大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
東京リゾート&スポーツ専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

自分が学んだ知識と技術でお客様から感謝されるととっても嬉しい!

  • 坂本 れいなさん
  • 住友不動産エスフォルタ株式会社 勤務

●本校に入学したきっかけ
スポーツが好きで、生涯スポーツに関係する仕事をしたいと思い学校をさがしていました。本校は学校見学をした際に、雰囲気がよく、カリキュラムもしっかりしていて、将来の自分を想像することができたので入学を希望しました。

●仕事内容
ジムのインストラクターをしています。お客様にマシンの説明や使い方などを案内したり、お客様とカウンセリングをし、ご希望に合わせてトレーニングメニューを作成したりしています。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
学校で学んだことは解剖学からトレーニング実技・理論など全て役に立っています。また、先生方が授業でお話してくださったことも、接客をしていくうえでとても役に立っていると感じます。

●仕事でやりがいを感じる時
お客様にトレーニングを指導した際に、感謝していただいたり、楽しそうにお話をしていただくととてもやりがいを感じます。まだ入社2年目なので先輩から学ぶことは多いのですが、たくさん色んなことを挑戦させていただけるので達成したときは嬉しいです。

●今後の夢や挑戦したいこと
挑戦したいこととして、社内テストで同期中1位になることです!!また、レッスン、ジムPTオールマイティーできるスタッフになることが目標です。そのために日々先輩方からたくさん学んで吸収したいと思います。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
スポーツや体を動かすことが好きな人であれば、とてもやりがいのある業界だと思います。自分が学んだ知識と技術でお客様から感謝されると、さらに頑張ろうと思えます。自分の知識や技術が試される場なのでとても楽しいと感じる仕事です。ぜひ、一緒に楽しみましょう!!

(掲載年度:2022年度)

トレーナーという仕事は常に考え、学び続け、成長し続けることが大事

●本校に入学したきっかけ
アスレティックトレーナーの資格取得ができる学校を探し、オープンキャンパスで対応してくださった先生や生徒の皆さんの情熱や態度に感銘を受けたため、入学を決めました。資格が取れるのはもちろん大事ですが、こういった場で学びたいと感じました。

●仕事内容
フルタイムでのスポーツ現場、専門学校非常勤講師、クリニックでのリハビリ助手をしており、メインはアスレティックトレーナーとしての現場指導になります。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
私もプロフェッショナルを目指して競技に取り組んでいましたが、怪我などにより自分が思い描いていた結果にはなりませんでした。私のような経験をしている選手は大勢いると思います。次のステージへの可能性があるのにも関わらず、何をしていいのかわからない。「なぜ?」がわからないまま、トレーニングをしている。そんな状況を変えたいと思ったからです。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
トレーナーという仕事は常に考え、学び続け成長し続けることが大事だと考えています。日々、情報が変わっていく中、その情報や知識をキャッチしていかなければならない。専門学校では毎日が自分の知らないことの連続で、それを学び続けたからこそ今も学ぶことを忘れず成長し続けることができていると感じています。

●仕事でやりがいを感じる時
今までは怪我をしてしまった選手に対してハードなリハビリを行い、復帰して活躍することがやりがいと感じていた時期もありますが、現在は怪我をする前に自ら情報を得て予防に取り組む選手。復帰後もトレーニングを黙々とこなし、2度と同じ怪我をしないように主体的に取り組む選手。こういった選手が少しずつ増えてきているのが実際です。トレーナーとしての指導はもちろんしておりますが、「教育」という部分にもかなり力を入れており、そういった部分の変化を感じることがやりがいとなっています。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
選択の主体は常に自分にあるということ。無意識的にも意識的にも人間は常に選択し続けています。何をしないことを選択したのも自分。挑戦しようと一歩踏み出すことを選択するのも自分。今この瞬間に選択していることに「正解」なんてありません。ただ常に学び成長し続けることができる選択をし続けて欲しいです。

(掲載年度:2022年度)

スマートフォン版はこちら