大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
山脇美術専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

「コンセプトづくり」にこだわった経験が今でも役立っています

オシャレなデザインが好きだったので、アパレルや高級チョコブランドの広告制作を行っている今の会社は私にピッタリでした。仕事ではWebをはじめ、リーフレットやカタログを作成。パッケージをデザインすることもあります。
山脇に通っている時から「コンセプトづくり」にこだわっていたので、その経験が今でも役立っています。また、パッケージデザインの授業も好きだったので、仕事で初めて実際の製品になった時はすごく感激しました。
デザイナーになって約3年経ちますが、まだまだデザインの引き出しの少なさを痛感。これからもいろんな制作物にチャレンジして、デザインの幅を広げていきたいです。

(掲載年度:2021年度)

念願だった西海岸のライフスタイルを表現したWTW HOUSE(住宅)を販売

卒業後、当時「Francfranc」などを展開していた株式会社バルスに入社しました。その後「AGITO」六本木ヒルズ店のサブマネージャー、「BALS TOKYO NAGOYA」のマネージャーを経て、「WTW(ダブルティー)」のブランド立ち上げを主導。現在、青山店をはじめ全国5つの店舗やオンラインショップを取り仕切っています。山脇在学時から店舗デザインやインテリアーコディネートに興味があり、現在の仕事に生かされていることが多くあります。2019年には、私の念願だった西海岸のライフスタイルを表現したWTW HOUSE(住宅)を販売開始。今後も、毎日の生活に海を感じる心地いいアイテムの数々を発信していきます。

(掲載年度:2021年度)

ブライダルリングを中心にお客様の大切なジュエリーの修理・リフォームなど幅広く対応

ケイウノでは、オーダーメイドによる一点物の制作を自社内で一貫して行っています。ブライダルリングを中心にお客様の大切なジュエリーの修理・リフォームなど幅広く対応していますが、その中で私が得意としているのは地金加工。また、在学中に伝統彫金を学んでいたこともあり、木目金の加工も任されています。どのジュエリーもお客様にとって大切なものですので、常に商品のその先にいるお客様を意識して丁寧な作業を心掛けています。クラフトマンは現状の自分に満足することなく、常に技術を磨き、成長し続けなければなりません。私も、より難易度の高い商品を任されるよう、これからも技術を向上させていきたいと思っています。

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

自分の可能性を見つけて伸ばすことができます

  • 中沢しのぶ先生

山脇の幅広いカリキュラムならば、はじめてでも自分の可能性を見つけて伸ばすことができます。
絵を描くことや、ものづくりが好き!そんな気持ちを大切にぜひチャレンジしてください。講師全員でサポートします。

(掲載年度:2021年度)

経験ゼロから育てます!

  • 浅野 真理先生

インテリアや建築が好き!そんな意欲を経験ゼロから大切に育てていくのが山脇です。
課題にトライしながら得意分野を見い出していけるカリキュラムを豊富に用意していますので、安心していらしてくださいね!

(掲載年度:2020年度)

作品に石の輝きが加わると喜びもひとしお!人気授業「ストーンセッティング」

  • 富永 文先生

-人気の授業、ストーンセッティング(石留め)について聞きました-
制作課題としては、シルバーの板から作った平らなチャームに留め、次にリングの表面に複数留め・・・という具合にステップアップ形式で、入学から半年間で6つの石留めジュエリーを制作します。そして学年が上がるごとに難易度が高くなり、2年次にはたくさんの石が隙間なく敷き詰められた「パヴェセッティング」や「爪留め」、3年次には石を連ねる連座のジュエリーや、ジュエリーデザインに合わせたオリジナルのセッティング方法を考え、ジュエリーを制作します。
パヴェセッティングのような難しい技法は、プロのジュエリー職人であっても誰もができるわけではありません。しかし、山脇の学生はこのカリキュラムにより、なんと全員ができるようになるので、就職活動の際には作品を見せると、企業の方には大変驚かれます。
在学中にこれほど石留めができる学校は、日本中を探しても他にはないでしょう。「自分は石留めができるんだ!」と胸を張って卒業する学生も多いです。

(掲載年度:2020年度)