3・4年制の専門学校特集│進路ナビ

専門学校一覧

特集

大学では、座学や論文、実験など学術的な学びが中心で、実習よりも知識を増やし深めるための授業が多くなります。 しかし、専門学校では、目指す仕事に必要な知識やスキルを学ぶために、演習や実践型授業が中心です。また、TECH.C.では企業と共に学ぶ「企業プロジェクト」や他学科の授業を無料で受ける事ができる「Wメジャーカリキュラム」など一人ひとりの学びに合わせたカリキュラムが充実。さらに業界経験がある講師や現役のプロが実際の現場での経験や体験談、仕事内容などを想定して教えてくれるため、業界の「イマ」を学ぶ事ができます。

≫続きを読む

特集

4年制では、決められた要件を満たし、文部科学省が指定した課程の修了者に高度専門士の称号が付与されます。高度専門士を取得することで、大学院への進学が可能になり、進路の幅が広がります。また、就職時の採用・給与等待遇面での評価の向上など、さまざまな効果を生み出します。

≫続きを読む

特集

3年間のカリキュラムで、情報システム科(2年制)と情報ネットワーク科(2年制)のカリキュラムを3年間で網羅し、より幅広く、効率的に学びます。

≫続きを読む

「産学連携教育」を教育の核とし、業界が求める人材を育てていきます。 業界が求める即戦力な人材に必要な技術力・知識はもちろん、プロとしての気構え、心構え、身構えを業界で活躍する講師の授業や企業課題、インターンシップなどを通してプロの現場で経験を積みながら身につけていきます。

≫続きを読む

実習中心の授業で学び、スキルを磨きます。 4年制専攻の実習時間は3,400時間以上! 長期間だから深く突きつけて学べ、卒業後即戦力として活躍できる知識や技術を身につけることが可能です。また、エンターテイメント業界は他の業界、業種に比べて変化のスピードが桁違いです。 スマートフォンを中心とした新しいビジネスモデルが次々と誕生しています。そんな時代に適応した業界人を育成しています。

≫続きを読む

大学との最も大きな違いは音楽・エンターテイメントの世界に必要な科目だけを学習するので、4年間のトータル的な専門科目はかなりの時間数になります。 作曲・楽器・表現・映像・英語など様々なカリキュラムが用意されていますが、 全てはエンターテイメントで活躍するために必要な学びのみを提供する4年間となりますので、なりたいものに直結する4年間。

≫続きを読む

今やダンサー、アクターの仕事は自己表現のみにとどまらず多岐にわたります。 最先端テクノロジーを学び、英語力を育み、ビジネスのトップリーダーとしてマネジメント力を身につけます。 創造力とテクノロジーで未来の新しいエンターテイメントを作り出します。

≫続きを読む

スマートフォン版はこちら