大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立専門学校
大阪リゾート&スポーツ専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

この業界の楽しさを、たくさんの人に知ってもらいたい!

●本校に入学したきっかけ
高校で部活を引退して、ただ漠然とスポーツ関係の職業に就きたいと考えていたものの、具体的に何がやりたいとは正直決まっていませんでした。進学するなら関西とは決めていたので、オープンキャンパスで馴染みやすそうな雰囲気だったリゾスポに入学を決めました。

●仕事内容
フリーランスのトレーナーという形で仕事をしています。整形外科クリニック、大学のアメリカンフットボール部、プロアスリートのパーソナルトレーニング、大学のラクロス部など…。今年から神戸にある三幸学園系列の飛鳥未来きずな高等学校で、スポーツアカデミーの授業も担当しています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
高校の部活にアスレティックトレーナーの方がいらしていて、そこで「トレーナー」という仕事があることを知りました。それが第一のきっかけです。その後部活を引退してから、高校卒業後の進路を考えたときに「自分のやりたいこと」が何も浮かばなくて、思考を変えて「自分が好きなこと」を考え続けたときに、やっぱりスポーツが好きだなとなりました。好きというだけで具体的なイメージはついていませんでしたが、気がついたら「トレーナーをやりたい」と両親に話していました。

●仕事でやりがいを感じる時
私が仕事でやりがいを感じるのは「心が大きく揺れ動いたとき」です。それは「嬉しい」「楽しい」などの感情だけでなく「悲しい」「悔しい」なども全て含めたものです。今より良いものを提供するためには何をすべきかを考えるのはとてもワクワクしますし、日々変化と結果が目に見えるこの仕事が出来て幸せだなと思います。
一番心に残っているのが、長い間怪我をしてアウトしたバスケットボール選手がシーズン終盤にやっと試合に復帰出来た日です。4Q残り2分、見慣れたはずのフィールドが、いつも以上にキラキラ輝いていたあの光景を、私は一生忘れられないと思います。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
尊敬できる人、憧れの人、自分もこうなりたいと思える人、信頼できる人、負けたくない人…とにかくこれから沢山の人と出会ってみてください。その中で自分がなりたいトレーナー像を少しずつイメージして、唯一無二のトレーナーを目指してください。この業界の楽しさを、少しでも多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。

(掲載年度:2020年度)

日本にはない大規模のトレーニングジムを作るのが夢です

●本校に入学したきっかけ
トレーナーとして日本を代表するような選手チームにつきたいと考え、アスレティックトレーナーという難関資格に挑戦し取得したいと思ったのでこの学校に決めました。また、他の学校と比べオープンキャンパス時の雰囲気がよく、講師陣のレベルが高いということも選んだ理由にあります。

●仕事内容
アスレティックトレーナーとして整形外科で働いていますが、業務内容としては、リハビリ、テーピング、ドクターの診療補助や、併設されたトレーニングジムでパーソナルトレーニングやピラティスのレッスンを行っています。また、休みの日にはスポーツ現場でトレーニングを指導しています。

●この仕事を目指そうと思ったきっかけ
私は高校時代から運動能力が高い方ではなく、筋肉やトレーニングの勉強をして能力アップを図っていました。その勉強した知識を他のチームメイトに教えていたときに、スポーツ選手をサポートする仕事に就きたいと考えたことがきっかけです。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
幅広く勉強できるため、現在も役に立っている学びは数多くありましたが、一番は縦と横のつながりができた事だと思います。トレーナーをしていく上で、仕事をいただいたり、逆に仕事を振らせて頂いたりと、つながりがあるからこそ今の仕事があると考えています。

●仕事でやりがいを感じる時
痛みが取れた時や、トレーニング結果が目に見えてわかった時、ニーズに応えることができた時にやりがいや喜びを感じます。サポートチームが公式戦に勝ち、「水口トレーナーのおかげで勝つことができました!」と選手から言われた時は一番の喜びを感じます。

●今後の夢や挑戦したいこと
プロや実業団のトレーナーになることにも憧れていますが、最終的には地元の奈良県に、日本にはない規模のパフォーマンスセンターを作ることが夢です。トレーナー研修でアメリカに行ったときに、日本にはない規模のトレーニングジムやコンディショニングジムを目の当たりにして、日本にもこういったものを作りたいと考えるようになりました。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
勉強が難しく資格取得も簡単ではないので、厳しい世界ではありますが、関わる方に感動や勇気を与えることができる素晴らしい仕事だと思います。一緒にスポーツ業界を盛り上げていきましょう。

(掲載年度:2020年度)