芸術

美術のイメージ美術

絵画・彫刻などの作品を創造し美や真理を追究

絵画・彫刻系の学科・コースでは、美術史や素材などの理論やデッサン技法、彫刻・塑造(粘土などで彫刻の原型を造ること)技術などを学んだり、実際に創作をしながら、技術や感性を磨いていく。 書道関連の学科・コースでは、書道史・書学、書の技術・技法などを学び、「書」への理解を深めていく。 美術学部や造形学部、芸術学部の美術学科、造形学科などで学ぶことができる。これらの学科は、日本画、洋画または油画、版画、彫刻など、各コースに分かれていることが多い。 絵画系の学科は、一般的には日本画、洋画(油画)、版画といったコースに分かれる。各コースでは、デッサンなどの基礎練習、用具使用の訓練、古典模写などを行い、課題作品・自由制作の創作などを行う。 また美術史、美の本質や美的現象などについて考察する美学、色彩学なども学んでいく。 彫刻系の学科では、はじめにデッサンを学び、やがて石膏像や静物などを順次創作し、石膏、木彫、石彫などそれぞれの材料や制作技術について学んでいく。 美術の教員免許を取得するカリキュラムを持っている学校も多い。

続きを読む

デザイン学のイメージデザイン学

印刷物・製品・空間を美しくプロデュース

デザイン学とは、その名の通り、デザインに関する学問。 作品を制作するだけではなく、デザインというものを理論的に捉え、デザインが現実世界にどのような影響を及ぼすのか研究をしたり、デザインを取り巻く歴史の勉強、隣接する技術や知識の勉強をしたりと、デザインについて幅広く学ぶ。 芸術学部、造形学部、工学部、美術学部などのデザイン科、情報デザイン学科、デザイン工芸学科などで学ぶことができる。

続きを読む

工芸のイメージ工芸

金属工芸・陶芸・染織などの技法を学び作品を制作

木材・金属・陶器などで、工芸品を創作する分野。素材についての知識、金属工芸・陶芸・染織・漆工(うるし細工)などに関する基礎知識や技法を学び、各自それぞれの作品を制作していく。 工芸は、美術学部・芸術学部の工芸科、工芸学科、デザイン関連の学科などで学ぶことができる。 学校・学科によって、ガラス工芸を扱ったり、鋳金(溶かした金属を鋳型に流し込む)、鍛金(金属を打ち延ばして立体的に形づくる)などの工房があったりとそれぞれ特色がある。 基礎的な科目を学んだ後で、土・木・金属・繊維・ガラスなど、それぞれ専門とするコースに分かれ、理論・材料知識の学習と実習で、自身の腕やセンスを磨いていく。なかには、ジュエリーやテキスタイル(生地・織物)、インダストリアルデザインを学ぶことができるコースもある。 また、教職課程を学んで、中学校教諭(美術)、高等学校教諭(美術・工芸)の免許を取得できる学校もある。

続きを読む

文化財修理のイメージ文化財修理

文化的価値を後世に引き継ぐ手法を学ぶ

文化財修理とは、絵画や古文書などの老朽化した文化財を修復し、後世に残していく仕事。 芸術・美術系の学校の中に、文化財修理を専攻できる学科を設けているケースがある。

続きを読む

まんが・アニメーションのイメージまんが・アニメーション

キャラクターやストーリー制作の方法と技術を学ぶ

まんが・イラスト・アニメの作画や動画作成の技法、ストーリー制作などについて、講義、実習、演習などを通して学んでいく。 実習では、ペンや毛筆による作画、コンピュータを使っての画像作成など、実際に自分の作品を制作しながら技術を身につけていく。 人々が見たいと思うイラストやアニメ、読みたいと思うまんがを描くには、魅力的なキャラクターの作成が大切。そのために、各学科・コースでは、多くの人に興味をもってもらえるキャラクターの創作方法や画力の向上などを、理論・実習を通じて学んでいく。 さらに、まんが家には、絵と文字で独自の世界観を表現する能力だけでなく、読者を惹きつけるためのストーリー構成力、展開力も求められ、それらの向上をめざすカリキュラムなども設けられている。 また、コンピュータによる画像作成技術も必要となってくるため、CG、3Dグラフィックなどの作成技法についても詳しく学んでいく。 大学の芸術学部、美術学部、造形学部のデザイン学科や短大の美術科などのまんが、イラストレーション、アニメーション関連のコースで学ぶことができる。マンガ学部を設置している学校もある。

続きを読む

CG・WEBデザインのイメージCG・WEBデザイン

コンピューターによる画像やWeb制作のプロを目指す

コンピュータシステムの基礎理論や操作技術をもとに、CG作成やWebデザインなどデジタルコンテンツの制作などについて学び、それらに必要な知識・理論の習得をめざしていく。 CGによる画像や映像の作成も、Webデザインも、その作成にあたっての知識を学ぶことが大切だが、同時に表現をするための芸術的素養を高めることも必要となる。 また、学校・学科によってカリキュラムはかなり異なるので、事前に自分のやりたいことと照らし合わせてみることが大切。 芸術学部、造形学部、美術学部やメディア関連の学部に学科、コースが設置されていることが多い。

続きを読む

写真のイメージ写真

カメラの技法や理論を学びオリジナルの作品をつくる

写真撮影の知識や技術、歴史や芸術論など、写真に関する理論と実践の両面を学ぶ。 学校・学科によって、学ぶ内容に違いはあるが、ベースとしては、ネガフィルム・ポジフィルムを使用した写真やデジタル写真の撮影技法や機器の扱い、暗室での現像作業、コンピュータを使った画像加工・編集、広告・報道・印刷出版へ応用する知識・技術などを学ぶ。 専攻は、アートとしての写真、コマーシャルフォト、報道写真などに分かれ、それぞれの分野に応じて学び、作品を撮影・創作していく。 全体的な流れとしては、はじめに撮影に関する基礎科目を履修、さらに画像加工や編集についても学んでいき、その後、専門・応用的な内容へと進んでいく。 講義や実習では、撮影技術の向上や知識の習得などに加え、写真によってメッセージを表現すること、オリジナリティのある作品を制作することなどを追究していく。 写真は、芸術学部や造形学部の写真学科、写真コースなどで学べる。 また、デザイン関連の学科や映像系の学科に、専攻やコースが設置されている場合もある。

続きを読む

建築・インテリアデザインのイメージ建築・インテリアデザイン

快適な生活空間を創造する

住空間や商業施設、都市などにおける建築、家具、空間などのデザインを扱う。建築についての知識・技術を学ぶが、工学的な面よりデザイン面に重点を置いて、快適な空間の創造を追究していく。 教育内容は学校によって異なるが、例えば1・2年次にデザインや建築工学の基礎や製図・測量・設計など実技面の基本を学び、3・4年次に建築工学、環境工学、建築設計の実技とともに、さまざまな建築様式に沿ったデザインをしたり、設計図を製作したりするといったカリキュラムで学ぶ。 構造、材料、生産、施工など建築の基礎知識、住宅などのプライベートスペース、商業施設などのパブリックスペースにおける色彩、照明、家具の配置、売場演出の方法、さらには都市計画や環境問題などからの視点を学ぶなど、扱う範囲は幅広い。 また、年齢や障害などの有無にかかわらず、すべての人が使いやすいように建物や製品などをデザインする「ユニバーサルデザイン」などについても学ぶ。 美術学部、芸術学部、造形学部などのデザイン科、デザイン学科、建築学科、空間造形学科などに建築デザイン、環境デザイン、インテリアデザインのコースとして設けられていることが多い。その他、家政系の学部で扱っている学校もある。

続きを読む

音楽のイメージ音楽

楽器演奏・歌唱法・作曲・指揮などを学ぶ

楽器の演奏や歌唱の技術を身につけたり、指揮や作曲などについて学ぶ。 音楽学部、芸術学部の音楽学科、音楽科、器楽学科、演奏学科などで学ぶことができる。 実技教育を中心とする学校が多いが、音楽理論や音楽史など、教養としての音楽に重点をおく学科・コースなどもある。基本的には、「器楽」「声楽」「作曲」「指揮」「音楽学」といった専攻に分かれる。 器楽では、ピアノ・オルガンなどの鍵盤楽器、フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォーン、ホルン、トランペット、トロンボーン、チューバなどの管楽器、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープなどの弦楽器、ティンパニなどの打楽器について実技や理論を学ぶ。 演奏形態は独奏のほか、複数楽器による合奏を行う場合もある。 なお、学べる楽器は学校によって違うので、事前にチェックしておくこと。なかには、三味線、箏(こと)、尺八などの技法や雅楽・能楽などについて学ぶ「邦楽」のコースを設けている学科もある。 声楽では、独唱や重唱、オペラなどさまざまな形の講義があるほか、外国語曲を歌うために、ドイツ語、イタリア語などについても学ぶ。

続きを読む

放送のイメージ放送

独自の感性で映像や音を創る

テレビやラジオなど、放送に関わる職業に就くための知識やスキルを学ぶ。 放送や映像に関する大学や専門学校で学ぶことが一般的。

続きを読む

音響のイメージ音響

放送や映像に関する技術を学び自分の作品を制作

音を扱うスペシャリストとしての技術を身につける。 エンタメ系や芸術系の大学や専門学校で学ぶことができる。

続きを読む

映画・映像のイメージ映画・映像

独自の感性で映像や音を創る

映画や映像を制作したり、制作に携わったりするのに必要な知識やスキルを学ぶ。 映画や映像関連の大学や専門学校で学ぶことができる。

続きを読む

演劇・舞台のイメージ演劇・舞台

演劇論や演出・演技技術などについて学ぶ

演劇を構成する、劇作・演出・演技・装置・照明などに関する知識と技術の習得、演劇理論の研究、舞台公演等の企画・運営の知識習得などを目的とする。 芸術学部の演劇学科、舞台芸術学科、パフォーミング・アーツ学科などにカリキュラムが設置されている。 映画、ミュージカル、舞踏など特定の分野に特化したコースを設置している学校もある。 講義・ゼミ形式の科目としては、演劇概論、演劇史、劇場論、演技論、演劇学演習などがあり、実際に観劇をするケースもある。 実習型の授業では、戯曲制作・演出・演技・発声・舞台作成・照明などの技術・技法などを学びつつ、実技を行う。学校によっては、舞台発表などを行っているところもある。 演劇に関して全般的に学んでいくコース、演技を中心に学ぶコース、演劇理論研究が中心のコースなど、それぞれ特色があるので、事前にどのようなカリキュラムがあるのかチェックしておこう。

続きを読む

美容のイメージ美容

ヘア・メイク・エステ・ネイルで美を演出

ヘアやメイク、エステ、ネイルなど、美容に関する知識や技術を学ぶ。 美容師養成施設では、美容実習、関係法規・制度、衛生管理、美容保健、美容の物理・化学、美容文化論、美容運営管理、美容技術理論などを学ぶが、実習の時間がかなりの割合を占める。 衛生管理では、公衆衛生全般について勉強し、美容師として注意を払わなければならない感染症、環境衛生などを学ぶ。美容の物理・化学では、美容の施術の際に使用する器具や香粧品を正しく取り扱うために必要な知識を学ぶ。 また、メイクアップアーティストなどをめざすコースには、メイク・ヘア・ネイル・ブライダル・アロマ関連の科目があり、やはり実習を数多く行う。 美容師には、カットやパーマ、カラーリングなどのヘアスタイリングはもちろん、美顔の知識や技術、メイクアップなど、美しさをトータルに提案できるセンスや技術が求められる。また、顧客の要望を受け入れつつ新たな提案をするコミュニケーション能力や接客センスなども身につけておきたい。 なお、美容師になるには、厚生労働大臣が指定した美容師養成施設である学校を卒業し、国家試験に合格する必要がある。

続きを読む

メイクのイメージメイク

さまざまな美を追求する

メイクアップアーティストなどのビューティ系の職業に就くための知識や技術を学ぶ。 美容系の大学や専門学校で学ぶことができる。

続きを読む

エステのイメージエステ

さまざまな美を追求する

エステティシャンなどのビューティ系の職業に就くための知識や技術を学ぶ。 美容系の大学や専門学校で学ぶことができる。

続きを読む

ネイルのイメージネイル

さまざまな美を追求する

ネイリストなどのビューティ系の職業に就くための知識や技術を学ぶ。 美容系の大学や専門学校で学ぶことができる。

続きを読む