大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

栃木県 私立大学
文星芸術大学

school

デザイン専攻

人々の生活に機能するデザイン

学部・学科・コース情報

デザインでは、様々な個性、能力を持った学生のため、また、社会に参画していくための準備期間として有力なカリキュラムを用意しています。【デザイン】【ク工芸】【CGアニメーション】の専門的な実技や講義のほか、分野間の相互授業のなかで、自身の適性を知り、将来像を見据えることができる人材育成と、常に社会の視点に立つ教育を目指します。

デザイン専攻で学べるコース
[グラフィックデザイン・イラストレ-ション・ライフデザイン・情報デザイン・3DCG・アニメ-ション・染織・陶磁・ガラス]

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年

卒業後の進路

■デザイン制作、写真、広告代理店、工芸関係
日本メナード化粧品(株)/ゲンダイエージェンシー(株)/(株)ル・プロジェ/オールインワンソリューション(株)/東京アート(株)/アサヒノ広告(株)/久保木デザイン事務所/下野新聞社/(株)新潮プレス ほか
■CG、ゲーム、IT、映像制作、エンタメ関連
(株)アテイン/(株)セガ/(株)カプコン/(株)インティクリエイツ/(株)ルーデンス/(株)スタジオコメット/(株)WAW/ほか
■マンガ業界(デビュー・受賞・掲載実績)
アシスタント/週間少年ジャンプ(集英社)/YOU(集英社)/モーニング(講談社)/BE LOVE(講談社)/ヤングマガジン(講談社)/月間マガジン(講談社)/サンデー超(小学館)/クラブサンデー(小学館)/CIEL ToresTores(角川書店)ほか
■印刷関連
東京書籍印刷(株)/ヤマゼンコミュニケイションズ(株)/下野印刷(株)/(株)藤崎印刷/(株)光和印刷/(株)松井ピテオ印刷/第一印刷/ほか
■製造、販売、流通、サービス、不動産、派遣、エンタメ 他
(株)サザビーリーグ/(株)MARINAインターナショナル/エコロインターナショナル/栃木フジカラー(株)/(株)東武百貨店/(株)ヨドバシカメラ/(株)コジマ/(株)ホンダ産業/栃木日産自動車販売(株)//(株)ジャパンエステ美容研究所/明恵産業(株)/(株)早乙女総合プロダクト ほか
■美術館、博物館、その他施設
宇都宮美術館/水戸芸術館/栃木県立博物館/佐野市立吉澤記念美術館/益子陶芸美術館/小杉放菴記念・日光美術館/足利市立美術館/笠間日動美術館 ほか
■学校、教育機関
栃木県立大田原女子高等学校/千葉県立柏高等学校/宇都宮文星女子高等学校 ほか
■その他
十日町市役所/西吉井地区学童保育クラブ/ほか
■主な進学先
東京芸術大学大学院/多摩美術大学大学院/文星芸術大学大学院 ほか

目指せる資格・検定

  • CGクリエイター検定
  • ディジタル技術検定
  • マルチメディア検定
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • Webデザイナー検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • DTPエキスパート
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • POP広告クリエイター技能審査試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • 色彩検定
  • インテリアコーディネーター
  • ジュエリーコーディネーター検定
  • レタリング技能検定
  • TOEIC(R)テスト
  • TOEFL(R)テスト
  • 中学校教諭免許状
  • 高等学校教諭免許状
  • 学芸員

2019年度以降の教職課程は再課程認定申請中。文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

注目のカリキュラム

カリキュラム

注目のカリキュラム

1年次では[かたち、色、構成、メディアリテラシー]を様々な環境・機材を使用しながら造形基礎教育を、2年次では、[様々な領域のデザイン体験]でデザインの作法を学び、3・4年次では全教員指導で[デザインと社会とのつながり]を卒制、就職を見据えて指導します。
くらふと工芸の授業では、楽しくモダンな雑貨など、居食住に関わるものを創る喜びを、伝統的な手仕事の技法で学んでいきます。素材からの表現とデザインを基礎的な造形実習を通して学び、さらに専門的能力を高めることのできるカリキュラムを用意しています。 
CGアニメーションの授業では、3DCG、手描き、様々な素材によるコマ撮りアニメ、これらと実写を含めた合成画像を駆使して、ゲームコンテンツやキャラクター制作、CM制作や展示を目標にした課題に取り組みます。
またWebリテラシーを修得し、自らの作品をネット上で発信するなど、一人ひとりの個性と現代の視覚情報社会に対応した表現を学びます。

学費

2018年度

入学金

300,000円

卒業までの総学費

5,737,260円

学費について

初年度の授業料等の納付金

前期
入学金 300,000円
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 970,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

その他の納付金(入学時のみ)
項目 納付金(4年間分)
学生教育研究災害傷害保険料 4,660円
健康診断(血液検査) 4,600円
学友会費 12,000円
父母の会費 40,000円
新入生合宿研修費 15,000円
学生証発行料 1,000円
合計 77,260 円

2年次以降(2年次~4年次)の授業料等納付金
前期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円
-------------------------------------------------------------------------------------
□特待制度
一般Ⅰ期試験を受験した受験生全員。
試験結果に基づいて成績上位者に対し10名を上限とし授業料を1年間(年間の授業料84万円)免除する。

□特待制度(学業成績優秀者)
入学後、各学年(2~4年)の成績優秀者を対象に年間の授業料の半額(半期の授業料42万円)免除する。

□東日本大震災被害に遭われた入学予定者支援措置
「災害救助法」適用地域に経済的負担者が在住し、A~Eいずれかに該当する者に、
1年間~2年間納付金全額、入学金含む前期納付金、前期授業料等の免除を設置。
A:主たる経済的負担者の行方不明(死亡を含む)
B:生活の場である家屋の全壊
C:避難区域指定による避難生活
D:生活の場である家屋の半壊
E:主たる経済的負担者の大幅な収入減#※証明する書類が必要

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。