動物関係

警察犬訓練士のイメージ警察犬訓練士

犯罪捜査で活躍する警察県を鍛える

警察犬訓練士とは、扱う警察犬の種類によって「直轄警察犬訓練士」(公務員)と「嘱託警察犬訓練士」(民間人)の2種類に分かれる。直轄警察犬(警察所有犬)訓練士は鑑識課の警察官が、嘱託警察犬(民間所有犬)訓練士は民間の警察犬訓練所で働く訓練士などが務める。嘱託警察犬訓練士になるには、見習訓練士として訓練所に入り、住込みで早朝から夜遅くまで働きながら「公認訓練士」の資格を取得するのが第一歩。

続きを読む

トリマーのイメージトリマー

ペットの身体をきれいにする“動物の美容師”

犬や猫などのペットのシャンプー、毛先のカット、ツメや耳の手入れをするほか、飼い主に対して健康管理やしつけ、飼い方のアドバイスも行う。犬や猫が好きなことはもちろんだが、ハサミなどを使って動物に触れるので、仕事中は安全への強い注意が必要。それぞれのペットに合ったスタイルを形作っていくため、美的センスも求められる。

続きを読む

獣医師のイメージ獣医師

動物の病気を治療し、健康を守るプロフェッショナル

犬、猫などあらゆる動物の診察・治療をする。最近は、ペットにも人間と同じような治療、高齢化に対するケアが行われるようになり、獣医師にはより確かな知識・技術、そして飼い主とのコミュニケーション能力が求められている。多くの獣医師は独立開業するのが一般的だが、製薬会社・食品会社での研究、官公庁での調査・研究に従事する人もいる。

続きを読む

動物看護師のイメージ動物看護師

獣医師とともに動物医療の現場で大活躍

獣医師のもとで診断や治療を補佐するいわゆる“動物の看護師”。動物医療に関する専門知識、栄養学やしつけ、管理に関する確かな知識が要求される。飼い主の相談に応じることも少なくない。飼い主や獣医師に信頼されるためには、コミュニケーション能力も欠かせない。ペットブームの好影響も手伝って、養成機関で基礎を身につけたスペシャリストに対する需要は高まる一方だ。

続きを読む

動物トレーナー/動物飼育係のイメージ動物トレーナー/動物飼育係

責任と根気、愛情をもって動物たちと付き合う

水族館や動物園、動物プロダクションなどで、動物の飼育や芸の調教にたずさわるエキスパート。勤務時間は不規則でハードな面もあり、動物が好きでなければ務まらない仕事だ。また、一緒に働く人たちとの協調性も欠かせない。公営・民営施設ともに、求人はかなり限られているのが実情で、公営施設の場合は、まず自治体職員になる必要がある。

続きを読む

盲導犬訓練士のイメージ盲導犬訓練士

盲導犬候補犬を訓練し、盲導犬に育てる

将来盲導犬として働く犬を訓練する仕事。視覚障害者の安全な歩行をサポートし、障害物を回避して誘導するのが盲導犬の役割。訓練は視覚障害者に代わって危険を察知できているかなど、犬の理解度をはかりながら訓練を行うため、確かな訓練技術とともに、根気と体力が必要となる。盲導犬訓練士としての経験を積んだ後に、盲導犬と視覚障害者との歩行指導を行う「盲導犬歩行指導員」を目指すケースが多い。

続きを読む

家庭犬訓練士のイメージ家庭犬訓練士

犬との信頼関係を築きしつけをするエキスパート

犬を預かったり、各家庭を訪ねたりして、犬にしつけをする仕事。また、飼い主に、愛犬とよいコミュニケーションがとれるよう、犬の扱い方、行動心理、健康に関することなどを伝授する。犬を飼う人が増えたことで、訓練士のニーズは高まっている。仕事をする際には、犬の訓練技術だけではなく、接客術も求められる。

続きを読む

ブリーダーのイメージブリーダー

動物の生命誕生に関わる責任重大な仕事

血統書付きの犬や猫を繁殖させて販売するのが主な仕事。血統に対しての注意を怠らず、計画的に繁殖する。趣味の延長で後継犬を残す場合、ショータイプの犬種をつくる場合、利益を得るために繁殖を行う場合など、目的はブリーダーによりさまざま。健康管理や手入れのアドバイス、アフターケアなども望まれる。眼力を養うためにできるだけ多くの個体を見る努力が必要だ。

続きを読む

動物関係を目指せる専門学校を探す