大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

茨城県/千葉県 私立大学
流通経済大学

school

先生・先輩

先輩の声

見つけた、新しい私。

  • 今村 優花さん

●大自然で育まれた環境への想い
私は幼い頃から毎年、お盆の時期を父の故郷である長崎県・五島列島で過ごしてきました。祖父母が暮らすその地域では“日本一”と讃えられるほど美しい海や、アニメーションで描かれるような豊かな森が私たちを迎えてくれるんです。そこにいる間は大人も子供もみんな笑顔で、心身が解放されているように感じるし、私が抱える肌のアレルギー症状も不思議と和らぎます。そうした経験を重ねてきたことで、小学生の頃から「環境を守りたい」「どうしたらみんなが自然に関心を持ってくれるかな?」と考えるようになりました。また、高校などでは環境問題と経済が密接に関わることも知りました。そこで進学先として「環境経済学」が学べる流通経済大学を選んだのです。

●先生の言葉がチカラをくれた
大学では希望していた通り、「環境問題に対する国の取り組み」や「“公害の国”といわれた日本がいかにして状況を改善したのか」といったテーマについて学ぶことができました。ほかにも様々なことを学びましたが、中でも1年ゼミの先生から伺った「大学の教壇に立つのはそれぞれの道で厳しい競争を生き抜いてきた“一流のプロ”ばかり。君たちは、そんなプロによる本気の指導を受けられる場にいるんだ」というお話は忘れられません。私はそれを聞いて「そんな幸せな環境にいるんだから、何事にも全力で挑まなくては」と気づくことができたんです。そのおかげもあって、国際交流サークルでの活動やアルバイト、就職活動など、何事にもポジティブに取り組む4年間を過ごせたと思います。

●進学について考える高校生のみなさんへ
人の意見にとらわれ過ぎることなく、「自分が何をやりたいか」を一番に考えて進路を選んでください。自分の気持ちには常に素直でいることが大切だと思います。

(掲載年度:2017年度)

「生徒の成長」を応援したい

  • 砂田 琢己さん

●自分の中に常にあるもの=サッカー。
サッカーを始めたのは小学1年生の時です。地方代表のチームに選ばれた経験もあり、高校までずっとサッカーに明け暮れていました。地元に帰ればサッカーで出会ったたくさんの仲間がいるので、「人と人とのつながり」の大切さや心強さ、あたたかさを感じています。サッカーは「自分の中に常にあるもの」ですかね。流経大のスポーツ健康科学科に進学したのも「サッカーを続けたい」という気持ちが大きかったからです。入学して早々にドイツ遠征のメンバーに選ばれ、同い年のブラジルのチームに圧倒されたことはよい経験でした。世界との差を感じることができ、「もっと上手くなりたい」という気持ちが強くなりました。

●「文武両道」を実現できた大学生活
サッカーを続けること以外にも、大学では勉強も同じくらい頑張ろうと思っていました。高校時代は部活動中心の生活で勉強に手が回らないほどだったのですが、流経大では自分が学びたい科目を集中的に履修することができたので、文字通り「文武両道」の学生生活を送れたと思います。座学ではスポーツ医学や栄養学を学びました。また、子供たちにサッカーを教える機会があり、教師という仕事に関心をもつようになり、教職課程を受講しました。その中でも必修のゼミは印象に残っています。グループごとに「どんなスポーツで、何を教えるか」という指導案を考え、学生同士で教師と生徒の役に分かれ授業を行い、その結果を踏まえフィードバックするという実践的な学びを経験しました。漠然としていた「体育教師になりたい」という卒業後の目標が、明確なものになりました。

●指導することの「難しさ」、そして「面白さ」
母校での教育実習の際、サッカー経験のない女子生徒に授業を行いました。最初はうまく指導することができなくて、どうしたら生徒にしっかりと伝えられるのか、それを考え実践するのがとても難しかったです。ですが、「どう伝えるのか」ということの極意を学んだ「コーチング論」の授業を思い返し、それを活かして指導することで生徒がうまくなっていく姿を見る喜びはとても大きく、指導することの楽しさを体感することができました。今後は流経大でアスリートとして得た知識や技術と、授業で学んだ指導法など、すべてを生かして「生徒にできることの楽しさや、学ぶ喜びを伝えられる教師」になれるように頑張ります。

(掲載年度:2017年度)

ロンドンでの「観光研修」で、旅を企画する楽しさを知った。

  • 小沼 萌々子さん

●渡米時の「出会い」から流経大へ
高校では3年間、ダンスドリル部の活動に打ち込みました。「ダンスドリル」とはチアダンスをベースに、チーム全体としての協調性や技の難易度を競う競技です。チーム一丸となって練習を重ねた結果、全国大会、そして全米大会での優勝という、思いもよらなかった成績を収めることができました。また、ダンスを通じてさまざまな経験を積むことができました。アメリカに渡った際にお世話になった添乗員さんとの出会いもその一つ。初めての海外渡航で不安を感じていた私たちが集中して競技に臨めるようにと、本当にきめ細やかなサポートをしてくださいました。もともと旅行が好きだった私は、その出会いがきっかけで「旅行会社で働きたい」と考えるようになり、進学先に流経大の国際観光学科を選びました。

●「企画」の魅力を知った観光研修
流経大で受けた授業の中で特に印象的だったのは「観光研修」です。この授業は、外国の歴史や文化、観光資源について学び、実際に旅行プランを練り実行するというものです。私たちはロンドンについて学びました。観光客として旅を楽しむだけでなく、旅行を企画する側の視点も体感することができて、とても勉強になりましたね。ロンドン滞在中は同行してくれた先生に連れられて、地元のレストランに食事に出かけました。そこではいろいろな人が私たちに声をかけてくれ、拙い英語で応じているうちに何とかコミュニケーションをとることができたんです。よく「思いがあれば伝わる」と言いますが、まさにそのことを体感できて、とても楽しい思い出になりました。

●進学について考える高校生の皆さんへ
私はダンスドリルを通じてさまざまな経験ができたことで、人生が拓けました。皆さんもぜひ、熱中できることを見つけて、全力で打ち込んでください!

(掲載年度:2017年度)

先生からのメッセージ

世の中を生き抜く力を養う学問こそが、経済学・経営学です。

あなたは今をどのように生きますか。
情報化、グローバル化、少子高齢化など、あなたが生活する社会は大きく変化しています。世の中の問題点を知り、その解決策を探るのが経済学・経営学です。経済学部では、社会やビジネスの世界で起きているさまざまな問題に即した科目を揃え、あらゆる問題を経済・経営の視点で考える訓練を積んでいきます。こうした訓練により、現実の世界で起きている問題や、それに伴う変化に対していかに対処するかという力、すなわち世の中を生き抜く力を身につけることができます。経済学・経営学はこうした「生きる力」を身につけるための学問といえるでしょう。

(掲載年度:2019年度)

ロジスティクスを学ぶことは、 現代社会を知ること。

今、ネット上でほしい商品をクリックすると、翌日には玄関先に配達されるのが当たり前になっています。単純に思えることですが、裏でどのような事が行われているか、みなさんは知っていますか?このために、企業は原材料や部品を手に入れ、商品を生産し、お店や物流センターに配送し、保管し、注文を受けるとすぐに配達できる仕組みを作っているのです。そんな便利な社会を支えているのが、商品の流れ、情報と企業戦略を科学的に考えるロジスティクスです。本学部では「必要なモノを、必要な時に、必要な場所に、必要な量を、より安く提供するにはどうすればいいのか」というロジスティクスを学びます。流通をコアとした学部であり、産学と連携し多くの企業人による実践科目や多くの企業訪問ができる科目があることは、本学部の大きな特長です。ネット通販の便利さの一方で、配達量の増加による問題、災害時の配達など、ロジスティクスにはさまざまな問題があります。理論と実践を学ぶことで、問題を調査、分析し、解決案を出せる人材を育成します。

(掲載年度:2019年度)

スポーツを学ぶことで広がる、あなたが活躍できるフィールド。

スポーツ健康学部の理念、それは命の尊厳を知ること、そして人間力を高めること。スポーツを通じて、ただ運動能力を上げるだけではなく、自他を認めて、自ら考えて生きていける人間を育てていきます。そのために、机に向かって座り知識を蓄えるだけでなく、様々な取り組みを通じて実践的に学びを深めるのです。スポーツ健康学部の学生は、当然みんなスポーツが大好きです。特に、将来は「教員」や「スポーツトレーナー」になりたいという学生が多い。なぜかというと、小中高とこれまでの人生で一番身近にいたスポーツモデルとなる人が、体育の先生や部活の顧問、サポートしてくれるトレーナーであるからです。しかし、学生たちにまず知って貰いたいのは、スポーツには教員やトレーナーだけではなく幅広い職域があるということです。将来の選択肢を広く持つことで、スポーツから得た学びの価値はどんどん高まっていくのです。他のどんな大学にも負けない熱い情熱を持った教員が、学生の想いを真正面から受け止め、一人ひとりの可能性を広げていきます。

(掲載年度:2019年度)