大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

福岡県 私立大学
九州国際大学

TEL
093-671-8916(入試・広報室)
E-mail
admission@kiu.ac.jp
URL
http://www.kiu.ac.jp/
school

先生・先輩

先輩の声

学び続ける姿勢が身につきました

  • 井上 惇さん
  • 法律学科
  • 法学部法律学科(2021年3月卒業) / 福岡県警察勤務

入学してから長期にわたり公務員試験の勉強をしてきたので、ゴールに向かってモチベーションを保ち続けることが大変でした。ストレスが溜まった時は一度勉強から離れてゆっくり休み、気持ちを切り替えてから全力で取り組むようにしていました。勉強も就活も、メリハリをつけることが長続きのコツだと思います。

(掲載年度:2022年度)

ゼミや部活動を通して鍛えた発信力や主体性が就活のPR材料に!

  • 野原 幸也さん
  • 地域経済学科
  •  現代ビジネス学部地域経済学科(2021年3月卒業) / 九州旅客鉄道(株)勤務

経営コースで企業のことを深く学び、プレゼン力もつけられたので、就職活動で非常に役立てることができました。また、教授やキャリア支援室の方々と距離が近く、サポートが徹底していることもありがたかったですね。自分の夢や目標に向かって、思いきり行動することができる大学だと思います。

(掲載年度:2022年度)

積み上げてきた英語力を活かし、海外業務に携わることが目標です

  • 飯田 竜志さん
  • 国際社会学科
  •  現代ビジネス学部国際社会学科(2021年3月卒業) / (株)ゼンショーホールディングス勤務

コツコツと取り組みTOEICの点数のスコアがアップできたことを就職活動ではPRしました。就職先が海外出店をしている「すき家」の牛丼でおなじみの(株)ゼンショーホールディングスなので、商品仕入れに携わるバイヤーとして海外業務に就けた場合には、在学中に培った語学力を活かしていきたいと思います。

(掲載年度:2022年度)

先生からのメッセージ

育てたいのは、実社会を生き抜くための論理的思考力と問題解決力。

  • 阿部 理香先生

大学生になると自由に使える時間が増え、活動範囲も広がります。自由とは、自分で考え、自分の責任で行動するということ。この「責任ある自由」を支えるのが、論理的思考力と問題解決力です。このふたつは、卒業後どんな職業に就いても必要となる大切な能力です。これを身につける
ために、本学の法学部は、偏りなく履修できるカリキュラムと、法律を体系的に学べる仕組みを整えています。リスクマネジメントコースでは、現職の警察官や消防士の声が直接聞ける環境を整備。救命講習や合宿、地域安全マップの作成など、ユニークな取り組みも注目されています。資格取得プログラムでは、豊富な実務経験をもつ有資格者の教員が基礎から指導。キャリアコースでは、学内に法人を設立し、企業経営や商品の企画・開発を実践的に学ぶことができます。
社会はどうあるべきか。市民としてどのように行動し、生きるべきか。その正しい判断を基に、実社会で活躍できる人材を育てていきたい。それが、私たちの願いです。

(掲載年度:2020年度)

カリキュラム。指導体制。サポートシステム。すべてが、地域の第一線で輝くためのスペックです。

  • 田尻 敬昌先生

経済学や経営学の専門知識とスキルを基に、地域に寄り添い、学内外のさまざまな人々と協働しながら社会の課題を解決していく。こうした人材を育てるのが地域経済学科です。地域といっても、そこにはさまざまな要素があり、違いがあります。町が違う。人が違う。経済や文化も、決して一様ではありません。こうした多様性こそが地域の可能性なのです。これに着目し、教員や職員、学生らが仲介者となって、住民と住民を結びつける。「多様な人材による多様な考え方」
を生かして、地域の活性化をめざす。本学科の使命は、ここにあります。使命を果たすための体制は、万全です。初年次から卒業後までを見据え、専門分野の学修とキャリア形成を両立させたカリキュラム。確かな指導力と研究実績に加えて、さまざまな業界・組織にネットワークもつ教員。彼ら指導陣と職員、先輩学生らが一体となって支えるサポートシステム。そのすべてが、学生一人ひとりを地域の第一線に送り出すためのスペックです。

(掲載年度:2020年度)

スマートフォン版はこちら