写真関係

カメラマン(写真家)のイメージカメラマン(写真家)

シャッターチャンスをとらえる感覚と感性で勝負

報道カメラマンと広告カメラマンに大きく分かれる。前者が事象や生物・物体をあるがままに捉えるのに対し、後者は広報・宣伝という意図をもって、商品を撮影する。いずれにしても、いかに良い写真、アピールできる写真を撮れるかどうかの実力が問われる世界。仕事をするには、自然・動物・人物・スポーツなど、得意分野を持つと有利だ。

続きを読む

写真関係を目指せる専門学校を探す