農学

農学、生物生産・資源学のイメージ農学、生物生産・資源学

農業生産・バイオテクノロジーなどを学ぶ

農業生産に関する原理や技術、生物資源の利用や保全を研究する学問。 具体的には、農作物や花・果樹・野菜などの品質向上や生産向上、品種改良、緑化や土壌・肥料などに関する研究などを行う。 近年は、資源やエネルギー問題、環境問題とも深く関わり、バイオテクノロジーの研究に力を入れている学校が多い。 農学部、特に応用生物科学科、生物生産科学科、生物資源学科といった学科で学ぶことができる。 応用生物科学科などでは、生命現象や生物機能をさまざまなレベルで解明し、その新しい利用法を考えていく。 生命・食料・環境問題を解決することを目的として、食品に潜在している機能を活用した研究などを行う。 さまざまな生物のしくみを分析する実験のほか、農場での実習を行ったりもする。

続きを読む

農芸化学のイメージ農芸化学

化学の視点から農業を考える

化学や生物学などの観点から農業について考えていく。動物・植物・微生物の生命現象、生物が生産する物質、食品と健康などについて、化学的な考え方に基づいて基礎から応用まで広く研究する。 具体的には、土壌や肥料の研究、微生物の応用、食品の栄養学的な解明などを行う。 実験や実習の割合が多く、各学科、各研究室では、それぞれ特色のある実験をしている。 なお、農芸化学の応用例としては、とうもろこしからのプラスチック作成、環境にやさしい除草剤、花粉症対策米、ピロリ菌を抑える乳酸菌を含むヨーグルト、香料・化粧品への活用などがある。 農芸化学は、農学部の中の応用生物科学科、応用生命科学科、生命機能科学科などの学科で学ぶことができる。

続きを読む

農業工学のイメージ農業工学

工学的見地から農地や農業の機械化などについて研究する

農業生産に関する基盤となる農地、作業、機械化、環境改善などについての工学技術を研究する。 主に、農地の造成・整備やかんがい施設などについて研究する「農業土木学」と、農業機械、加工のための機械や施設などについて研究する「農業機械学」に分かれる。 「農業土木学」では、水利学、土壌物理学、地域開発学、農村計画学など、農業施設の活用を軸とした科目を学ぶ。 一方、「農業機械学」では、農産機械学、ロボット工学などの科目を履修。農業機械の分解・組み立てや農業用ロボットの製作といった実習も行う。 農学部の農業工学科、環境管理学科、環境システム学科などで学ぶことができる。

続きを読む

農業経済学のイメージ農業経済学

農業を経済的な視点から分析

日本のみならずグローバルな視点から、現代の農業に関する問題・現象について、経済学を用いて研究する。 農作物の生産・流通・加工、輸出入、農業経営などの観点から分析していく。 農業関連の他の分野に比べると、社会科学的な要素が強い。 農学原論、生物資源概論など、農学に関する基礎的な科目に加えて、経済学的な視点から農業を分析するということで、農業経営学、農業市場論、農業金融論、農村社会学などといった科目を学ぶ。 また、食料生産において重要な要素である環境について学ぶケースも多い。 農学部の農業経済学科、生物環境システム学科、食料環境政策学科などで学ぶことができる。

続きを読む

森林科学のイメージ森林科学

森林の機能や役割、木材利用について学ぶ

森林について、その機能や役割の分析、また資源としての利用や保護などについて研究していく。地球環境の保全とも深く関わっている学問である。 具体的には、森林やその周辺の生態系、森林が地球環境に果たしている役割、木材の生産技術、森林破壊の問題や森林造成に関する研究などを行う。 造林学、森林政策学、木材工学、木材生物学、森林化学などの講義で、森林やその生産物利用などについて学んでいく。実際の森林に出向いての実習も行う。 農学部の森林科学科、環境森林科学科などで学ぶことができる。

続きを読む

獣医学のイメージ獣医学

動物の病気を治療し、健康を守るための知識・技能を修得

ペットや家畜など動物の診察・治療をする獣医師になるために必要な勉強をする。 家畜をはじめ、各種動物の体の仕組みや病気の治療法などについて学んでいく。 獣医師の国家試験を受験するためには、まず大学で獣医学を学ぶことが必須となる。 修業年限は、医学部などと同様、6年となる。 獣医師免許を取得するには、卒業後、獣医師国家試験に合格する必要がある。 学ぶ分野は大きく分けて、動物の生態構造や病気の原因などを学ぶ基礎獣医学、病気の診断・治療・予防などを学ぶ臨床獣医学、家畜の伝染病発生の要因や予防法などを学ぶ応用獣医学があり、実験・実習が重視される。

続きを読む

畜産学のイメージ畜産学

家畜の飼育・繁殖から加工技術までを学ぶ

牛・豚・鶏などの家畜の飼育や繁殖、畜産食品などの加工技術を学ぶ。 畜産学部、農学部の畜産学科、畜産科学科、獣医学部の動物資源科学科などで学ぶことができる。 繁殖・成長・体内機能や生態の研究から、衛生管理、食肉・皮革・医薬品などへの開発・利用、畜産経営のあり方まで幅広く学ぶ。 また、近年では遺伝子操作の技術を駆使した研究なども行っている。 動物生理学、動物遺伝学、動物繁殖学、動物飼育学、動物栄養学、動物衛生学といった生態・飼育・管理に関連するものを主に学ぶ。また、動物資源利用学など、食品などへの加工に関する知識についても学ぶ。 学びの性格上、動物を使っての実習・実験も数多く行われる。また、実際に加工食品の製造をする食品実習などを行うコースもある。

続きを読む

水産学のイメージ水産学

水産資源に関する知識を修得

水産生物や海洋環境について、さまざまな角度から学び、水産生物の生態・養殖や食品・資源利用などに関する知識を習得し、水産資源の捕獲・養殖・加工や環境保全に関する研究を行う。 水産学部や農学部の水産学科、海洋系の学部・学科などで学ぶことができる。 環境と水産資源について研究する水産環境学、水産資源とその漁獲方法について研究する漁業・水産資源学、水産資源とその増殖について研究する水産増養殖学、水産資源の加工について研究する水産化学などを学んでいく。 また、講義で学んだ内容を実験を通して確認したり、漁業施設や漁場の見学、さらには実習船に乗船しての実習を行う場合もある。

続きを読む

動物看護学のイメージ動物看護学

獣医師をサポートする動物看護の知識を学ぶ

動物看護学は、獣医師と連携して動物の看護を行うための知識や技術を身につけるための学問。 動物専門学校で動物看護学について学ぶことができる。

続きを読む