デザイン・イラスト・アニメ・編集関係

グラフィックデザイナーのイメージグラフィックデザイナー

読む人、見る人をひきつける誌面をクリエイト

雑誌、ポスター、パンフレットなどの印刷物をつくる際、文字や写真の配置を考え、色やパターンを効果的に使って誌面をデザインする仕事。印刷物の目的を的確に理解し、それを表現する知識と技術、斬新なセンスや創造力が必要。一般的には、養成機関などで学び、デザイン事務所などで働く。フリーで活躍する人も多い。

続きを読む

WebデザイナーのイメージWebデザイナー

デザインセンスとコンピュータの知識・技術が必要

画像、文字、動画、音声などの素材を組み合わせて、Webページを制作・デザインする仕事。見た目の美しさやインパクトはもちろん、他のページとの関連や使いやすさなどについても考えてデザインをする。プログラム設計や作成の知識・技術も幅広く身につけておきたい。養成機関で学び、制作会社へ進むのが一般的だ。

続きを読む

CGデザイナーのイメージCGデザイナー

リアルな画像づくりに欠かせないスペシャリスト

コンピュータを使ってCG(コンピュータグラフィックス)画像をつくる仕事。立体的な3次元CGはTV、映画、ビデオ、ゲーム、あるいは印刷物のほか、建築や医療の分野でも利用されていて、CGデザイナーの活躍の場は広がっている。コンピュータの知識に加え、表現能力、デザインセンスが必要。情報処理系やデザイン系の学科で学ぶのが近道だ。

続きを読む

アートディレクターのイメージアートディレクター

広告などのビジュアル面全般を取り仕切る

雑誌や広告ツールを制作する際、グラフィックデザインやWebデザイン等のフィールドで、作品の視覚的なイメージを考え、デザイナー、イラストレーター、カメラマン等をとりまとめていく責任者。各々の仕事に詳しいことはもちろん、企画力や創造力、コミュニケーション力や交渉力も求められる。グラフィックデザイナーの実績を積んでから転身する人が多い。

続きを読む

プロダクトデザイナーのイメージプロダクトデザイナー

使いやすさと見た目を探究して、ヒット商品を生む

工業製品をデザインする人。消しゴム、シャープペンシルなどの文房具、電化製品、時計、携帯電話、机など私たちの身のまわりにある製品の多くがプロダクトデザイナーの手によるものだ。デザイナーは、カタチの美しさ、機能性、生産コストなどさまざまな要素を考慮し、模型による試行と改良を重ねながら、製品を完成させていく。

続きを読む

ジュエリーデザイナーのイメージジュエリーデザイナー

宝石や貴金属を組み合わせてアクセサリーをつくる

宝石や金・銀・プラチナなどを使い、指輪やネックレス、イヤリング、ブレスレットなどのデザインをする人。デザイナーになるには、まず宝石や貴金属の素材の性質や、素材をカットしたり磨いたりする加工技術を熟知しなければならないため、養成機関で学ぶことがオススメ。経験を積んで力がつけば、フリーになることも可能だ。

続きを読む

伝統工芸職人のイメージ伝統工芸職人

日本の伝統技能を継承するスペシャリスト

陶芸、染織、漆器、木工品、竹細工など、日本独自の伝統工芸品を作る人。これらの世界は師弟制・世襲制がくずれ、後継者不足が悩みの種だったが、最近では後継者を育成する学校等を設立するところも出てきている。一人前になるには、長年の経験が不可欠。厳しい世界だが、技を身につけたら一生ものの仕事になる。

続きを読む

イラストレーターのイメージイラストレーター

メッセージを彩り、効果的に見せる

雑誌や広告、Webページなどの制作物にイラストを描く仕事。独自のタッチによるイラストを依頼されることもあるが、依頼主から絵柄や描き方に注文がつく場合も多く、それに対応できる技術が必要。さまざまな知識・技能を身につけるために、養成機関などで学ぶ。デザイン会社などでキャリアを積む人、フリーで活躍する人もいる。

続きを読む

アニメーターのイメージアニメーター

世界的に評価されている日本アニメを支える存在

TVアニメや映画の絵を描く仕事。キャラクターの動きの基本部分を「原画」といい、原画と原画の間の細かい動きの絵を「動画」という。アニメーションの制作は、この二つの部分を中心に、背景や色づけなどを分担して行う。最近はコンピュータによる絵づくりが行われているが、膨大な量の絵を描くことに変わりはなく、根気と体力が不可欠の仕事だ。

続きを読む

まんが家のイメージまんが家

独自のアイデアと創造力でヒット作品を生む

高校生デビューの例があるように、実力勝負の世界。ストーリー展開、人物設定、絵柄の魅力などが成功の鍵を握る。週刊誌・月刊誌に連載できる人はひと握りだが、売れっ子になると複数の連載を抱え、寝る間を惜しんで働くことも。養成校で学ぶ、まんが家のアシスタントとして経験を積む、作品を出版社に持ち込む、賞に応募するなどが、プロのまんが家へのルート。

続きを読む

画家のイメージ画家

芸術へのあくなき情熱と探究心で描く

日本画家、洋画家、中国画家などのジャンルがある。絵を描いて生計を立てられる画家はごくわずかで、カルチャースクールの講師をしながら絵を描いている人もいる。著名な画家に師事して修業を積む人も多い。日展、二紀展、二科展などの公募展の入選などにより、道が拓けてくる。才能はもちろん重要だが、たゆまぬ努力を惜しまない覚悟が大切だ。

続きを読む

ライター/コピーライターのイメージライター/コピーライター

磨かれた言葉で物事を社会にアピールする

どちらも文章を書くプロだが、仕事の内容は異なる。ライターは雑誌や本の原稿を書く人で、事実をわかりやすく伝える、またはある視点や考えに基づいて文章を書いていく。それに対してコピーライターは商品を宣伝する広告文を書く人。いかに商品を社会にアピールするかを念頭に置き、ポスターやパンフレットなどの文章を書いていく。

続きを読む

編集者のイメージ編集者

本づくりのすべてに関わる司令塔

本や雑誌をつくる人。企画立案から執筆者やイラストレーター、カメラマンなどの手配、スケジュール管理のほか、取材に出かけたり、原稿を書いたりと仕事内容は多岐にわたるため、あらゆる作業の状況を把握していなければならない。印刷工程の管理まで含めた幅広い知識が不可欠で、世の中の動きをキャッチするアンテナ、企画力、文章力が求められる。

続きを読む

新聞記者のイメージ新聞記者

より早く、正確に最新情報を社会に伝える

新聞記事を書く人。新聞には、社会のさまざまな出来事を扱う大手の新聞、特定の業界だけを扱う業界紙、特定の地方を対象とする地方紙などの種類があり、記者はそれらの特色に合わせた取材をし、記事にしていく。記者になるには、好奇心、情報を追いかける根気、情報が真実かどうかを見抜く目、そして幅広い知識が必要だ。

続きを読む

デザイン・イラスト・アニメ・編集関係を目指せる専門学校を探す