大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立専門学校
山脇美術専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

自分のデザインした商品が、世界中のお店に並ぶ!

自社オリジナルの商品企画・デザイン・開発を担当しています。シリコンがまぐちPOCHIは私が入社して間もない頃に発案・デサインしたものてす。
今ではアイテム数も増え、日本のみならす海外でも販売されています。雑貨店だけでなく、NYのMoMAのミュージアムショップでも取り扱いがあります。
それまで、シリコンでつくられたがまぐちは世界のどこにもなく、参考見本になるものは無かったので、試行錯誤を繰り返し、開発に1年半ほど費やしてようやく理想のカタチのころんとしたシリコンがまぐちが完成。
たくさんの人が、喜んだり楽しくなるような商品を発売できるよう、これからもがんばります。

(掲載年度:2020年度)

店舗やオフィスの内装デザインから設計、施工管理までを手掛けています

  • 今井 俊文さん
  • スペースデザイン科
  • 2001年卒業 株式会社TOTAL RANGE クリエイティブディレクター・代表取締役

独立起業して約5年が経ちます。仕事では主に、店舗やオフィスの内装デザインから設計、施工管理までを手掛けています。
仕事でいちばん醍醐味を感じるのは、やはり自分のデサインや設計をクライアントに提案するとき。
手応えのある反応があればうれしいですし、新たな課題が出てくれば、さらなる挑戦に燃えてきます。
私が仕事でこだわっているのは、デザインや設計だけにとどまらず、施工管理まで一貫して行うこと。
なので完成したとき、自信を持ってクライアントにお見せすることができます。
今まで築き上げた人とのネットワークを大事にしながら、これからもいろいろな案件を手掛けていきたいです。

(掲載年度:2020年度)

一人でも多くの高校生の方に、ジュエリーをつくる楽しさに触れてほしいですね

  • 板野 竜也さん
  • ジュエリーデザイン科
  • 2014年卒業 株式会社ダイアート三枝 クラフトマン・貴金属装身具製作技能士1級

仕事では、店頭に並ぶ商品のもとになる原型を制作しています。
作家からあがってきたデザイン画をカタチにするのですが、なかなか作家のイメージ通りにできないこともあり、うまくできたときはすごく達成感かあります。
ベテランの上司の方は、デザイン画を受け取った瞬間にすでに頭の中にあらゆる角度からの完成形ができ上がるようで、自分も早くそうなれるよう、がんばりたいです。
昨年は、国家資格である貴金属装身具製作技能士1級に挑戦。合格することができ、クラフトマンとしてさらなる一歩を踏み出しました。
ぜひ、一人でも多くの高校生の方に、ジュエリーをつくる楽しさに触れてほしいですね。

(掲載年度:2020年度)

先生からのメッセージ

自分の可能性を見つけて伸ばすことができます

山脇の幅広いカリキュラムならば、はじめてでも自分の可能性を見つけて伸ばすことができます。
絵を描くことや、ものづくりが好き!そんな気持ちを大切にぜひチャレンジしてください。講師全員でサポートします。

(掲載年度:2020年度)

経験ゼロから育てます!

インテリアや建築が好き!そんな意欲を経験ゼロから大切に育てていくのが山脇です。
課題にトライしながら得意分野を見い出していけるカリキュラムを豊富に用意していますので、安心していらしてくださいね!

(掲載年度:2020年度)

作品に石の輝きが加わると喜びもひとしお!人気授業「ストーンセッティング」

-人気の授業、ストーンセッティング(石留め)について聞きました-
制作課題としては、シルバーの板から作った平らなチャームに留め、次にリングの表面に複数留め・・・という具合にステップアップ形式で、入学から半年間で6つの石留めジュエリーを制作します。そして学年が上がるごとに難易度が高くなり、2年次にはたくさんの石が隙間なく敷き詰められた「パヴェセッティング」や「爪留め」、3年次には石を連ねる連座のジュエリーや、ジュエリーデザインに合わせたオリジナルのセッティング方法を考え、ジュエリーを制作します。
パヴェセッティングのような難しい技法は、プロのジュエリー職人であっても誰もができるわけではありません。しかし、山脇の学生はこのカリキュラムにより、なんと全員ができるようになるので、就職活動の際には作品を見せると、企業の方には大変驚かれます。
在学中にこれほど石留めができる学校は、日本中を探しても他にはないでしょう。「自分は石留めができるんだ!」と胸を張って卒業する学生も多いです。

(掲載年度:2020年度)