進路ナビ公式facebook

大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

進路ナビニュース

【進路コラム】「見えにくくなった就活」 筆者・法政大学キャリアデザイン学部 教授 児美川孝一郎

高校生のための進路ナビニュース

新年度を迎えて、学生たちが一挙に
キャンパスに戻ってきた印象を受けている。

新型コロナウイルスの感染状況は、
もちろん気を許せない状態が続いている。
しかし、大学は、
対面授業を積極的に実施するという方針で新年度にのぞんだ。
また、今年に関しては、
学内でのサークル等の勧誘活動を認めたことも大きい。
ガイダンス期間には、新入生だけではなく、
上級生たちもかなり集まり、
キャンパスは久方ぶりの賑わいを見せていたように思う。

こうした意味で、キャンパスは、少しずつではあるが、
コロナ以前の状態に戻ろうとしている。
しかし、そうした気配がいっこうに感じられないのが、
就活である。
2019年までであれば、4月のこの時期には、
キャリアセンターや企業説明会の会場(教室)などに
就活ルックに身を包んだ学生たちが大勢集まっていた。
しかし、今はそんな姿を見かけることはない。

こと就活に関しては、説明会にしても面接にしても、
最終段階を除いては、
すべてオンラインで実施するというスタイルが、
この2年間ですっかり定着した。
それを元に戻そうとする動きは、およそ感じられない。
採用する企業側にとっては、今のやり方のほうが手間がかからず、
効率的・合理的ということなのだろうか。

一方で、就職情報会社によれば、4月1日時点での
2023年卒の学生の内定保有率は、38%にのぼり、
昨年の同じ時期を10%も上回ったという報道もあった。
モニターを活用したサンプル調査なので、
どれだけ実態を反映しているのかは定かではない。
しかし、早期化がいっそう進み、
しかもそれが、水面下で進行していることは間違いない。

就活が見えにくくなってきている。
メディアも含めて大騒ぎしなくなったのは、
いいことなのかもしれない。
しかし、それは同時に、
困っている学生の姿も見えにくいということを意味する。
学生たちのキャリア支援に従事する立場としては、
穏やかな気持ちにはなれない。

【プロフィール】
教育学研究者。
1996年から法政大学に勤務。
2007年キャリアデザイン学部教授(現職)。
日本キャリアデザイン学会理事。
著書に、『高校教育の新しいかたち』(泉文堂)、
『キャリア教育のウソ』(ちくまプリマー新書)、
『夢があふれる社会に希望はあるか』(ベスト新書)等がある。