大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

宮城県 私立専門学校
仙台医療秘書福祉専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

自分自身を見つめ続けた一年間の学校生活に感謝

  • 原子 まどかさん
  • 医療事務科
  • 社会医療法人康陽会 中嶋病院 勤務

●本校に入学したきっかけ
オープンキャンパスに行った際に、在校生が自分と歳が近い人ばかりのはずなのにとても大人に見えたので、この学校で自分も成長できるかもしれないと思い、この学校に入学を決めました。

●仕事内容
医療事務員として働いています。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
人前で話す時に物怖じせず、自分の考えを伝えることができる力が身についたことと、相手の考えていることや求めていることを汲んで、その場で臨機応変に対応できるようになったことです。

●仕事でやりがいを感じる時
入社初期の頃は分からなかったレセプト業務や仕事の問題点を、先輩や上司と対等に話や相談ができるようになったと実感できた時や、一人で任せてもらえる仕事が増えた時、自分の説明したことや提案したことで患者様が納得してくれたり満足してくれたりした時などにやりがいを感じます。

●専門学校時代に印象に残っている先生、お世話になった先生
気を遣わずに友達のように話ができた大村先生はとても寛大で、何をするにも一切否定せずいつでも背中を押して支えてくれました。また長山先生は、私自身のことをしっかり考えるきっかけを作ってくれた先生です。先生の言うことや、考え方に本気で心を動かされたことが何度もありました。私の性格を変えてくれた存在でもあり、とても尊敬しています。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
医療は生きるうえで誰もが必要とするものです。患者様と病院の間で仕事をする医療事務として、自分も医療機関を利用したことがあるからこそ、今患者様に対しても親身になり、気持ちを入れて仕事をすることができています。

関わる人たちも多く、事務的なことだけではなく、看護師や医師の近くで仕事をすることができるため、身につく知識や経験は他の事務職より確実に多く、仕事以外でも自分の人生に役立つことが多いと感じます。いざ社会に出てみると、もっと知識があったらと思う場面も多々あります。学生時代にできることは沢山あるので一緒に頑張りましょう。

(掲載年度:2020年度)