大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

宮城県 私立専門学校
仙台リゾート&スポーツ専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

スポーツを通して、人々の生活を豊かにしていきたい。

  • 菊田 俊樹さん
  • 株式会社ゴールドウイン 勤務

●本校に入学したきっかけ
自身が10年間野球に打ち込んでいたこともあり、卒業後もスポーツに関わる仕事がしたいと考えながら学校探しをしていく中で、プロスポーツチームとの交流やサポート等が充実している点が魅力的だったことが決め手となり、本校に入学しました。

●仕事内容
アウトドア用品を中心とした衣類、雑貨類の販売業務や、それに伴う商品発注や係数管理など、店舗運営にも関わっています。

●専門学校の学びや経験で、今1番役に立っていると思うこと
実習では、様々な立場の人たちとコミュニケーションを取ることで自身の考えを広げることができました。また、学生ながら大会に帯同することもできたので、チームワークや責任感もそこで養われたと思います。天皇杯サポートでは、実習以上に様々な立場の人たちとともに業務を行なうことで、さらなる連帯感や責任感、そして考える力を身につけることができました。

●仕事でやりがいを感じる時
店舗全体で目標(売上目標やキャンペーン獲得目標等)を達成できたときなどにやりがいを感じます。また、日々お客様と接する中で、お客様が笑顔で帰っていくのを見るとやはりとても嬉しいです。自店で商品を購入されたお客様が、購入された感想を伝えに再来店してくださることもあり、とても励みになっています。

●今後の夢や挑戦したいこと
来店してくださったお客様を笑顔にし、満足してもらえるような接客スキルを身に付けることが今後の目標です。また、「スポーツを通して人々の生活を豊かにしていけるよう」、今の仕事を通してサポートをし続けていきたいと思います。

●同じ業界を目指す高校生へアドバイス
インターネットでなんでも安く簡単に手に入る今の時代、店舗に求めるお客様の期待は多く、複雑です。だからこそ、目標を達成したときや成功したときの達成感は何事にも代えられません。また、上記のようにインターネットが発達した今、お客様と直接やり取りし、直接表情を見られるのはとても楽しいです。

(掲載年度:2020年度)

ストレングスコーチとして 一般の方やアスリートを指導。

  • 江口 達也さん
  • CROSSFIT FIND 経営

●仕事の内容とそのやりがい
クロスフィットというアメリカのトレーニングの資格を持っており、フランチャイズでジムを経営し、ストレングスコーチとして活動しています。バーベルや重りを使ったり、その他さまざまなトレーニングを通じて、健康やパフォーマンスを向上させるということをしています。現在は一般の方もいますが、アスリートの方、何かしらスポーツをしている方が中心となっています。グループレッスンもありますが、個人レッスンが多く、一人ひとりカルテを作成し、その方の目的に合わせて指導していきます。
やりがいを感じるのは、サポートしているお客様やアスリートが目標を達成できたときの笑顔です。女性のお客様でパーソナルトレーナーをつけてトレーニングをやっていたのに、目標の数字まで痩せることができずにいた方の目標達成に貢献できたことがうれしかったです。また、マラソンをやっているお客様が大会までの身体づくりのために通い、無事、大会で完走できたという感謝の報告をいただいたときも大きなやりがいを感じました。

●お客様や職場を明るく元気にしているエピソード
お客様に対しては、モチベーションを維持できるような声かけを心がけています。提案したいことがあっても一方的に伝えずに、お客様の意見を聞くことを大事にしています。また、やる気が落ちているお客様には、「短期的な目標をつくってみましょう」と提案したり、ダイエットの方であれば、体重にフォーカスしすぎないように、健康面の大切さをお話したり、ちょっとした変化を見つけてよい面をお話するようにしています。

●学校で学んだことで役立っていること
僕はインストラクターコースだったのですが、学ぶうちに、インストラクターではなくてトレーナーになりたいと思うようになりました。それで、トレーナー科で指導している青島先生が開催しているトレーナーの集いというイベントに参加させてもらっていました。参加したことで、トレーナーを目指している学生からいろいろな刺激を受けることができたのと、今の自分ではダメだと思い、トレーナーになるために努力を重ねるようになりました。そのときの思いが今につながっていると感じます。でも、インストラクターコースだったからこそ、広い視野でいろんなことを勉強できたことはよかったと思っています。

(掲載年度:2019年度)