大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

進路ナビニュース

【工学院大学】ダンボール製PCR検査用防護シールドを開発 ~低価格、設置が容易など、医療従事者の負担を軽減~

高校生のための進路ナビニュース

工学院大学では、鈴木敏彦教授(建築学科)が、ダンボール製のPCR検査用防護シールドを開発しました。
撥水性の高い強化ダンボールを使用しているため消毒可能で、窓にはアクリル板を貼り、医療従事者は立位でも座位でも検査が可能なつくりです。
運搬・組立・価格にも配慮されているこのシールドは、大幸紙工株式会社によって受注発売されます。

【工学院大学】ダンボール製PCR検査用防護シールドを開発.pdf