進路ナビ公式facebook

大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

神奈川県 私立専門学校
神奈川社会福祉専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

実習について

  • 下村 愛さん
  • 社会福祉科

私は高齢者通所介護サービス事業所で相談援助実習を行いました。
実習ではたくさんの方々と会話をしたり、利用者さんと一緒にレクリエーションに参加させていただきました。利用者さんと過ごす時間の中で、傾聴の大切さを学ぶことができました。傾聴することによって、そこから見えてくる利用者さん一人ひとりの想いに触れることができました。
また、私は一児の母であるため、子育てをしながら初めての実習を終えることができるか不安に思っていましたが、実習担当の先生や家族に支えられて無事に実習を終えることができました。
私は今回の実習でその人がその人らしく暮らすためにたくさんの支えが必要だと感じました。そして私自身も改めて、さまざまな人に支えられていることに感謝するとともに、今後の学生生活での学びを深めていきたいです。

(掲載年度:2021年度)

私がかなふくに決めた理由

  • 加藤 あおいさん
  • 介護福祉科

私がこの学校に入学しようと思ったきっかけは主に2つあります。1つ目は、設備が充実していた点です。10台以上のベッドとがあるため、介護をする上で必要な技術を身につけることができると考えていました。入学後、実際に生活支援や医療的ケアなどの演習を行う授業を受けてみて1人1人がしっかり体験することができるため理解も深まります。2つ目は就職に強かった点です。就職先も様々な分野があり、将来を考えていく上でも選択肢が広いという点にも魅力を感じました。学校生活を送っていく中で日々の勉強の大切さに気づきました。1からのスタートで毎日大変ですが共に学ぶ仲間と励ましあいながら過ごしています。学校行事をクラスみんなで乗り越えていく中でも人間関係の大切さや人との関わり方、価値観の違いを尊重することなど集団だからこそ学べることも多くあります。ここで学ぶこと1つ1つを大切にし、利用者の心に寄り添い、利用者の自分らしい暮らしをサポートできる介護福祉士になれるよう日々努力していきたいです。

(掲載年度:2021年度)

実習について

私は、母子生活支援施設で実習を行いました。
母子生活支援施設は児童福祉法に基づく児童施設で、DVの被害にあわれた母子世帯や外国籍の母親の世帯など、様々な問題を複合的に抱えた母子世帯が入所しています。そのため、実習生として母子とどのようにコミュニケーションを取るのか、事前学習において入所者の状況などを調べ理解し、相手に合わせた適切なコミュニケーションとはどういうものかを常に考え、実践しました。
実習中は、私自身二児の母ということもあり、母子が抱える様々な問題を目の当たりにし、悩んでしまうこともありましたが、実習指導者や施設職員、実習巡回担当の先生にご指導頂きながら授業では得られない多くのことを本実習で学ばせていただきました。
今後の学校生活では、本実習で得た学びをさらに深め、利用者や入所者一人一人に合わせた関わりや支援を実践し、求められる社会福祉士を目指し日々精進していきたいです。

(掲載年度:2022年度)

先生からのメッセージ

福祉は人を幸せにする仕事

  • 甲斐 洋介先生

社会福祉は、困っている人を今より幸せにするためにあります。
社会福祉の対象者には、児童、何らかの病気や障がいを抱えた人、介護が必要な人、
経済的な問題を抱えている人、そのような人のご家族など、様々人がいます。
本校では、様々な社会福祉に関する授業や現場実習を通して学びを深め、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士といった国家資格取得と共に社会福祉のプロフェッショナルを目指します。また、教職員一同、本校に集まった仲間との関わりを通して価値観を広げ、様々な学生との学びあいの中で一緒に成長していきたいと考えています。すべての出会いは、あなた自身が成長していくための大切な宝です。あなたもここで、あなた自身の持ち味を生かして、社会福祉の対象者の幸せと地域社会への貢献のために、楽しく一緒に学びませんか。

(掲載年度:2021年度)