経済・経営・ビジネス関係

ビジネス実務法務検定試験のイメージビジネス実務法務検定試験

資格の種類:民間資格

「ビジ法」は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。例えば、営業で取引先との契約書を締結する場面を想像してください。契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断ができれば、トラブルを未然に防ぐことができます。身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。同時に、自分の身を守ることにもなります。

続きを読む

土地家屋調査士のイメージ土地家屋調査士

資格の種類:国家資格

不動産の登記に必要な土地や家屋の調査、測量をして、申請手続きを行う。

続きを読む

通関士のイメージ通関士

資格の種類:国家資格

通関書類の審査のほか、貨物の輸出入時に必要な税関での手続き(書類提出、審査、処分)についての意見、考えを伝える。

続きを読む

ファイナンシャル・プランニング技能士のイメージファイナンシャル・プランニング技能士

資格の種類:国家資格

職業能力開発促進法に基づく技能検定のひとつで、合格すると「ファイナンシャル・プランニング技能士」の称号が付与される。ファイナンシャル・プランナー(FP)として、顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定する。

続きを読む

消費生活アドバイザーのイメージ消費生活アドバイザー

資格の種類:公的資格

消費者と企業や行政等との“かけ橋”として、消費者相談業務において、適切なアドバイスをしたり、消費者の意向を企業経営に反映あるいは行政への提言ができる人材の養成を目的とした制度。

続きを読む

中小企業診断士のイメージ中小企業診断士

資格の種類:国家資格

中小企業から依頼を受け、経営診断および販売管理・労務管理などの指導や改善を行うなど幅広いコンサルティング業務を行う。

続きを読む

不動産鑑定士のイメージ不動産鑑定士

資格の種類:国家資格

土地を買う人と売る人に対して、公正な立場から不動産を調査し、適正な評価額を提示する。金融機関から融資を受ける際の担保となる不動産の鑑定、国や地方公共団体の鑑定業務など、職務は多岐に渡る。

続きを読む

宅地建物取引士のイメージ宅地建物取引士

資格の種類:国家資格

宅地、建物等の不動産取引において、売買、賃借の仲介を行う。適切な不動産鑑識力だけでなく、法律知識も必要となる。

続きを読む

公認会計士のイメージ公認会計士

資格の種類:国家資格

財務分野のスペシャリスト。企業の会計指導や財務監査をする。試験は難関だが、需要は多い。

続きを読む

税理士のイメージ税理士

資格の種類:国家資格

法人企業や個人経営者などの依頼を受け、所得税や法人税等の税務に関する申告の代行や書類の作成、税務の相談業務などを行う。

続きを読む

社会調査士のイメージ社会調査士

資格の種類:民間資格

社会調査に必要な知識と技を用いて、世論や市場の動向を質的・量的に調査し、分析できる能力を有する「調査の専門家」のこと。

続きを読む

秘書検定のイメージ秘書検定

資格の種類:公的資格

一般常識、事務処理、文書作成、マナーなど実務能力を客観的に認定する。また、社会人としてのビジネスの常識や能力を測る指針としても活用されている。

続きを読む

ビジネス能力検定(B検)ジョブパスのイメージビジネス能力検定(B検)ジョブパス

資格の種類:公的資格

社会人として必要とされるビジネス知識・社会常識・マナーやスキル等を検定し、就職活動・業務活動を強く支援するために実施している。

続きを読む

速記技能検定のイメージ速記技能検定

資格の種類:公的資格

特定の記号を使って談話・会見などを早く書き取り、それを再び元の文章に戻す(反訳)技術を認定する資格。1級合格者は会議・座談・講演などの単独速記が可能。録音テープを文書化する場合もある。

続きを読む

計算実務能力検定のイメージ計算実務能力検定

資格の種類:民間資格

現金出納、売買手形、株式等に関する計算実務を、帳票計算と商業計算の2種目に分け、総合能力を認定する。経理・財務担当者にとって有効な資格である。

続きを読む

上級簿記能力検定、一級簿記能力検定(ZENKEI)のイメージ上級簿記能力検定、一級簿記能力検定(ZENKEI)

資格の種類:公的資格

出納・取り引き等を帳簿に記し、整理する簿記能力の検定試験。専門学校等で専門教育を受けるのが取得の近道。上級有資格者は税理士の受験資格を得る。

続きを読む

サービス接遇検定のイメージサービス接遇検定

資格の種類:民間資格

サービス接遇実務における理解、知識、技能やサービス能力を測る。3・2・準1・1級がある。

続きを読む

社会人常識マナー検定のイメージ社会人常識マナー検定

資格の種類:民間資格

出題領域は「社会常識」「コミュニケーション」「ビジネスマナー」の3つの領域からで、より実務的・実践的な人材の育成に役立つように設定。「ビジネスマナーや常識」の習得などを目的としている。

続きを読む

ビジネス実務法務検定のイメージビジネス実務法務検定

資格の種類:民間資格

ビジネスに不可欠のコンプライアンス(法令等遵守)能力の基礎となる実務的な法律知識を体系的かつ効率的に身に付けることを目的とした検定。

続きを読む

日商簿記検定のイメージ日商簿記検定

資格の種類:公的資格

企業経理部門を目指すなら、取得しておきたい代表的な簿記検定。1級有資格者は税理士の受験資格が与えられる。

続きを読む

リテールマーケティング(販売士)検定のイメージリテールマーケティング(販売士)検定

資格の種類:公的資格

小売業の発展と消費者サービス向上を図る。販売員として、消費者を満足させる知識や技術を身につけるが、1級になると小売業経営に関する高度な専門的知識や、総合的な管理業務を遂行できる能力を求められる。

続きを読む

文書処理能力検定 (ワープロ・表計算)のイメージ文書処理能力検定 (ワープロ・表計算)

資格の種類:民間資格

オフィスワークで欠かせない、パソコンによる文書作成や統計データ処理の能力を検定する。ワープロと表計算の2種目がある。入力の正確さのほか、国語力が必要となる。

続きを読む

ビジネス文書検定のイメージビジネス文書検定

資格の種類:民間資格

ビジネスにおける情報伝達、コミュニケーションの基本となる文書作成の能力を審査する検定。

続きを読む

国際会計検定(BATIC(R))のイメージ国際会計検定(BATIC(R))

資格の種類:公的資格

英語による基本的な会計取引(英文簿記)の理解度を問う「Subject 1」と、その応用的な知識である国際会計理論の理解度を問う「Subject 2」の2科目で構成される検定。合格、不合格の判定はなく、TOEIC(R)などと同様に獲得スコアで評価される。

続きを読む

日商PC検定試験(1~3・ベーシック)のイメージ日商PC検定試験(1~3・ベーシック)

資格の種類:公的資格

企業実務においてITを利活用する実践的な知識、スキルの習得の程度を認定する検定。ビジネス文書の作成、活用能力が問われる「文書作成」と、業務データの活用能力が問われる「データ活用」の二分野があり、それぞれ1~3級、ベーシックがある。

続きを読む

所得税法能力検定試験のイメージ所得税法能力検定試験

資格の種類:民間資格

所得税に関する税務知識の検定試験。取得すれば企業の経理部門、会計事務所などへの就職の際に有利。平成23年度までは税務会計能力検定の1種目として実施されていた。

続きを読む

法人税法能力検定試験のイメージ法人税法能力検定試験

資格の種類:民間資格

法人税に関する税務知識の検定試験。取得すれば企業の経理部門、会計事務所などへの就職の際に有利。平成23年度までは税務会計能力検定の1種目として実施されていた。

続きを読む

消費税法能力検定試験のイメージ消費税法能力検定試験

資格の種類:民間資格

消費税に関する税務知識の検定試験。取得すれば企業の経理部門、会計事務所などへの就職の際に有利。平成23年度までは税務会計能力検定の1種目として実施されていた。

続きを読む

経済・経営・ビジネス関係を目指せるを探す