大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

進路ナビニュース

【進路コラム】「貴族や富豪でなくても」筆者・大阪国際中学校高等学校 橋本光央

高校生のための進路ナビニュース

「良心もあらゆる趣味のやうに、病的なる愛好者を持つてゐる。
さう云ふ愛好者は十中八九、聡明なる貴族か富豪かである」
これは芥川龍之介『侏儒の言葉』に記されている言葉です。
確かに、そうですよね。龍之介の機智、さすがです。

今では、SDGsやLGBTQ、
JICA(独立行政法人国際協力機構)
が行っている開発途上国への国際協力活動、
WWF(世界自然保護基金)が行う、
生物多様性の豊かさの回復・地球温暖化防止活動等など、
とても素晴らしい取り組みが行われるようになりました。
理想社会の実現に向けて、多くの人々が頑張っています。

ところが「人に優しい」「地球に優しい」、
そんな取り組みが行われていることは知っていても、
「それは理想論、まるで絵に描いた餅だ」と、
訳知り顔の大人が「現実的ではない」と言って一刀両断してしまう、
何もしない人がいることも事実です。
これは、芥川が言うところの「良心」に
置き換えても成り立つかもしれません。
ただ、自分の経験の上に立って、
「現実的ではない」と思っているのは、大人たちです。

アドラー心理学では、
「変わりたくても変われない人がたくさんいる」
と問う人に対して、
「変われないでいるのは、自らに対して
『変わらない』という決心を下しているから」
だと答えています。
そして「あなたの不幸はあなたが選んでいるのだ」とも。
つまり、人は自分の経験に基づいた、
それまでの生き方を続けることが楽なのです。
今までの生活を続けると、結果が予想できるので安心するのです。
逆に、しんどいんですよ、変えることは。
だって、何が起きるか予想できないのですから。
つまり、変えることが怖い。だから、変えたくない。
そこで、「現実的でない」と言って逃げてしまうのです。

アドラーが言っているとおり、
「自分で、変わらないという決断をしている人」は、
決して変わりません。
そして、多くの大人たちが、
「変わらない決断」をしてしまっているのです。
 
しかし、幸いにして子供たちは、
大人に比べて多くを知りません。
だからこそ、すんなりとSDGs等の素晴らしい取り組みを
受け入れることができるのです。
つまり、教育が大切ということです。
貴族や富豪でなくても、
誰もが聡明になることができるのだから。

【プロフィール】
1989年より大阪北予備校に勤務、
2007年より大阪国際学園に勤務。
橋本喬木・天野大空のペンネームにてショートショートを執筆、
光文社文庫『ショートショートの宝箱』シリーズ等に作品を提供。
『ショートショートの宝箱』

スマートフォン版はこちら