大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立専門学校
近畿コンピュータ電子専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

システムエンジニアを目標に、スキルアップ。

将来に必要となる職種を考え、ITの勉強ができる近コンに決めました。個性豊かな先生たちに教えてもらうので、楽しく親身になって教えてもらえます!今までITは全く勉強したことはなく、1からのスタートですが積極的に取り組んでいきたいです。

(掲載年度:2020年度)

ここに来てよかった

私は、3D,2Dの基礎を学び、Maya等のソフトを使ってキャラクターを作り動かしています。選んだ理由は、好きなゲームが3D技術がすごくて、私も3Dキャラを作りたいと思って選びました。実習や課題なので完成した作品が友人に見せた時に「すごいね」と言われた時の達成感がとても好きです。
これからは3Dや2D、色彩コーディネーター検定の資格も取り、たくさんの人が遊んでくれるようなゲーム開発に携われるようなプロフェッショナルになりたいです。CG学科は「ここに来てよかった」と思えます。みんなもがんばって!

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

失敗を恐れず、自らの経験と感性で「面白い」ゲームを創造・追求しましょう

  • 木村 尽志先生

何よりもまず、楽しめる授業にしたいと考えています。
ゲーム制作はエンターテインメント。提供するメーカーも、心待ちにしているユーザーも、いかに相手に楽しんでもらえるか、どんなふうに楽しもうかと考え、創造力や想像力を膨らませます。
いろんな観点から多くの楽しみ方を発見することが大事です。
また、何事においても「なぜ?」という問い掛けを行ってほしいと思います。
例えば、ある1つのプログラムコードの説明だけでも、実に多くの「なぜ?」が存在します。
これを真剣に考えることは、高度な解決力の養成に直結しています。
実生活や遊びの中にも取り入れていきましょう。

(掲載年度:2020年度)

和と誇り、感謝されるデザイナーを学ぶ

我々は一人だけで、できる事は非常に少ない。生きることすら一人では叶わない。多くの人が仕事と言う協力によって、私達は生きることができるのです。社会や経済とは、仕事と言う協力を柔軟に行う事ででき、相応の恩恵を受けれる秩序である。その秩序の中で、限られた自分と言うリソースを仕事にして人を助け、協力し、願いを叶えてあげる事はとても感謝され良い人と言えます。限られたリソースをどの仕事で他者に貢献するのか皆さんは自由に決めることができます。その中でもし「デザイナー」を選ぶのであれば、「デザイナーになる事」を人生の縛りとして、その縛りのために際限なく努力を払ってください。それは他人からすればつまらない事かもしれませんが、人生における縛りとは自分が誰でもない自分であると言う誇り事です。デザイナーとして働き、多くの人と関わり協力する中でとても重要な要素が「和」です。和とは自分の考えが全て正しいと考えず相手の意見を聞く事です。互いに意見を聞く姿勢があれば、話に折り合いを付けることができ、信頼を築き上げる事ができます。CG学科ではCGの勉強だけなく良き社会性を学び、10年後、20年後に求められる真摯さを学ぶ事ができます。

(掲載年度:2020年度)