大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立専門学校
関西ビューティプロ専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

ビューティプロで得た実践的なメイクの知識が 今の仕事のベースになっています

好きなことを仕事にしたいと思い、高校卒業後は、関西では珍しくビューティアドバイザー学科があるビューティプロに迷いなく入学。実践的なカリキュラムが魅力で、講師陣も現場を知る一流の先生ばかり。メイクの専門的な知識や技術に加えて、接客マナーなどどの先生も丁寧に教えてくださりました。中でも印象的だった授業は「カウンセリングメイク」です。顔のフォルムやカラーの長所・短所を分析して、その人に合ったメイクを施術するという内容です。こうしたビューティアドバイザーに役立つ知識を身につけたことが、今の仕事の土台になっていると感じます。また、コンテストなどに参加する機会が多かったのも勉強になりました。衣装作りから即興メイクまで一つの作品を皆で作り上げたことは、人のつながりの大切さを身に染みて感じました。グランプリを獲得したコンテストもあり、私にとって大切な思い出です。

現在は「イヴ・サンローラン・ボーテ そごう神戸店」でビューティスペシャリストとして勤務しています。大好きなメイクの仕事に携わることができた上に、憧れていた会社で働けるなんて、本当に夢のようでした。これも、ビューティプロで専門的に学んだおかげですね。私はいつもカウンセリングを行うときは、お肌に対しての悩みや本音を聞き出せるよう、質問の仕方も工夫しながらお客様と接しています。メイクは流行が毎年変わり、自社の新商品も絶えず販売するので、覚えることがたくさんあり勉強が大変です。でも、お客様の満足を得るためには必要なことで、私もその〝変化〟を日々楽しんでいます。メイクの醍醐味は、新しい自分に出会えること。メイクは眉一つで変われるからこそ、やりがいがあります。違う自分に出会える感動をお客様に届けるためにも、これからもメイクの技術や知識を磨いていきたいです。

(掲載年度:2020年度)

自分が創る“カワイイ”で、お客様を笑顔にできる…。だからネイリストは楽しい!

ネイルブースの立ち上げから関わっている『algernon』では、サロンワークはもちろん、雑誌・広告での情報発信や、新人スタッフの採用など幅広い仕事を担当。ネイル部門のすべてを任せていただける毎日に、大きなやりがいと責任を感じています。このサロンで私がこだわったのは、ケアもアートも丁寧に行える施術時間。60分・90分で仕上げるサロンもありますが、ここでは120分もの時間をいただき、爪の負担を最小限に抑える施術を心掛けています。お客様と長く向き合うことで日常生活までしっかり理解できるため、カラーや長さもより良いご提案が行えるように。その中で築かれていく信頼関係も大きな喜びになっています。

ネイリストの魅力は、お客様の爪を通して自分の思う“カワイイ”を表現できること。また、結婚式やお宮参りなど大切なイベントの前にご来店されるお客様も多いため、多くの方の人生に寄り添える喜びもありますね。常連のお客様からブライダルのネイルをご依頼いただいた時の話です。結婚式後の新婚旅行まで美しさを保てるようにと、私も必死で工夫を凝らしました。すると後日、その方のご両親からお礼の手紙が届いたんです。普段、ネイルに馴染みのない方にも喜んでいただけたことが何より嬉しくて…。爪という小さなキャンバスからでも、大きな感動や素敵な関わりを生み出せるネイルの魅力を、改めて実感した出来事でした。

“自分の大好きなキレイがいっぱい詰まっている学校”。オープンキャンパスで感じた期待通り、ビューティプロでは本当に楽しい学生生活を過ごせました。興味ある分野が同じだから学生同士で自然と友情が芽生えるし、先生の親身なサポートも成長の力になりました。自分に合った分野に出会えるトータルビューティ学科の中で、ネイルの魅力と奥深さを存分に学ぶことができ、目標のために努力する姿勢も在学中に養われました。当時の経験を活かし、就職後にネイリスト検定1級を取得するなど、常に上をめざしたいという気持ちは今も変わっていません。今後も常に勉強する姿勢を大切にして、いつか自分のお店を持てるまで成長したいと思います!

(掲載年度:2020年度)

お客様の笑顔と自分自身の成長。たくさんの幸せを実感できる毎日が好き!

エステの仕事にはたくさんの幸せが広がっている…。夢を叶えて1年目、憧れの舞台に立った今、私の毎日は喜びで溢れています。そのひとつはお客様の笑顔。「疲れが取れてスッキリしたわ」なんて言葉を聞けると、私の方が逆に元気をいただく感じです。さらに、もうひとつの喜びは私自身の成長。エステは人それぞれ悩みの原因も不調を感じるところも違うため、お客様と向き合うたびにいろんな発見があり、知識や視野が大きく広がりました。こうした成長をお客様へのより良い施術に、そしてスタッフみんなが気持ち良く仕事ができる雰囲気づくりに、活かすことが私の目標。新人らしい積極性を大切に、仕事も努力も楽しんでいきたいですね。

ビューティプロの幅広い学びの中で、プロになった私を最も支えてくれている授業が「解剖生理」です。体の構造について理解するその内容はとても専門的で、本音をいえば在学中に苦手にしていた授業でした。でもお客様一人ひとりの悩みと向き合う今、その原因の解明に「解剖生理」の知識が欠かせないことを理解。プロとしての活躍を見据えた学びの確かさを実感しました。また、実務経験を持つ先生方からサロンにおける“準備の大切さ”を何度も指摘していただいたおかげで、就職後もスムーズに現場の仕事に入ることができました。上級認定エステティシャンやCIDESCOライセンスなど、在学中に得た数々の資格も私の自信になっています。

エステの世界は専門的で、学生時代の私のように、学びに苦労することがあるかもしれません。だけど壁を乗り越えた時の達成感は社会に出た際の自信になるし、その時に得た自分の成長がお客様の笑顔につながります。エステティシャンはお客様との関わりすべてがやりがいになる仕事。初めて指名をいただいた時の感動も、施術を行うたびに深まっていく信頼関係も、「もっと頑張ろう!」という意欲に変わります。その喜びをぜひ皆さんに感じてほしいと思います。学生みんなが仲良しで、親身な先生が揃うビューティプロなら、きっと前を向いて頑張れるはず。エステのプロをめざす人の挑戦を、私も応援しています!

(掲載年度:2020年度)