大学・短期大学・専門学校の違いって?はこちら

大学・短期大学・専門学校の違いって

概要

大学・短大と専門学校の違いは、大まかに次のようになります。大学では学術・理論的な学問と幅広い教養を身につけるための教育を行います。短大では、さらに職業に役立つ能力も育成します。対して、専門学校では主に実践的な職業教育を行い、卒業後すぐに特定の職業につけるよう教えます。

高校卒業後の進路として「進学」を選んだ場合、どの種類の学校に進学するのか?が問題になります。学校ごとに特長がありますので、それらをよく理解して、自分に最も合った進学先を選ぶようにしましょう。

大学・短期大学・専門学校について

大学とは…

大学は、学術的・理論的な学問を学ぶとともに、幅広い教養を身につけるための教育を行う教育機関です。

大学での学びの基礎となる教養課程では、入学した学部・学科に関する学問のみに留まらず、さまざまな学問の基礎知識を学ぶことも可能。他学部履修制度を持つ大学であれば、専門外の学問を入門レベル以上に学べる場合もあります。

高校までとは違い、自分の興味に合わせて自分好みの時間割を作っていけるのも大学の特徴の一つ。必修科目(必ず履修しなければならない科目)により、ある程度制限はされるものの、学生の目的やライフスタイルに合わせて、自由に学生生活のスケジュールを決めることができます。ただ、中にはそのせいで、自己管理ができずに怠けてしまう人も……。

ゼミ活動、研究活動、サークル活動など、自主性と協調性が必要とされる活動も多く、社会人としての基礎力を身につけることができます。

短期大学とは…

短期大学は、大学と同じように幅広い教養を身につけるだけでなく、職業や実際の生活に役立つ能力も育成する教育機関です。

読んで字のごとく「短期」の「大学」で、短期間のうちに、教養科目と並行して専門科目や実学的な科目を学ぶことになるため、大学よりも学生生活が忙しくなりがちです。また、大学に比べて実習時間が多く、机に向かっての勉強とともに、実際に体を使っての実習によっても知識や技術を覚えていくため、卒業と同時に即戦力として働ける力を身につけられます。

大学と専門学校の良いところをあわせ持つ短期大学は、短期集中で資格を取得し、卒業と同時にその資格を活かして活躍したいという人にはうってつけの学校かもしれません。

専門学校とは…

専門学校は、「専修学校専門課程※」のことで、主に職業教育を行う高等教育機関です。

ある特定の職業に必要とされる知識・技術、資格を身につけるための学科・カリキュラムが用意され、卒業後は学んだことを生かした職業選択が行われます。

専門学校の最大の特長は、実習の多さです。卒業と同時に即戦力として働ける能力を身に付けるため、「身体で覚えること」が重視されているのです。実習時間が多い専門学校では、欠席や遅刻・早退は禁物。一日でも休んでしまうと、他の学生と比べてかなりの遅れを取ってしまうことになります。

このように厳しい面もありますが、専門学校には、夢を叶えるための勉強を十分にできる環境が整っていますので、将来の目標がはっきりと決まっている人にはおすすめです。

専門学校は、その学科の関連する職業がどの産業形態に属するかによって、「工業」「商業実務」「医療」「衛生」「文化・教養」「教育・社会福祉」「服飾・家政」「農業」の8つの系統・分野に分類されます。

※専修学校には「専門課程(専門学校)」の他、中学校卒業者以上を対象とした「高等課程(高等専修学校)」と、入学者の学歴・年齢を問わない「一般課程」があります。

比較してみよう

教育内容

大学

学術的な研究を行う

  • 実践よりも理論重視の傾向
  • 教養教育などにより幅広い知識と視野を養成
  • 一般教養科目が卒業単位の4割程度

短期大学

幅広い教養を身につけるとともに、職業や実際生活に役立つ能力を育成

  • 一般教養科目が卒業単位の4割程度

専門学校

実践的・実務的な教育

  • 専門教育が授業時間の大半を占める
  • 職業と密接に関連した教育を行い、即戦力を育成
  • 専門教育が授業の約8割

学校数

大学

795校

短期大学

323校

専門学校

2,777校

※学校数は令和2年度学校基本調査(速報値)より

修業年数

大学

4年間

  • 医学系、歯学系、獣医学系、薬学系は6年間 (薬学系は4年制課程もあり)

短期大学

2年間

  • 医療系などは3年間

専門学校

1~4年間

卒業までにかかる学費

大学

国立 約243万円

私立文系 約429万円

私立理系 約588万円

  • 文系より理系の方が学費が高い傾向があり、とりわけ医・歯系はさらにお金がかかる

短期大学

私立2年制 約229万円

専門学校

2年制 約234万円

入学方法

大学

主に実施されているのは一般入試、推薦入試、AO入試

  • センター試験利用入試を導入する私立大学が増えている
  • 地方入試や試験日選択制入試など入試方式が多様化

短期大学

主に実施されているのは一般入試、推薦入試、AO入試

  • 推薦入試で入学する比率が高い
  • センター試験利用入試も導入されている

専門学校

主に実施されているのは一般入試、推薦入試

  • 近年、AO入試を導入する専門学校が増加
  • 多くの学校が書類審査+面接で選考
  • 定員を満たせば出願期間内でも募集を締め切る場合もある

卒業までに必要な単位数、授業時間数

大学

124単位以上

  • 医学または歯学に関する学科は6年以上の在籍と188単位以上の取得が必要
  • 薬学に関する学科のうち臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とするものは、6年以上の在籍と186単位以上の取得が必要
  • 獣医学に関する学科は6年以上の在籍と182単位以上の取得が必要

短期大学

2年制なら62単位以上
3年制なら93単位以上

専門学校

800時間(夜間なら450時間)以上

学位・称号

大学

卒業者には「学士」の学位が与えられる

短期大学

卒業者には「短期大学士」の学位が与えられる

専門学校

修業年限が2年以上で総授業時間数が1,700時間以上の課程を卒業すると「専門士」の称号が与えられる
修業年限が4年以上で総授業時間数が3,400時間以上の課程を卒業すると「高度専門士」の称号が与えられる

メリット

大学

学科の枠を越えて、幅広く履修できる

教養科目の選択肢が多い

設備が充実している

留学制度が充実している

長期の休みが取れるので、やりたいことに挑戦しやすい

短期大学

短期集中で勉強し、早く卒業できる

4年制大学よりも学費が安い

少人数のため、支援が手厚い

専門学校

志望分野について専門的に学べる

就職後に役立つ実習が多い

資格試験の対策が充実している

専門分野のプロから学べる機会が多い

志望業界の人脈を作りやすい

デメリット

大学

自分でスケジュール管理ができないと、生活リズムが破綻する

4年間を通して計画的に履修しないと、就職活動などに影響が出る

自主的に学ぶ姿勢がないと、何も身につかない

短期大学

2年間ですべて学ぶので、4年制大学よりも忙しい(空き時間が少ない)

4大卒以上しか募集していない企業には就職できない

専門学校

専門分野の授業がほとんどで、教養科目が少ない

入学後に「向いていない」と感じると、進路変更が難しい

大学ほどの自由がない

卒業後の進路

大学

就職
専攻の系統・分野と関連のある職業に限らず、さまざまな業界に就職
就職について融通が利く
進学
大学院など

短期大学

就職
専攻の系統・分野の専門職(教育と医療等)と一般職に分かれる
編入学
大学

専門学校

就職
専攻の分野と関連の深い職業に就く
編入学
大学(専門士)
進学
大学院(高度専門士)

専門学校「認可校」「無認可校(専門教育機関)」とは

さまざまな基準をクリアすることで、都道府県知事の認可を受けた専門学校を「認可校」といいます。それに対し、認可を受けていない教育機関を「無認可校」と呼んでいます(進路ナビ上では専門教育機関と呼びます)。

認可を受けていないということだけで、教育機関としてのよしあしは一概にいえません。専門学校同様、しっかりとしたカリキュラムを持ち、高い就職実績を挙げている学校もあるからです。

ただし、認可校で受けられる以下の特典が「無認可校」では受けられませんので、進学先を決める時には、この点にも注意が必要です。

認可校の特典

学生割引を利用できる
専門学校の学生は、学割が使えるため、通学定期の購入時などの出費を抑えられます。
公的な奨学金を利用できる
専門学校の学生は、日本学生支援機構の奨学金など、公的な奨学金制度を利用できます。
国家資格上の特典がある
専門学校では、卒業と同時に無試験での国家資格の取得や、受験資格付与、国家試験の一部免除などの特典が得られます。
学校倒産時などに行政上の救済処置が指導される
専門学校が経営破綻してしまった場合、在籍中の学生に対する救済措置として、受け皿となる他の専門学校を探すよう指導が行われます。
学歴として履歴書に記入できる
専門学校卒業は、学歴となるため、履歴書に記入することができます。
職業紹介事業の届出ができる
専門学校は、職業紹介事業を行えるため、就職サポート体制を充実させることができます。

無認可校は、学校名に「専門学校」という名称を使うことができないため、学校名に「専門学校」という言葉が入っているかどうかが、認可校とその他の専門教育機関とを見分ける一つの手がかりとなります。

ただし、学校名に「専門学校」という言葉を入れていない専門学校もありますので、学校名だけでは見分けられないこともあります。

志望校が、専門学校なのか、そうでないのか、判断できない場合は、進路ナビや各都道府県庁で調べてみましょう。

専門学校「専門士」「高度専門士」とは

「専門士」は、一定条件を満たした専門学校(学科)を卒業することにより付与される称号です。

この称号は、どの学校を卒業したのかではなく、その称号を持つ人が一体何ができるのかという「職業能力を認定するもの」です。
専門士の称号を持つ者は、大学に編入学することができます。

「高度専門士」は、知識・技能のいっそうの高度化や、より付加価値の高い人材育成の必要性を背景に、平成17年に創設された仕組みで、一定の条件を満たした専門学校の4年制の学科の修了者に付与される称号です。

高度専門士の称号を持つ者は、日本国内においては大学学部卒業生と同等とみなされるため、大学院への進学が可能となります。

称号付与要件

専門士
修業年限2年以上
卒業に必要な総授業時間数が1,700時間以上
試験などによる成績評価に基づいて課程修了の認定を行っている
高度専門士
修業年限4年以上
卒業に必要な総授業時間数が3,400時間以上
体系的に教育課程が編成されている
試験などによる成績評価に基づいて課程修了の認定を行っている

就職に有利なのは?

ここまで、大学・短期大学・専門学校の違いについて確認しました。
では、実際のところ、就職に有利なのはどの校種なのでしょうか。
答えは、一概には言えません。

求人の中には、応募条件に「大学卒業以上」とある場合があります。
そうなると、短期大学卒や専門学校卒の人は就職しにくいです。
就職先の選択肢が多いという点で、大学卒は就職に有利です。

また、応募条件に学歴が明記されていなくても、大手企業の総合職などはいまだに学歴を重視した採用をする傾向があります。
医師や薬剤師は、そもそも大学の医学部や薬学部を卒業しないと国家資格を取得できません。

一方で、専門性重視の職業に就き、現場で活躍したいという場合には、専門学校を卒業することが就職の近道になります。
理容・美容、看護、自動車整備、IT、調理・製菓などの分野では、専門学校卒の人が多く活躍しています。

さらに、大学と比べ、短期大学や専門学校の方が、就職サポートが手厚いとされています。業界の情報が学校に集まってきやすい面もあります。
専門学校は、その業界の人事担当者とパイプができていることが多く、直接的な就職活動が可能です。目指す業界が決まっている人にとっては、大学に行くよりも効率よく夢に近づけるかもしれません。

要は、自分がどのような仕事に就きたいのかを意識して、その道が開ける進学先を選ぶことが大切です。

大学への編入学について

短期大学や専門学校から、大学に編入学することにより、大学卒業資格やより高いレベルの資格取得を目指す道があります。
編入学をすれば、一から大学に入り直すよりも、短い期間でキャリアアップを図れます。短期大学や専門学校で学ぶうちに、より高度な学問を学びたくなったり、進路変更を望むようになったりした場合に有効な選択です。

編入学試験は、すべての大学で行われているわけではありません。
また、大学・短期大学からの編入しか受け付けていない(専門学校からは編入できない)大学もありますので、注意が必要です。

編入学には、2年次編入、3年次編入、4年次編入がありますが、多くは3年次編入となります。
3年次編入の場合、残りの2年間で卒業に必要な単位を取らなければなりません。同時に就職活動も行うとなると、たいへん忙しくなるため、覚悟が必要です。

編入学については、こちらのコラムもご一読ください。
 大学編入 大学院入学のススメ 編入学ってなに?

学校を調べてみよう!