大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

三重県 私立大学
鈴鹿大学

TEL
0120-919-593(入試広報キャリア課)
E-mail
nyushi@suzuka.ac.jp
URL
https://www.suzuka.ac.jp/
school

先生・先輩

先輩の声

アットホームでグローバルな大学で、 多様な人を理解できる自分になれた。

  • 大野 彩香さん
  • 国際地域学科
  • 南伊勢町役場まちづくり推進課/国際人間科学部国際学科(現 国際地域学部)2022年3月卒業〈三重県立松阪高等学校出身〉

 生まれ育った南伊勢町の職員として、おもに広報の仕事を担当しています。SNSでの情報発信のほか、町民の方に配られる広報誌を、担当コーナーの原稿作成からレイアウトまで任されています。取材や写真撮影、来庁者対応などで、老若男女さまざまな町民の方とふれあう機会も。大学の「異文化コミュニケーション」の授業や、留学生に囲まれた海外のようなキャンパス生活を通じて身についた、先入観なく相手を理解しようとする姿勢を活かせています。先生のすすめで挑戦した学生広報部で広報誌を制作し、読み手の視点を考えた誌面構成の大切さを学んだことも力に。“アットホームでグローバル”な鈴鹿大学での経験を活かして、美しい海と星空に恵まれた地域の魅力を多くの人に発信し、町民の方の力になることが、これからの目標です。

(掲載年度:2022年度)

教室とは違う素顔を見せるこどもたち。 大学時代の経験を糧に、思いに寄り添う。

  • 楠木 結香さん
  • こども教育学科 養護教育学専攻
  • 伊勢市立有緝小学校/養護教諭/こども教育学部こども教育学科養護教育学専攻2022年3月卒業(三重高等学校出身〉

 けがや体調不良のほか、居場所を求める子も訪れる保健室。教室とは違うありのままの顔を見せてくれるこどもたちの思いに寄り添って、私も嘘のない自分の姿を見せ、「完璧じゃなくていいんだよ」というメッセージを伝えるよう心がけています。その根底にあるのは、鈴鹿大学で友人たちと一緒に立ち上げた、こどもボランティア部での経験。学生が助けを求めれば必ず手をさしのべてくれる先生方の力を借りて、交通事故の被害者遺族や児童養護施設のこどもたちなど、さまざまな人の思いにふれ、寄り添いました。保健室で

(掲載年度:2022年度)

模擬授業は緊張もしますがとても楽しい! 実践力が身についてきているのを感じます。

  • 岸本 花奈さん
  • こども教育学部
  • 三重県立四日市工業高等学校出身/こども教育学部こども教育学科小学校教諭コース2年生在学

 高校生のときに小学校の先生になりたいと思い、地元で資格を取得できる鈴鹿大学を選びました。面白いと感じる授業は「初等国語」。なかでも模擬授業が印象的でした。人前に立って実際に授業を行う、という経験は緊張もしましたがそれ以上に「楽しい!」という気持ちが大きかったです。座学だけではなく実際に体験して行う授業が多いので、実践力が身についてきているなと感じています。また、先生方が一人ひとりに手厚く指導してくれるので安心です!

(掲載年度:2022年度)

先生からのメッセージ

語学力プラス幅広い教養を身につけた グローバル人材を育てます

  • 天野 剛至先生
  • 国際地域学科 国際地域学部 国際地域学科 グローバルコミュニケーション領域 英米コース

 初めて海外出張に行ったときのことです。私は得意の英語で現地クライアントに質問するものの、一向によい反応が得られません。すると、それまで黙っていた先輩がブロークンな英語ながら核心を突いた質問をし、その途端彼らは目を輝かし出し、活発な議論が展開していきました。このとき私は初めて、重要なのはいかに英語を「うまく話すか」よりも、「何を話すか」であることに気づいたのでした。グローバルコミュニケーション領域では、語学力プ
ラス幅広い教養を身につけたグローバル人材を育てます。

(掲載年度:2022年度)

ドラマあふれる小学校で働くための 専門的・実践的な知識と、技能を身につけられます

  • 伊東 直人先生
  • こども教育学部 こども教育学部 こども教育学科 小学校教諭コース

 こどもたちが、パッと目を輝かせ「わかった!」という瞬間、また友達とのいざこざが解決し、こどもたちの輝く笑顔が見られたとき、教師としての温かな思いや喜びがあふれます。令和3(2021)年度から設置されたこのコースでは、こどもたちのドラマがあふれる小学校教育現場で働くための、専門的で実践的な知識と技能を身につけた人材を育成します。私は、小学校現場等で36年間勤務してきました。その経験を皆さんに伝えていきます。

(掲載年度:2022年度)

こどもの心と体の健康を守るエキスパートを 一緒に目指しましょう!

  • 上田 ゆかり先生
  • こども教育学部 こども教育学部 こども教育学科 養護教諭コース

 養護教諭は、学校の中においてこどもの心と体の健康を守る中心的立場です。大変なこともありますが、やりがいや喜びも多い仕事です。養護教諭や教育委員会指導主事の経験を生かして皆さんをサポートしていきます。養護教諭一種免許状が取得できるのは県内では鈴鹿大学だけ!専門科目や学外実習も充実しています。本学で一緒にエキスパートを目指しませんか。

(掲載年度:2022年度)

スマートフォン版はこちら