医療秘書・医療福祉ビジネス関係

医療事務/医療秘書のイメージ医療事務/医療秘書

病院・医療機関の事務作業をスムーズにする

医療事務は、主に病院や医院の窓口における受付、治療にかかった費用の計算・請求、保険証の確認、カルテの作成・管理などを行う仕事。医療秘書は、それら医療事務の業務に加え、医師が抱える事務の補佐やスケジュール管理も行う。どちらも関連資格を取得しておくと就職に有利。

続きを読む

診療情報管理士のイメージ診療情報管理士

病院にとって重要なデータである診療記録を管理

病院の診療記録にある情報を管理、加工、分析する仕事。患者に対する医師の診断結果、治療状況や期間、薬の種類、検査の有無や種類といったデータをコンピュータで整理したり、診療記録に不備がないかの確認、データ分析による統計資料の作成を行うこともある。医療の質の向上、病院の経営管理において、重要な役割を果たしている。

続きを読む

歯科助手のイメージ歯科助手

スムーズで快適な歯科業務をサポートする

歯科医院での受付業務、患者の案内、カルテの管理、診療器具の準備や手渡しなど、スムーズに業務ができるようサポートを行う。歯科衛生士の業務と重なる部分もあるが、歯科助手は患者の身体に触れられないのが大きな違い。歯科助手には定められた資格はないが、養成機関で確かな知識を身につけておきたい。

続きを読む

病棟クラークのイメージ病棟クラーク

病棟業務や医療従事者の業務の質を高めるサポート役

入院病棟にあるナースステーションや事務室に勤務し、医師や看護師などが医療業務に専念できるよう、患者の入退院手続きやカルテの管理、医療物品の手配・管理、あるいは各種伝票処理や手術のスケジュール管理、電話応対、面会者受付など、幅広い業務を担う。外来受付が主の「医療事務スタッフ」との大きな違いは、「病棟」が舞台である点だろう。

続きを読む

登録販売者のイメージ登録販売者

医薬品を店頭で対人販売する専門家

薬局・薬店・ドラッグストアなどにおいて、一般用医薬品の第二類および第三類医薬品の販売を行う。「薬剤師」とは異なり安全性において特に注意が必要とされる第一類医薬品を取り扱うことはできない。購入希望者の相談に応じたり必要な情報を提供したりと、医薬品に関する広範な知識を身につけていることが必要。

続きを読む

医療秘書・医療福祉ビジネス関係を目指せる専門学校を探す