大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

進路ナビニュース

【独自調査】新規高卒就職に関するアンケート 調査結果 Vol.8

高校生のための進路ナビニュース

株式会社ライセンスアカデミーでは全国の高等学校を対象に、新規高卒就職に関するアンケート調査を実施しました。結果をシリーズで紹介していきます。

Q.企業が高校訪問する際に提供して欲しい情報は何ですか

「具体的な業務内容」が8割近く、「採用したい人物像」が7割ほどで最も多かった。

求人票にも「仕事の内容」の記載があるにも関わらず回答が集まった理由は、それだけでは十分に仕事内容を把握しきれない現状があるからだろう。教員や生徒が日々の業務を十分にイメージできるような、より具体的で透明化された情報提供が企業には求められる。

「採用したい人物像」は、企業と生徒のマッチング度を高めるために重要な情報だ。どのような人物を求めているかは、入社後の活躍も含めて、生徒に薦められる求人であるかどうかの判断材料になる。

さらに、「職場環境の情報」、「離職者の情報」、「入社後の教育環境」など、職場への定着に関わる情報に3~4割の回答があったことも見逃せない。「その他」では、「一定年齢の社員の待遇」、「採用試験の詳細」、「外国籍の生徒の採用有無や必要な日本語能力」といった意見があった。

高校が企業から得る情報は、教員と生徒の企業理解へとつながっていく。そのため企業は、高校が求める情報を理解するとともに、可能な限り言語化することを心がけたい。

アンケート結果の完全版は以下からご覧いただけます。
「新規高卒就職に関するアンケート調査」