒に考えて、その結果コンディションが良くなっていったり、ということがとても嬉しく、1番やりがいを感じます。

●今後の夢や挑戦したいこと
「私はトレーナーをやっています」と胸を張って言えるように、周りからたくさん吸収し続けます。東京オリンピックが終わった後も世間の子供たちに夢を持ってもらえるよう、興味を持ってもらえるよう、スポーツの楽しさを伝える活動もしていきます。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
学校に通って身につけた知識や技術はどこかで役にたつかもしれませんが、それを社会人になる時に自分の盾として活用するより、なにもかも捨てて一から這い上がる気持ちで就職先を決めたら自分のやりたいことに挑戦できます。

(掲載年度:2020年度)

様々なことにチャレンジを!そして、トレーニングを!

  • 江崎 裕紀さん
  • アイレクススポーツクラブPREMIA 勤務

●本校に入学したきっかけ
高校3年生の時に参加をしたオープンキャンパスで見た先輩方の姿や、学校の明るい雰囲気に惹かれました。クラス単位で同じ目標をもった生徒が集まり、学べるのも自身にとってもよい刺激になるのではないかと思い、入学を決めたポイントです。先輩方の就職先や、就職率も安定し学校のサポートも充実していることも魅力的でした。

●仕事内容
支配人として運営管理(施設・人・お金)の全般を任されています。
もちろん、スポーツクラブで働いているので、トレーナーとしての活動(ジムエリアでのご案内、パーソナルトレーニング)も行い、スタジオインストラクターとしても仕事をしています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
スポーツクラブでアルバイトをしていた時に、働く楽しさややりがいを感じたからです。お客様の要望に応じた、トレーニングメニューの提案をし「体が変ってきたよ」「ありがとう」と言われることはなによりも嬉しいことでした。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
トレーニングの実践です。「マシントレーニング」としての授業もありましたが、学んだことを自分で実践し、継続してきたことは良い経験だったと感じています。弊社でも「実践したことのトレーニングは提案しない」という決まりがありますが、学生時代から少しでもやってきた事は、役立っていると感じます。

●仕事でやりがいを感じる時
お客様から喜びのお声を頂く事はとても嬉しいです。以前、初めて通うスポーツクラブがアイレクスだというお客様に、私がパーソナルトレーニングや水泳法指導などを実施させていただいたところ、みるみる身体が変化して今ではフルマラソンにも出場をされるようになりました。そのお客様に「アイレクスに通って私の人生が変わりました!」と言っていただいたことは、入社して9年間の中でも特に一番の嬉しいお言葉でした。現在は支配人という立場も任せていただき、できないことができるようになった、仕事に対する考え方が変わった、昇格をしたなどという部下の成長も、自身の喜びになりやりがいを感じています。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
学生時代に吸収できることは何でも行うこと!大学生とは違い、2年間という短い期間で同じ社会に出ていきます。自身の成長のために様々なことにチャレンジを!そして、トレーニングを!

(掲載年度:2020年度)