大学編入・大学院入学 - 編入学試験合格への作戦

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

大学編入・大学院入学のススメ

合格への作戦

編入学試験に取り組む学生の受験指導・相談に長きにわたって携わり、数多くの合格者を送り出してきた中央ゼミナールの宍戸ふじ江さんに、編入学試験合格のポイントをお聞きしました。

大学新聞社 2011年7月20日発行「編入学ガイド」より

編入学試験を受けるのに必要な資格は?

宍戸 ふじ江さん

(中央ゼミナール ステップアップサポート部部長)

長年にわたり、大学編入・転部試験、社会人編入試験などの受験指導に携わり、親身な面談を重ねる指導スタイルには、全国から集まってくる多くの受験生が信頼を寄せる。『だれも教えてくれなかった大学編入』(東京図書)、『まるわかり!大学 編入』(オクムラ書店)の執筆・編集に携わるほか、 全国で大学編入・転部についての講演を行うなど、啓蒙活動にも意欲的に取り組んでいる。

編入学の対象となるのは、大学卒業(見込)者、短大卒業(見込)者、一定の単位を修得(見込可)した大学在学者、「専門士」の資格がとれる専門学校の修了(見込)者です。10 年前までは8割が短大生でしたが、今は大学生が一番多いですね。

ただし、学校によって、大学卒業(見込)者のみが対象だったり、看護・栄養系の学科などでは、出身学科が限定される場合などもあります。また、編入学試験を行う大学でも、すべての学部・学科で実施しているわけではない上、年度で募集学部・学科が異なることもあります。

編入学試験の内容は?

「語学(主に英語)」、「専門科目」または「小論文」、「面接」が主な試験内容です。ただし、学校で傾向が異なるため、過去問題のチェックは欠かせません。また、出願時に提出する「志望理由書」も大切な要素となります。

このうち、「専門科目」は、もともと自分の興味のある分野が対象なので取り組みやすく、さらに受験勉強が大学入学後にも活きるので、その点は編入学試験の大きなメリットといえるでしょう。

【語学(英語)】

英語の出題パターンは大きく3 つのタイプに分かれます。

@ 大学院型
受験する学科に関連する専門的な内容の英文について、その全訳・部分和訳・要約・記述式説明問題などが出題されます。法学部や経済学部など、社会科学系の学部で主流です。
A 長文総合型
一般入試英語のなかの長文総合問題を中心としたタイプで、英作文などがつくこともあります。下線部訳、内容や意味を問う問題、穴埋め、書き換えなどが出題されます。文学部や私立大学の社会科学・自然科学系で多く見られます。
B 一般入試型
アクセントや発音、語彙、独立した文法問題から長文まで幅広く出題されます。このタイプは編入学では少数です。内容は基礎的な問題が多いですが、国立大学文学部などの場合は、レベルが高くなることもあります。
「大学院型」「長文総合型」ともに、長文読解が主になります。また「大学院型」では専門単語、例えば法学系なら法学・政治学関連の単語、経済系なら経済関連の単語を知っておくことも必要です。長文読解は、ただ訳すのではなく、日本語としてきちんと意味の通る文章になっているかどうか、またキーワードとなる言葉を正しくとらえているかが大事になります。

また、最近ではTOEIC、TOEFL のスコア提出を必要とする大学も増えていますでので、注意しましょう。

【専門科目/小論文】

専門科目の試験内容は分野によって異なりますが、多くの場合、論述問題が出題されます(理系の学科では計算問題も出題されます)。論述問題では、「理論分野」と「時事分野」があり、両方あるいはどちらか一方が出題されます。例えば、経営学科の場合、理論分野では、「○○の経営理論について述べよ」という問題が、時事分野では、ここ数年話題になっている「企業の社会的責任に関する意見を述べなさい」といった問題が出されたりします。

理論分野は、それぞれの分野における基本書を読んでおくことが大事です。分量のある本が多いですが、300 ページの本でも1 日10 ページずつ読んでいけば1 ヶ月で読むことができます。これを3 回繰り返せばだいぶ内容が理解できるようになります。基本書は2 冊ぐらいは用意しておき、ある程度理解したら、今度はその2 冊を項目ごとにノートにまとめていく練習をしていきましょう。

時事分野については、新聞記事、また「現代用語の基礎知識」、「日本の論点」などの年度発行の時事問題解説書に目を通しておきます。学校によっては、かなり最近のニュースをテーマとして挙げることもあります。

論述は、「序論」「本論」「結論」という3 段で構成していくのが一般的です。

●「 序論(導入・問題提起)」… 与えられたテーマの定義、問題の所在を明らかにする。
●「 本論(展開)」… 序論で提起した問題を具体的に分析し、論じて展開する。本論を2 つか3 つに分けて説明する場合もある。
●「 結論(評価・意義)」… まとめ、将来の見通し 専門科目での論述試験、また小論文方式の試験では、具体的な指定がある場合を除いて、原則、前述の流れを頭に入れながら書いていきましょう。

【志望理由書/面接】

志望理由書を書くにあたっては、下記の4 つを明確にしておきましょう。

@ なぜ、その学科への編入を希望するのか(動機)
A 学習計画、研究テーマ
B なぜその大学なのか
C 卒業後の抱負、将来の展望

これらのことを書く際は、その学校・学科におけるカリキュラム、特にゼミナール・演習などを具体的に把握しておくことが大切です。そのためにも、大学のホームページや大学案内・学部案内にしっかりと目を通しておきましょう。オープンキャンパスに足を運ぶことも大学を知る方法の一つです。@において、異系統学科からの編入の場合は、自分がその学科に関心を持った個人的体験なども動機になります。Bでは、ブランドや偏差値ではなく、「勉強したいこと」に絡めた内容を書くようにしましょう。また、@からCについて、矛盾がない内容にしておくことも大切です。面接では、志望理由書で書いた内容について聞かれますが、その分野の関連書を数冊読んでおいたり、最近関心のあるニュースなども交えて話したりすると、よりよいでしょう。

大学編入について

  • 編入学ってなに?
  • 編入学をするには?
  • 編入学試験合格への作戦
  • 編入学試験合格体験記

大学院入試について

  • 社会人大学院入試について
  • 大学院の受験資格
  • 大学院に進学して得られる資格について
  • 大学院卒と大学卒の違いとは