国公立大学個別試験(2次試験)

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

国公立大学個別試験(2次試験)

国・公立大学の一般入試は、「大学入試センター試験」と各大学が個別に実施する2次試験で合否が決定します。センター試験が終わると、多くの場合、自己採点結果をもとに2次試験への出願が始まります。日程を分けて選抜を行う「分離・分割方式」であるため、日程ごとに出願校を変えたり、逆に同じ大学を続けて受けることも可能です。

前期日程が勝負のカギ

国・公立大学の2次試験は日程と募集人員を「前期日程」「後期日程」に分けて行う「分離・分割方式」です。公立大学の一部では「中期日程」も実施しています。
「前期日程」は1〜3教科の学力試験を課す大学が多く、記述式の問題がほとんどです。「後期日程」では、学力試験の教科・科目数を少なくし、総合問題、小論文、面接などを課す大学が主流です。
国立大学の志願者は、「前期日程」 で試験を実施する大学・学部から1つ、「後期日程」 で試験を実施する大学・学部から1つ、合計2つまでの大学・学部に出願し、受験することができます。公立大学の「中期日程」を加えると最大3回の受験のチャンスがあります。
ただし、「前期日程」の試験に合格し、所定の期日までに入学手続きを完了した場合、「中期日程」「後期日程」に出願し、受験しても「中期日程」「後期日程」の大学・学部の合格者とはなりません。募集人員も「前期日程」に多く振り分けられているため、第一志望の大学・学部への出願は「前期日程」で臨むのが妥当です。
また、志願者数が募集人員に対して一定以上を 超えた場合、センター試験の成績によって選抜し、受験者を絞り込む「2段階選抜」を行う大学があります。センター試験の得点が合格ラインに満たなかった場合は、この時点で2次試験を受験できない=不合格になるため、志望校が2段階選抜を実施する場合は、できるだけセンター試験で高得点を取っておく必要があります。

■試験方式の内訳(募集人員に対する割合)

試験方式の内訳(募集人員に対する割合)
募集人員の半数以上を前期日程で募集。また、推薦入試やAO入試、中・後期日程の募集枠は横ばい傾向。公立大学では募集人員の約4分の1をAO入試と推薦入試で採用していることが分かる。
選抜実施要項

入学試験等に関する基本的な事項(募集人員、大学入試センター試験および個別試験の教科・科目、配点、また各試験における出願資格や日程など)が記載されている。7月末までに発表される。

募集要項

日程や試験科目の詳細に加えて、試験会場や受験の際の注意事項、入学手続きの際の経費などが詳しく記載されている。願書など出願に必要な書類も含まれるため、志望大学のものは必ず入手したい。

■平成29年度国公立大学一般入試の流れ

平成29年度国公立大学一般入試の流れ
合格のためのPoint確認
Point:第一志望は前期日程で受験しよう

前期日程の試験に合格し、入学手続を完了すると、「中期日程」「後期日程」に出願し受験をしても合格とはならない。また、募集人員は前期日程のほうが多い。

Point:前期日程と後期日程とでは個別試験の科目や出題形式が異なる

前期日程は、学力試験中心(1〜3教科)。解答方法は記述式が主体。
後期日程は、学力試験の教科・科目数を少なくし、総合問題、面接、小論文などを課す大学が主流。

Point:併願の組み合わせは4パターン

(1)前期日程+ 後期日程  (2)前期日程+ 中期日程
(3)前期日程+ 中期日程+ 後期日程  (4)中期日程+ 後期日程

入試情報からピッタリの大学・短期大学(短大)・
専門学校などを探してみよう!

  • 大学・短期大学
  • 短期大学
  • 専門教育機関