大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立短期大学
愛知文教女子短期大学

TEL
0587-32-5169(入試・広報センター)
E-mail
kouhou@ai-bunkyo.ac.jp
URL
http://www.ai-bunkyo.ac.jp/
school

先生・先輩

先輩の声

”はじめての経験”を積む喜びを子どもたちにも感じてほしい。

  • 村井 志帆さん
  • あさひにこにこ保育園 勤務 2017年3月卒業

学生時代は、料理や編み物のサークルで活動したり、稲沢福祉まつりにボランティアスタッフとして参加したりと、積極的に課外活動に取り組みました。それまでの私は人前で自信を持って話すことが苦手でしたが、活動を通して変化していきました。今は、家庭のように温かい雰囲気のなかで乳児の保育を受け持っています。ひとりの人間としての人格形成がとても大切な時期。自分自身が数々の体験を通して前向きになれたことを思い出し、子どもたちにも豊かな経験を積ませてあげたいと思います。

(掲載年度:2019年度)

知れば知るほどおもしろい、不動産業界のスペシャリストになりたい。

  • 蜂矢 莉彩さん
  • 株式会社 大成不動産 勤務 2016年3月卒業

一戸建ての建売を行う不動産会社の事務として働いています。主な仕事は経理作業や備品の管理、営業マンのサポート、電話・来客対応など。土日は現地販売でお客様対応も行っています。就職した今だから思うのは、大学で学びにムダなことは何一つなかったということ。特に電話や来客対応の仕方は役立っています。臨機応変な対応を学んだので、日常の業務で不安になることはほとんどありません。パソコンに関しても学生時代にしっかり教わっていて良かったなと実感しています。どんな仕事に就いても、その業界や職種の醍醐味を知ることが大事です。私も不動産の面白さに気付き始め、宅建の資格取得を目指すようになりました。事務の仕事にとどまらず、不動産のプロとして活躍できたら最高ですね。

(掲載年度:2018年度)

食事を提供する相手や空間についてイメージを膨らませる努力を。

  • 井出村 春樺さん
  • 医療法人研精会豊田西病院 勤務 2015年3月卒業

今の仕事のやりがいは、調理師や医療スタッフと連携して、病院栄養士として私が提案した献立を実現できること。「やりたいことが表現できる」という喜びを感じながら、仕事に向き合う毎日です。学生時代には「給食管理実習」で大量調理を経験しました。机上で計画した献立を実際の調理現場ではスムーズにつくることができなかったりと、学ぶことがたくさんありました。だからこそ今は、現場を想像し、他のスタッフと協力することを意識して、多くの入院患者様が食べる時間を楽しむことができるよう、工夫を重ねています。

(掲載年度:2019年度)

先生からのメッセージ

社会・地域・家庭で、ずっと活躍できる「女性力」を。

  • 水谷 久康先生

アットホームな雰囲気の中で、高校や専門学校では学ぶことのできない「大人としての教養」を身につける学びを大切にしています。そのうえで、一生役立つ難度の高い資格を仲間とともに学びながら取得。こうして身につけた能力を発揮し、秘書や営業、あるいは医療事務など、どのような職種であれ、職場になくてはならない存在になってほしいと考えています。あなたの笑顔で多くの人が元気になれる。そんな女性として活躍できるよう、私たちが全力でサポートしていきます。

(掲載年度:2018年度)